• 7月12日
    今年度第2回目のKIAS-KINDAS共催セミナーを開催いたします。
    このたびのセミナーでは、ストラスブール大学よりティエリー・コスタンゾ先生をお招きし、19世紀末の英領インドで「近代的」歴史記述に着手したインド人史家が、インド亜大陸のいわゆるムスリム支配期(13~19世紀)をどう扱ったかについてお話しいただきます。

    本セミナーが扱うロメーシュ・チャンドラ・ダット(1848~1909)は、史上2人目のインド人高等文官であり、小説家(ベンガル語)、ヒンドゥー叙事詩の英訳者、政治家としても知られていますが、現在では主に、イギリス植民支配下におけるインド手工業の衰退とインドからの「富の流出」を訴えてインド独立闘争を理論的にバックアップした経済史家として記憶されています。本セミナーは、この多彩な顔を持つベンガル知識人が、近代を生きるヒンドゥー教徒としてインドのムスリム文化をどうとらえたのかという、大変興味深い内容となっております。
    ぜひふるってご参加ください。

    【日時】2017年7月12日(水)16:30~18:00

    【場所】京都大学吉田キャンパス本部構内 総合研究2号館4階第2講義室(AA415)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    (34番の建物です)

    【題目】The Indo-Islamic heritage and early Indian historians: Romesh Chunder Dutt and the "school-boy who knows all about the twelve invasions of Mahmud"

    【発表者】Thierry Di Costanzo (University of Strasbourg, France)

    【言語】英語

    【連絡先】KIAS事務局 kyotoias@asafas.kyoto-u.ac.jp

    【要旨】
    Towards the end of the 1880s came the first generation of Indian historians duly trained in the most modern historical techniques. Romesh Chunder Dutt (1845-1909) was a native of Bengal, a Congress president and a high official in the colonial administration. He was the figurehead of a generation of Indian Victorian historians who sought to reconcile the idea of belonging to the Empire and the pride of being Indian. To this end, he invented a specific strategy which was to show the flaws of India in a historical perspective. Only then, Dutt thought, the free future and fast progress of the country could be prepared. However by studying the distant past of his country which was actually a way for him to criticize the system and reject the humiliating assumptions made by hard-core Imperialist historians like Mill and Macaulay, Dutt obliterated the Indo-Islamic heritage. This presentation will shed light on the consistent body of work written by RC Dutt in a critical perspective. Indeed, domesticating historical techniques from the West had the curious effect of avoiding any reference to its Muslim heritage …

    *本セミナーは入場無料、参加自由です。
  • 6月23日
    KIAS-KINDAS共催セミナーでは、南アジアのアズハル学院ともいうべき存在であるデーオバンド学院(Dar-ul-Uloom Deoband)について、インド気鋭の政治学者タベレーズ・ネヤージー教授にお話いただきます。
    北インドのウッタル・プラデーシュ州北部にあるデーオバンド学院(創立1866年)は、インド・パキスタンをはじめ世界中にマドラサのネットワークを持ついわゆる「デーオバンド派」の総本山として有名です。

    アフガニスタンのターリバーン幹部が皆パキスタン北部の「デーオバンド派」マドラサで教育を受けている経緯から、ともすると「デーオバンド派」には「過激派」的イメージが付与されがちですが、 デーオバンド学院にはガーンディーらのインド国民会議派とともにインド独立闘争をたたかった過去もあり、その内実は複雑です。
    今回のセミナーでは、このデーオバンド学院における最新の諸改革の試みを中心に、現地フィールドワークに基づくお話を伺う予定です。
    ぜひふるってご参加ください。

    【日時】2017年6月23日(金)14:45~16:15

    【場所】京都大学吉田キャンパス本部構内 総合研究2号館4階 第1講義室(AA401)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    (34番の建物です)

    【題目】Indian Muslims: Issues, Politics and Beliefs

    【発表者】Prof. Taberez Ahmed Neyazi (Jamia Millia Islamia, New Delhi)

