• 3月4日
    3班合同研究会のお知らせ

    NIHUプログラム「現代中東地域研究」京都大学拠点では、3班編成:第1班ウラマー・スーフィー研究班、第2班イスラーム中道派研究班、第3班イスラーム経済研究班で、それぞれ研究活動を行ってきました。
    上記3班が合同で、各班の研究発表を行う「3班合同研究会」を、3月4日に下記の要領で開催しました。

    【日時】3月4日(土)15:20~18:00
    場所:京都大学吉田キャンパス総合2号館4階会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_m.htm
    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。

    【プログラム】
    開会挨拶:15:20-15:30
    長岡慎介(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科准教授)

    第1班ウラマー・スーフィー研究班発表
    15:30-16:00 発表者:中西竜也(京都大学人文科学研究所准教授)
    「馬徳新とイブン・アラビーの来世論――19世紀中国ムスリムの思想変相と西・南アジアのイスラーム改革潮流」
    16:00-16:10:質疑応答

    第2班イスラーム中道派研究班発表
    16:10-16:40 発表者:黒田彩加(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科博士一貫後期課程)
    「現代イスラーム政治思想のスペクトラムと中道派の位置づけ――エジプトの事例から(仮)」
    16:40-16:50:質疑応答

    第3班イスラーム経済研究班発表
    17:00-17:30 発表者:長岡慎介(京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科准教授)
    「ガラルの経済学――イスラーム経済論におけるリスクと不確実性(仮)」
    17:30-17:40:質疑応答

    総括・閉会挨拶:17:40-18:00
    東長靖(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授、イスラーム地域研究センター長)

  • 2月6日
    KIASの国際交流の一環として、韓国釜山外国語大学地中海研究所との学術交流を続けてきましたが、先ごろ(2016年)、これを発展させる形で、アジア地中海研究機関連合が結成されました。





    アジア地中海研究機関連(AFOMEDI) HPへ

  • 1月14日
    NIHU 地域研究推進事業「現代中東地域研究」京都大学イスラーム地域研究センター拠点、東長科研:基盤研究(A)「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」 では、Thierry Di Costanzo先生による講演会を1月14日土曜日に開催致しました。

    【日 時】2017年1月14日(土)13時~15時
    【場 所】京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階 第2講義室(AA415)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_m.htm
    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。

    【発表者】Prof. Thierry Di Costanzo
    (Maitre de conference, Savois dans l'Espace Anglophone Representationes, Culture, Histoire, Strasbourg Cedex)

    【プログラム】
    13:00-14:00 研究発表
    "Beyond the assemblage: a historiographical approach to the 'Idea of Pakistan' in the Aqeel Collection"
    14:00-15:00 質疑応答

    【言 語】 英語

    *研究会準備の都合上、出席を希望される方は、futatsuyamaasafas.kyoto-u.ac.jpまでご連絡ください。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

    <追記>
    1/14(土)は、同じ建物(総合研究2号館)の1階にてセンター入試が行われます。
    廊下やエレベータは、静粛にご利用くださいますようお願い申し上げます。




  • 11月19日
    <現代中東地域研究・京大拠点>
    第2班「イスラーム中道派研究班」研究会のお知らせ

    「現代中東の地殻変動とその眺望:政治・社会・思想の動態的連関を考察する」

    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)現代中東地域研究・京大拠点、京都大学科学研究費基盤研究(A)「グローバル化時代に対応する21世紀型イスラーム学の構築」は、2016年11月19日(土)第2班「イスラーム中道派研究班」研究会を開催しました。

    【日 時】2016年11月19日(土)13時~18時30分
    【場 所】京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階大会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_m.htm
    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。

    【共 催】
    科学研究費 新学術領域研究「グローバル秩序の溶解と新しい危機を超えて:関係性中心の融合型人文社会科学の確立」
    人間文化研究機構「現代中東地域研究」国立民族学博物館拠点