    【言語】英語

    【連絡先】KINDAS事務局 indas_office@asafas.kyoto-u.ac.jp

    *本セミナーは入場無料、参加自由です。
    *なお、本セミナーは「2017年度KINDAS連続講義"Understanding Contemporary Indian Politics"」第4回(最終回)を兼ねております。
  • 5月27日
    加賀谷寛先生が「三笠宮オリエント学術賞」を受賞されました


     大阪外国語大学名誉教授の加賀谷寛先生が、『加賀谷寛著作集』全3巻(京都大学イスラーム地域研究センター、2013-15年)によって、日本オリエント学会の第4回三笠宮オリエント学術賞を受賞されました。

     

     長年にわたる西アジア・南アジアのイスラーム文化圏に関するご研究の集大成が顕彰されたものです。
     2017年5月27日(土)に、千代田区神田の東京天理ビル9階の天理ホールにて、授賞式が行われました。
     授賞式に引き続き、日本オリエント学会第317回公開講演会が開催され、加賀谷先生が「イスラム研究の意義」、大阪大学教授の山根聡先生が「南アジア・イスラーム研究の動向と将来-『加賀谷寛著作集』を通して」と題して、講演されました。


  • 5月20-21日
    ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センター第一回国際シンポジウム “Islamic Studies and the Study of Sufism in Academia: Rethinking Methodologies”開催

    KIAS共催の京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センター第一回国際シンポジウム “Islamic Studies and the Study of Sufism in Academia: Rethinking Methodologies”が京都大学稲盛財団記念館3階大会議室において開催されました。

    国内外(トルコ、アメリカ、中国、日本)から様々な地域と専門分野を研究対象とする第一線の研究者35名をスピーカーとしてお招きし、イスラーム研究及びスーフィズム研究に関する発表、国内の若手研究者も交えての有意義な議論が行われました。

    →詳細はこちら
  • 5月16日
    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)講演会「知の先達たちに聞く―鈴木董先生をお迎えして―」のご案内

    KIASでは「知の先達たちに聞く」と題して、これまで外国人研究者へのインタビュー、日本人の先生方の講演会を催してきました。
    12回目を迎える今回は、鈴木董先生をお招きして、「オスマン史研究の回想―比較史の道の一段階―」と題するご講演によって、これまでの研究生活を振り返っていただきます。

    鈴木董先生はオスマン史研究をご専門とされ、日本におけるトルコ研究の草分けとして、数々の著名な実績を挙げておられます。
    その成果は、『オスマン帝国――イスラム世界の「柔らかい専制」』(講談社現代新書)、『イスラムの家からバベルの塔へ――オスマン帝国における諸民族の統合と共存』(リブロポート)、『オスマン帝国とイスラム世界』(東京大学出版会)などの著書にまとめられています。

    ご講演では、比較史的な観点から長年にわたりオスマン史について取り組んでこられた、鈴木先生の研究生活についてご回想いただく予定です。

    日時:5月16日(火)18:00-20:00
    場所:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館4階会議室

    講演者:鈴木董(東京大学名誉教授)
    タイトル:「オスマン史研究の回想―比較史の道の一段階―」

    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。会議室はこの建物の4階東側にあります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

  • 3月25日
    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)と上智大学イスラーム研究セン ター(SIAS)は、科研費基盤(B)「地中海周辺域における聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究研究課題」(研究代表者:赤堀雅幸)および科研費基盤(A)「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明研究課題」(研究代表者:東長靖)と共催で、SIAS-KIAS Joint Workshop "Ideals and Actualities in the Islamic and Christian World"を下記の通り開催しました。

    【日時】 2017年3月25日(土)13:00-17:10
    【場所】 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)
    ・地図: 以下のリンク先の地図をご参照ください。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    【言語】英語

    【プログラム】
    13:00-13:20 Opening Session

    13:20-13:50 MADONO Kotoko (Kyoto University)
    Niyazi-i Misri’s Concept of Wahda al-Wujud and the Prophethood of Hasan and Husayn

    13:50-14:20 SUENO Takanori (Kyoto University)
    Akbarian Tradition in West Africa: The Case of Ibrahim Niyas

    14:20-14:50 YAMAMOTO Saki (Ochanomizu University)
    Constructing Women’s Cooperating Space in Post-colonial Algeria: A Case Study from the Movement of a Catholic Community in Kasbah

    15:10-15:40 ISHIKAWA Kido (Kyoto University)
    ‘Defamiliarization’ in `Attar’s Mantiq al-Tayr: The Poetic Language in `Attar’s Work

    15:40-16:10 MATSUDA Kazunori (Kyoto University)
    Mawlid Writings in 19 Century South Asia: The Case of Shah Ahmad Sa`id Mujaddidi

    16:10-16:40 YAMAMOTO Naoki (Kyoto University)
    Encyclopedia and Spiritual Journey (al-Sayr wa al-Suluk): A Study of Ibrahim Hakki Erzurumi’s Ma`rifetname

    16:40-16:55 General Comment by Ahmed Zildzic (Sarajevo University)

    16:55-17:10 Concluding Session

  • 3月4日
    3班合同研究会のお知らせ

    NIHUプログラム「現代中東地域研究」京都大学拠点では、3班編成:第1班ウラマー・スーフィー研究班、第2班イスラーム中道派研究班、第3班イスラーム経済研究班で、それぞれ研究活動を行ってきました。
    上記3班が合同で、各班の研究発表を行う「3班合同研究会」を、3月4日に下記の要領で開催しました。

    【日時】3月4日(土)15:20~18:00
    場所:京都大学吉田キャンパス総合2号館4階会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_m.htm
    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。

    【プログラム】
    開会挨拶:15:20-15:30
    長岡慎介(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科准教授)

    第1班ウラマー・スーフィー研究班発表
    15:30-16:00 発表者:中西竜也(京都大学人文科学研究所准教授)
    「馬徳新とイブン・アラビーの来世論――19世紀中国ムスリムの思想変相と西・南アジアのイスラーム改革潮流」
    16:00-16:10:質疑応答

    第2班イスラーム中道派研究班発表
    16:10-16:40 発表者:黒田彩加(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科博士一貫後期課程)
    「現代イスラーム政治思想のスペクトラムと中道派の位置づけ――エジプトの事例から(仮)」
    16:40-16:50:質疑応答

    第3班イスラーム経済研究班発表
    17:00-17:30 発表者:長岡慎介(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科准教授)
    「ガラルの経済学――イスラーム経済論におけるリスクと不確実性(仮)」
    17:30-17:40:質疑応答

    総括・閉会挨拶:17:40-18:00
    東長靖(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授、イスラーム地域研究センター長)

  • 2月6日
    KIASの国際交流の一環として、韓国釜山外国語大学地中海研究所との学術交流を続けてきましたが、先ごろ(2016年)、これを発展させる形で、アジア地中海研究機関連合が結成されました。





    アジア地中海研究機関連(AFOMEDI) HPへ

  • 1月14日
    NIHU 地域研究推進事業「現代中東地域研究」京都大学イスラーム地域研究センター拠点、東長科研:基盤研究(A)「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」 では、Thierry Di Costanzo先生による講演会を1月14日土曜日に開催致しました。

    【日 時】2017年1月14日(土)13時~15時
    【場 所】京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階 第2講義室(AA415)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_m.htm
    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。

    【発表者】Prof. Thierry Di Costanzo
    (Maitre de conference, Savois dans l'Espace Anglophone Representationes, Culture, Histoire, Strasbourg Cedex)

    【プログラム】
    13:00-14:00 研究発表
    "Beyond the assemblage: a historiographical approach to the 'Idea of Pakistan' in the Aqeel Collection"
    14:00-15:00 質疑応答

    【言 語】 英語

    *研究会準備の都合上、出席を希望される方は、futatsuyamaasafas.kyoto-u.ac.jpまでご連絡ください。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

    <追記>
    1/14(土)は、同じ建物(総合研究2号館)の1階にてセンター入試が行われます。
    廊下やエレベータは、静粛にご利用くださいますようお願い申し上げます。