    【プログラム】
    13:00-13:20 小杉 泰(中道派研究班代表)「趣旨説明」

    13:20-14:30 末近浩太(立命館大学国際関係学部・教授)
    「『現代シリアの国家変容とイスラーム』再訪――シリア紛争とメルトダウンする中東政治」

    14:40-15:50 横田貴之(明治大学情報コミュニケーション学部・准教授)
    「エジプトのイスラーム主義運動は終焉したのか?――ムスリム同胞団の危機を手掛かりに」

    16:00-17:10 山尾 大(九州大学大学院比較社会文化研究院・准教授)
    「統治するイスラーム、闘うイスラーム――戦後イラクの政治変動と地域紛争を考える」

    17:20-18:30 黒田賢治(国立民族学博物館現代中東地域研究・拠点研究員)
    「イランにおける殉教文化の新展開――聖地防衛としてのシリア紛争」

  • 10月24-25日
    第7回イスラーム・文明・科学国際シンポジウム開催のお知らせ

    京都大学ハダーリー・イスラーム文明研究センター、マレーシア国民大学イスラーム文明研究所、京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、京都大学科学研究費基盤研究(A)「グローバル化時代に対応する21世紀型イスラーム学の構築」、京都大学学際融合教育研究推進センター・アジア研究教育ユニット(KUASU)は、2016年10月24日(月)、25日(火)に下記要項にて国際ワークショップ(7th International Symposium on Islam, Civilization, and Science)を開催しました。

    【日時】 2016年10月24日(月)9時30分~18時30分、25日(火)8時30分~18時
    【場所】京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階大会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_m.htm
    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。

    【Program】

    Day 1 (24 October)

    9:30-10:00 Opening Ceremony
    10:30-11:30 Keynote Speech
    Prof. Dr. Yasushi KOSUGI
    Civilizational Islam and Global Hadhari Network: The Mission Statement

    Prof. Dato' Dr. Mohd Yusof Hj. Othman
    Empowerment Of Islamic Civilization In Postmodernity

    11:30-12:00 Invited Speech I
    Prof. Dato' Noor Aziah Mohd Awal
    Children's Rights: How Far Malaysia Conform to CRC?

    14:00-16:00 Session 1
    Assoc. Prof. Dr. Kamaruddin Salleh
    Impacts of Recent Tension on the Relationship: Buddhist and Muslim Point of View

    Fukiko IKEHATA
    From Conferences to Substantial Cooperation: A Study on the Historical Development of OIC

    Rozita Ibrahim
    Livelihood Vulnerability and Community Resilience During Flood Season: The Case of Orang Asli at Tasik Chini, Pahang

    Kentaro KAMBARA
    Ar-Rahnu-based Financial Renovation in Malaysian Microcredit System

    Tengku Maaidah Tengku A Razak
    Why Using CIPP Model for Evaluating A Program?: A Critical Analysis

    16:10-18:30 Session 2
    Ros Maimunah Yahya Zikri
    Astrofiqh Implementation in Ibadah through Technologies

    Prof. Dr. Abdul Latif Samian
    The Nature of Shari`ah-Compliant Problems (SCP)

    Dr. Ai KAWAMURA
    Prototype of Islamic Finance Disputes Resolution System: Malaysia Model or Dubai Approach

    Dr. A'dawiyah Ismail
    Harmonious Families Create Exemplary Families in Malaysia

    Nur Izzati MOHAMAD NORZILAN
    Structure of Waqf Revitalization in Malaysia: Convergence or Divergence?

    Nursafraa Aziz
    Waqaf as an Instrument for the Sustainability of Agriculture Sector in Malaysia: A Proposal of National Agriculture Waqaf Fund (NAWAF)

    Day 2 (October 25)

    8:30-9:00 Invited Speech II
    Assoc. Prof. Dr. Shinsuke NAGAOKA
    Creating a New Economic Paradigm from Islamic Economic Knowledge

    9:00-11:00 Session 3
    Rosilawati Mohd Hanapi
    Discussing On How To Incorporate Values To Peopleware Decision

    Midori KIRIHARA
    Islamic Cosmopolitanism: An Important Contribution by Afghanistan Diaspora Intellectual Mohammad Hashim Kamali