  • 11月19日
    <現代中東地域研究・京大拠点>
    第2班「イスラーム中道派研究班」研究会のお知らせ

    「現代中東の地殻変動とその眺望:政治・社会・思想の動態的連関を考察する」

    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)現代中東地域研究・京大拠点、京都大学科学研究費基盤研究(A)「グローバル化時代に対応する21世紀型イスラーム学の構築」は、2016年11月19日(土)第2班「イスラーム中道派研究班」研究会を開催しました。

    【日 時】2016年11月19日(土)13時~18時30分
    【場 所】京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階大会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_m.htm
    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。

    【共 催】
    科学研究費 新学術領域研究「グローバル秩序の溶解と新しい危機を超えて:関係性中心の融合型人文社会科学の確立」
    人間文化研究機構「現代中東地域研究」国立民族学博物館拠点

    【プログラム】
    13:00-13:20 小杉 泰(中道派研究班代表)「趣旨説明」

    13:20-14:30 末近浩太(立命館大学国際関係学部・教授)
    「『現代シリアの国家変容とイスラーム』再訪――シリア紛争とメルトダウンする中東政治」

    14:40-15:50 横田貴之(明治大学情報コミュニケーション学部・准教授)
    「エジプトのイスラーム主義運動は終焉したのか?――ムスリム同胞団の危機を手掛かりに」

    16:00-17:10 山尾 大(九州大学大学院比較社会文化研究院・准教授)
    「統治するイスラーム、闘うイスラーム――戦後イラクの政治変動と地域紛争を考える」

    17:20-18:30 黒田賢治(国立民族学博物館現代中東地域研究・拠点研究員)
    「イランにおける殉教文化の新展開――聖地防衛としてのシリア紛争」

  • 10月24-25日
    第7回イスラーム・文明・科学国際シンポジウム開催のお知らせ

    京都大学ハダーリー・イスラーム文明研究センター、マレーシア国民大学イスラーム文明研究所、京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、京都大学科学研究費基盤研究(A)「グローバル化時代に対応する21世紀型イスラーム学の構築」、京都大学学際融合教育研究推進センター・アジア研究教育ユニット(KUASU)は、2016年10月24日(月)、25日(火)に下記要項にて国際ワークショップ(7th International Symposium on Islam, Civilization, and Science)を開催しました。

    【日時】 2016年10月24日(月)9時30分~18時30分、25日(火)8時30分~18時
    【場所】京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階大会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_m.htm
    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。

    【Program】

    Day 1 (24 October)

    9:30-10:00 Opening Ceremony
    10:30-11:30 Keynote Speech
    Prof. Dr. Yasushi KOSUGI
    Civilizational Islam and Global Hadhari Network: The Mission Statement

    Prof. Dato' Dr. Mohd Yusof Hj. Othman
    Empowerment Of Islamic Civilization In Postmodernity

    11:30-12:00 Invited Speech I
    Prof. Dato' Noor Aziah Mohd Awal
    Children's Rights: How Far Malaysia Conform to CRC?

    14:00-16:00 Session 1
    Assoc. Prof. Dr. Kamaruddin Salleh
    Impacts of Recent Tension on the Relationship: Buddhist and Muslim Point of View

    Fukiko IKEHATA
    From Conferences to Substantial Cooperation: A Study on the Historical Development of OIC

    Rozita Ibrahim
    Livelihood Vulnerability and Community Resilience During Flood Season: The Case of Orang Asli at Tasik Chini, Pahang

    Kentaro KAMBARA
    Ar-Rahnu-based Financial Renovation in Malaysian Microcredit System

    Tengku Maaidah Tengku A Razak
    Why Using CIPP Model for Evaluating A Program?: A Critical Analysis

    16:10-18:30 Session 2
    Ros Maimunah Yahya Zikri
    Astrofiqh Implementation in Ibadah through Technologies

    Prof. Dr. Abdul Latif Samian
    The Nature of Shari`ah-Compliant Problems (SCP)

    Dr. Ai KAWAMURA
    Prototype of Islamic Finance Disputes Resolution System: Malaysia Model or Dubai Approach

    Dr. A'dawiyah Ismail
    Harmonious Families Create Exemplary Families in Malaysia

    Nur Izzati MOHAMAD NORZILAN
    Structure of Waqf Revitalization in Malaysia: Convergence or Divergence?

    Nursafraa Aziz
    Waqaf as an Instrument for the Sustainability of Agriculture Sector in Malaysia: A Proposal of National Agriculture Waqaf Fund (NAWAF)

    Day 2 (October 25)

    8:30-9:00 Invited Speech II
    Assoc. Prof. Dr. Shinsuke NAGAOKA
    Creating a New Economic Paradigm from Islamic Economic Knowledge

    9:00-11:00 Session 3
    Rosilawati Mohd Hanapi
    Discussing On How To Incorporate Values To Peopleware Decision

    Midori KIRIHARA
    Islamic Cosmopolitanism: An Important Contribution by Afghanistan Diaspora Intellectual Mohammad Hashim Kamali

    Siti Masliah Mohd Nuri
    Parents Role in Adopting Social Values towards Malay Children According to the al-Quran and al-Sunnah

    Mohammad Ikhwan Ismail
    Religious Life Among Death Row Inmate In Malaysia

    Yuki OKABE
    The Palestinian Refugee Problem in the Confessional Politics of Lebanon

    11:00-12:20 Session 4
    Wan Aishah Wan Mohd Nowalid
    Manager's Role in Developing Employees Career with Proactive Behaviour: Islamic Institution in Malaysia.

    Mohammad Husni b Ali@Buraidah
    A Review Based on to What Extend Commissioning Speaker (JAIS) Selection Meeting the Accreditation Category

    Hiroyuki SHIOMI
    The Expansion of Iran's "Ummah Politics": The Case of "al-Quds Day" in Tehran

    Dr. Indriyaty Ismail & Maryam Habibah Kamis
    Nawal El Saadawi's Perspectives on the Mutilation of Female's Genitals

    14:00-15:00 Poster presentation
    Prof. Datin Paduka Dr. Jawiah Dakir
    Assoc. Prof. Dr. Mashitoh Yaacob
    Assoc. Prof. Dr. Fariza Md. Sham
    Dr. Muhammad Hilmi Jalil
    Dr. Ibrahim N. Hassan
    Maafi Husin
    Zubaidah Mohd Nasir
    W. Syairah Hazwani W.Petera

    15:00-17:40 Session 5
    Nurshahira Ibrahim
    Transformational Leadership Style as A Trigger to Enhancing Employee's Commitment: Islamic Organizations in Malaysia

    Soichiro TAKAGI
    Islamic International Law and Global Jihad

    Tengku Radziatan Mardziiah Tengku A Razak
    Maqasid Syariyyah in Charity Fund Allocation of Islamic Relief Malaysia

    Mari ADACHI
    Mutual Assistance through Islamic Traditional Institutions: Reconsidering the Various Roles of Zakat in Contemporary Indonesia

    Aulia Rahman Zulkarnain
    Integration Of Naqli And Aqli By Implementing Islamic Values In Stem Education

    Nurliana binti Mohd. Hassan
    Work-Life Balance: A Concern on Efficiency and Effectiveness of Job Role and Employee's Engagement towards Organizational Goal

    Nor'Ain Abdullah
    Effect of Mentoring Function on Mentees' Career Outcome From an Islamic Perspective

    17:40-18:00 Closing Ceremony

  • 10月11日
    イスラーム地域研究センター(KIAS)では、インドネシアから来日中のOman Fathurahman氏をお招きし、講演会を催しました。

    この研究会はNIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」京都大学拠点、科学研究費補助金(基盤研究(A))「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」、 京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センター、次世代型アジア・アフリカ教育研究センターの共催によって開催されます。

    【日時】 2016年10月11日(火)16:30-18:30
    【場所】 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階大会議室(AA447)
    【講師】 Oman Fathurahman氏
    【演題】 The Diversity of Indonesian Islamic Manuscripts
    【言語】 英語

    *研究会準備の都合上、出席を希望される方は、inq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jpまでご連絡ください。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 7月9日
    2016年度スーフィズム・聖者信仰研究会第1回研究会のご案内