    Siti Masliah Mohd Nuri
    Parents Role in Adopting Social Values towards Malay Children According to the al-Quran and al-Sunnah

    Mohammad Ikhwan Ismail
    Religious Life Among Death Row Inmate In Malaysia

    Yuki OKABE
    The Palestinian Refugee Problem in the Confessional Politics of Lebanon

    11:00-12:20 Session 4
    Wan Aishah Wan Mohd Nowalid
    Manager's Role in Developing Employees Career with Proactive Behaviour: Islamic Institution in Malaysia.

    Mohammad Husni b Ali@Buraidah
    A Review Based on to What Extend Commissioning Speaker (JAIS) Selection Meeting the Accreditation Category

    Hiroyuki SHIOMI
    The Expansion of Iran's "Ummah Politics": The Case of "al-Quds Day" in Tehran

    Dr. Indriyaty Ismail & Maryam Habibah Kamis
    Nawal El Saadawi's Perspectives on the Mutilation of Female's Genitals

    14:00-15:00 Poster presentation
    Prof. Datin Paduka Dr. Jawiah Dakir
    Assoc. Prof. Dr. Mashitoh Yaacob
    Assoc. Prof. Dr. Fariza Md. Sham
    Dr. Muhammad Hilmi Jalil
    Dr. Ibrahim N. Hassan
    Maafi Husin
    Zubaidah Mohd Nasir
    W. Syairah Hazwani W.Petera

    15:00-17:40 Session 5
    Nurshahira Ibrahim
    Transformational Leadership Style as A Trigger to Enhancing Employee's Commitment: Islamic Organizations in Malaysia

    Soichiro TAKAGI
    Islamic International Law and Global Jihad

    Tengku Radziatan Mardziiah Tengku A Razak
    Maqasid Syariyyah in Charity Fund Allocation of Islamic Relief Malaysia

    Mari ADACHI
    Mutual Assistance through Islamic Traditional Institutions: Reconsidering the Various Roles of Zakat in Contemporary Indonesia

    Aulia Rahman Zulkarnain
    Integration Of Naqli And Aqli By Implementing Islamic Values In Stem Education

    Nurliana binti Mohd. Hassan
    Work-Life Balance: A Concern on Efficiency and Effectiveness of Job Role and Employee's Engagement towards Organizational Goal

    Nor'Ain Abdullah
    Effect of Mentoring Function on Mentees' Career Outcome From an Islamic Perspective

    17:40-18:00 Closing Ceremony

  • 10月11日
    イスラーム地域研究センター(KIAS)では、インドネシアから来日中のOman Fathurahman氏をお招きし、講演会を催しました。

    この研究会はNIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」京都大学拠点、科学研究費補助金(基盤研究(A))「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」、 京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センター、次世代型アジア・アフリカ教育研究センターの共催によって開催されます。

    【日時】 2016年10月11日(火)16:30-18:30
    【場所】 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階大会議室(AA447)
    【講師】 Oman Fathurahman氏
    【演題】 The Diversity of Indonesian Islamic Manuscripts
    【言語】 英語

    *研究会準備の都合上、出席を希望される方は、inq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jpまでご連絡ください。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 7月9日
    2016年度スーフィズム・聖者信仰研究会第1回研究会のご案内

     スーフィズム・聖者信仰研究会では7月9日(土)に今年度第1回目の研究会を開催いたしました。
     今回は慶應義塾大学の新井和広氏に、インドネシアにおけるアラブ系聖者の現状に関する研究発表をお願いしました。

     なおこの研究会は、NIHU地域研究推進事業「現代中東地域研究」上智大学イスラーム研究センター拠点・京都大学イスラーム地域研究センター拠点、 科学研究費補助金(基盤研究(A))「イスラーム神秘主義の構造的理解-スーフィズム・タリーカ・聖者信仰複合現象の解明」、 科学研究費補助金(基盤研究(B))「地中海周辺域における聖者・聖遺物崇敬の人類学的研究」、 上智大学学術研究特別推進費(重点領域研究)「イスラームとキリスト教他諸宗教の対立・交流・融和の地域間比較研究」、 京都大学ケナン・リファーイー・スーフィズム研究センターの共催によって開催されます。 。