     スーフィズム・聖者信仰研究会では7月9日(土)に今年度第1回目の研究会を開催いたしました。
     今回は慶應義塾大学の新井和広氏に、インドネシアにおけるアラブ系聖者の現状に関する研究発表をお願いしました。

     なおこの研究会は、NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」上智大学イスラーム研究センター拠点・京都大学イスラーム地域研究センター拠点、 科学研究費補助金(基盤研究(A))「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」、 科学研究費補助金(基盤研究(B))「地中海周辺域における聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究」、 上智大学学術研究特別推進費(重点領域研究)「イスラームとキリスト教他諸宗教の対立・交流・融和の地域間比較研究」、 京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センターの共催によって開催されます。 。

    【日時】 2上智大学四谷キャンパス第2号館6階2-603号室
     地図: 以下のリンク先の地図をご参照ください。
     (JR中央線、東京メトロ丸の内線・南北線/四ッ谷駅)
     *第2号館:正門を入って左手にあるビルです。
     *会場の位置・経路の詳細については、以下をご参照ください。
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya

    【講師】新井和広氏
    【演題】「アラビア半島とインドネシア間の、聖者を通じた関係の現在:2014~15年の聖者祭とマウリド月の観察から」
    【言語】 日本語

    *研究会準備の都合上、出席を希望される方は、スーフィズム・聖者信仰研究会 (sufi-sainti-mazar.jp)までご連絡ください。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 4月28日
    ASAFAS附属イスラーム地域研究センター(KIAS)では、この4月から始まりましたNIHU基幹研究プロジェクト「現代中東地域研究」の一環として、インドネシアから来日中のアフマド・ナジブ・ブルハニ氏をお招きし、講演会を催しました。

    【日時】 2016年4月28日(木)15:30-17:30
    【場所】 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階第1講義室(AA401)
    地図: 以下のリンク先の地図をご参照ください。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    【講師】アフマド・ナジブ・ブルハニ氏
    【演題】 "Other Islam: The Search for a Model of Islam Beyond the Middle East"
    【言語】 英語

    *研究会準備の都合上、出席を希望される方は、(inq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jp)までご連絡ください。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 2月16日
    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)は京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科(ASAFAS)および釜山外国語大学地中海研究所(IMS)と共催で、Fifth Joint Seminar of Center for Islamic Area Studies (KIAS) and Graduate School of Asian and African Area Studies (ASAFAS), Kyoto University and Institute for Mediterranean Studies (IMS), Busan University of Foreign Studies, "Area Studies and Area Informatics in the Mediterranean World"を下記の通り開催しました。

    【日時】 2016年2月16日(火)13:00-17:45
    【場所】 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)
    ・地図: 以下のリンク先の地図をご参照ください。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    【言語】英語

    【プログラム】
    Opening Session (13:00-13:20)
    Chair: IMAMATSU Yasushi (Visiting Associate Professor, Graduate School of Asian and African Area Studies)

    TONAGA Yasushi (Director, Center for Islamic Area Studies) "Welcome Speech"

    YOON, Yong-Soo (Director, Institute for Mediterranean Studies) "Greeting Speech"

    Session 1 (13:20-14:50)
    Chair: NAGAOKA Shinsuke (Associate Professor, Graduate School of Asian and African Area Studies)

    FUJII Chiaki (Assistant Professor, Graduate School of Asian and Area Studies)
    "The Growing Islamic Movement off the East African Coast"

    HA, Byung Joo (Professor, Department of Arabic, Busan University of Foreign Studies)
    "The specific gravity of Middle East in the Mediterrean Studies of Korea, 2000 - 2015"

    CHOI, Choon Sik (Professor, Department of French, Busan University of Foreign Studies)
    "The specific gravity of Europe in the Mediterrean Studies of Korea, 2000 - 2015"

    Session 2 (15:00-16:30)
    Chair: HAH, Byung Joo
    YAMAMOTO Kensuke (Ph.D. Student, Graduate School of Asian and Area Studies)
    "Dispute over Sacred Sites in Contested Jerusalem: The Role of Islamic Movement in Israel"

    CHANG, Nina (HK Research Professor, Institute for Mediterranean Studies)
    "A Study on Developing a Model for Integrating Language and Culture for the Muslim immigrants in France through Immigration Policy"

    WATANABE Shun (Ph.D. Student, Graduate School of Asian and Area Studies)
    "Jordan as a Modern Hybrid Monarchy: A Case of the Mashriq Kingdom"

    Session 3 (16:40-18:10)
    Chair: CHOI, Choon Sik

    KANG, Jihoon (HK Research Professor, Institute for Mediterranean Studies)
    "Construction of Digital Humanities System for Academic Researches: Focused on 'MECA' of Institute for Mediterranian Studies"

    HARA Shoichiro (Director, Center for Integrated Area Studies, Kyoto University)
    "Information Infrastructure to accumulate, link and use "Knowledge of Area""

    MOON, Sang Ho (Professor, Dept. of Computer Engineering, Busan University of Foreign Studies)
    "Case Study in Digital humanities"
    Closing Session (18:10-18:25)
    Chair: TONAGA Yasushi

    KOSUGI Yasushi "Closing Remarks"

    *準備の都合上、ご参加なさる方は事前にKIAS事務局(inq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jp)までご連絡いただけると幸いです。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 2月10日
    アーヤトッラー・エッテマーディー氏 講演会のご案内

    KIASでは、イランから来日中のアーヤトッラー・エッテマーディー師をお招きし、講演会を催しました。

    日時:2月10日(水)午後2~4時
    場所:総合研究2号館4階第1講義室(AA401)
    講師:アーヤトッラー・アミール・セイエド・ハサン・エッテマーディー師
    (カーシャーン・ダール・アル・エルメ・イスラーミー宗教学院 学院長)
    発表タイトル:「ゴム宗教学院法学上級課程における教授/学習方法:改善の動向と未来の展望」
    言語:ペルシア語(日本語通訳あり)

    ***
    講演者プロフィール
    1966年 イラン・カーシャーン生まれ。
      1989年 ダール・アル・エルメ・イスラーミー宗教学院修了
    1994年 イスラーム自由大学ゴム校卒。政治学士。
    1989年~1998年、ゴムのイスラーム宗教学院で学ぶ。
    フェイズィーイェ学院で、最上級課程を修める。
    全国神学校長協会会員、カーシャーン宗教学院教育責任者協会会員。
    2007年 私立の高等教育機関マフデ・エルメ・カーシャン設立。
    2007年 NIHUイスラーム地域研究で来日。早稲田大学で講演。
    http://www.afpbb.com/articles/modepress/2262897
    ***
  • 2月6日
    京都大学拠点(KIAS)講演会「知の先達たちに聞く―宮治美江子先生をお迎えして」のご案内

    KIASでは、「知の先達たちに聞く」と題して、これまで外国人研究者へのインタビュー、日本人の先生方の講演会を催してきました。
    11回目を迎える今回は、宮治美江子先生をお招きして、「マグリブ研究と文化人類学―女性たちとの出会いを重ねて」と題するご講演によって、これまでの研究生活を振り返っていただきました。

    人類学の立場から中東地域を研究する試みは、日本においては、1960年代後半から本格化したとされます。宮治先生はその草分けとして、北アフリカ社会・文化論をご専門とされ、アルジェリア、チュニジアといったマグリブ地域―さらにはフランスを含む西地中海地域の研究を進めてこられました。
    また『中東・北アフリカのディアスポラ』の編者であるとともに、アーネスト・ゲルナー『イスラム社会』やジェルメーヌ・ティヨン 『イトコたちの共和国 地中海社会の親族関係と女性の抑圧』などの翻訳もなされています。

    日時:2月6日(土)16:00-18:00
    場所:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館4階会議室(AA447)

    講演者:宮治美江子(東京国際大学名誉教授)
    タイトル:「マグリブ研究と文化人類学―女性たちとの出会いを重ねて」

    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

  • 2月5日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点 3班合同研究会「イスラーム世界の国際組織とグローバルネットワーク」のご案内

    「イスラーム地域研究」の第2期において、京都大学拠点は1グループ3班編成(第1班「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班、第2班「広域タリーカ」研究班、第3班「イスラーム経済とイスラーム法」研究班)で、それぞれ研究活動を行ってきました。
    3班合同研究会は、年に1回、上記3班が合同して研究会を開催し、各班の研究発表を行うものです。
    今年度の研究会は、下記の要領で開催されました。

    京都大学拠点の活動全体をカバーする研究会であるとともに、5年間行われてきた第2期「イスラーム地域研究」最後の合同研究会になります。
    皆様のご参加をお待ち申し上げております。

    日時:2月5日(金)15:30~18:50
    場所:京都大学吉田キャンパス総合2号館4階会議室(AA447)

    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

  • 2月1日
    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)と上智大学イスラーム研究セン ター(SIAS)は、京都大学アジア研究教育ユニットおよび科研費基盤(B)「南アジア諸語イス ラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」(研究代表者:東長靖)と共催で、Workshop Attached to the Third SIAS / KIAS - CNRS International Joint Seminar, "TRADITION AND TRANSFORMATION IN THE PAST AND PRESENT"を下記の通り開催しました。

    皆様のご参加をお待ち申し上げております。

    【日時】 2016年2月1日(月)10:00-15:40
    【場所】 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)
    ・地図: 以下のリンク先の地図をご参照ください。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    【言語】英語

    【プログラム】
    10:00-10:20 Opening Session

    10:20-10:50 ISHIKAWA Kido (Kyoto University)
    The Comparative Study on Parables of Birds between `Attar and Predecessors

    10:50-11:20 YAMAMOTO Naoki (Kyoto University)
    Duality without Conflict: A Multiplex Interpretation of Islam According to `Abd al-Ghani al-Nabulusi

    11:20-11:50 KONDO Fumiya (Sophia University)
    The Egyptian Mawlid Observed in 19th-Century British People: A Quantitative and Qualitative Analysis

    13:00-13:30 YAMAZAKI Satoru (Kyoto University)
    Social Organization of Arab Alevis in Contemporary Turkey: A Case Study of EHDAV in Antakya, Hatay

    13:30-14:00 SAITO Akiko (Sophia University)
    Tribal Policy and its Transformation in Libya under the Qadhafi Regime

    14:00-14:30 Antony SUSAIRAJ (Sophia University)
    Vivekananda’s Understanding of Islam: Its Implications on His Idea of Universal Religion

    14:30-15:00 FUTATSUYAMA Tatsuro (Kyoto University)
    Islamic Religious Practices Involving Trees: A Case Study of Olive Trees in Contemporary Tunisia

    15:10-15:30 General Comments

    15:30-15:40 Concluding Session

  • 1月31日
    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)と上智大学イスラーム研究セン ター(SIAS)は、京都大学アジア研究教育ユニットおよび科研費基盤(B)「南アジア諸語イス ラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」(研究代表者:東長靖)と共催で、第3回SIAS/KIAS-CNRS国際合同セミナー"Sufism, Saint Veneration and Tariqa Movements in the Islamic World"を下記の通り開催しました。

    皆様のご参加をお待ち申し上げております。

    【日時】 2016年1月31日(日)13:00-18:00
    【場所】 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)
    ・地図: 以下のリンク先の地図をご参照ください。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    【言語】英語

    【プログラム】
    13:00-13:20 Opening Remarks

    13:20-14:00 Quentin GIROUD (CNRS)
    Zikr and Sema Rituals of the Contemporary U??aki-Halveti Sufi Order of Turkey

    14:00-14:40 Kie INOUE (Tokyo University)
    Ruzbihan Baqli Shirazi's Theory of Love

    14:55-15:35 Rachida CHIH (CNRS)
    Sufism in the Early Modern Period: Ahmad al-Qushshashi (d. 1661) and the "Medinese School"

    15:35-16:15 Daisuke MARUYAMA (National Defense Academy of Japan)
    Meaning of Wasita (Intermediary): Different Interpretations between Sufis and Salafis in Contemporary Sudan

    16:30-17:10 Thierry ZARCONE (CNRS)
    Visual hagiography in Northern Africa: The case of Ahmad al-Tijani

    17:10-17:40 Discussion

    17:40-18:00 Closing Remarks