    【日時】 2上智大学四谷キャンパス第2号館6階2-603号室
     地図: 以下のリンク先の地図をご参照ください。
     (JR中央線、東京メトロ丸の内線・南北線/四ッ谷駅)
     *第2号館:正門を入って左手にあるビルです。
     *会場の位置・経路の詳細については、以下をご参照ください。
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya

    【講師】新井和広氏
    【演題】「アラビア半島とインドネシア間の、聖者を通じた関係の現在:2014~15年の聖者祭とマウリド月の観察から」
    【言語】 日本語

    *研究会準備の都合上、出席を希望される方は、スーフィズム・聖者信仰研究会 (sufi-sainti-mazar.jp)までご連絡ください。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 4月28日
    ASAFAS附属イスラーム地域研究センター(KIAS)では、この4月から始まりましたNIHU基幹研究プロジェクト「現代中東地域研究」の一環として、インドネシアから来日中のアフマド・ナジブ・ブルハニ氏をお招きし、講演会を催しました。

    【日時】 2016年4月28日(木)15:30-17:30
    【場所】 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階第1講義室(AA401)
    地図: 以下のリンク先の地図をご参照ください。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    【講師】アフマド・ナジブ・ブルハニ氏
    【演題】 "Other Islam: The Search for a Model of Islam Beyond the Middle East"
    【言語】 英語

  • 2月16日
    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)は京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科(ASAFAS)および釜山外国語大学地中海研究所(IMS)と共催で、Fifth Joint Seminar of Center for Islamic Area Studies (KIAS) and Graduate School of Asian and African Area Studies (ASAFAS), Kyoto University and Institute for Mediterranean Studies (IMS), Busan University of Foreign Studies, "Area Studies and Area Informatics in the Mediterranean World"を下記の通り開催します。

    皆様のご参加をお待ち申し上げております。

    【日時】 2016年2月16日(火)13:00-17:45
    【場所】 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)
    ・地図: 以下のリンク先の地図をご参照ください。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    【言語】英語

    【プログラム】
    Opening Session (13:00-13:20)
    Chair: IMAMATSU Yasushi (Visiting Associate Professor, Graduate School of Asian and African Area Studies)

    TONAGA Yasushi (Director, Center for Islamic Area Studies) "Welcome Speech"

    YOON, Yong-Soo (Director, Institute for Mediterranean Studies) "Greeting Speech"

    Session 1 (13:20-14:50)
    Chair: NAGAOKA Shinsuke (Associate Professor, Graduate School of Asian and African Area Studies)

    FUJII Chiaki (Assistant Professor, Graduate School of Asian and Area Studies)
    "The Growing Islamic Movement off the East African Coast"

    HA, Byung Joo (Professor, Department of Arabic, Busan University of Foreign Studies)
    "The specific gravity of Middle East in the Mediterrean Studies of Korea, 2000 - 2015"

    CHOI, Choon Sik (Professor, Department of French, Busan University of Foreign Studies)
    "The specific gravity of Europe in the Mediterrean Studies of Korea, 2000 - 2015"

    Session 2 (15:00-16:30)
    Chair: HAH, Byung Joo
    YAMAMOTO Kensuke (Ph.D. Student, Graduate School of Asian and Area Studies)
    "Dispute over Sacred Sites in Contested Jerusalem: The Role of Islamic Movement in Israel"

    CHANG, Nina (HK Research Professor, Institute for Mediterranean Studies)
    "A Study on Developing a Model for Integrating Language and Culture for the Muslim immigrants in France through Immigration Policy"

    WATANABE Shun (Ph.D. Student, Graduate School of Asian and Area Studies)
    "Jordan as a Modern Hybrid Monarchy: A Case of the Mashriq Kingdom"

    Session 3 (16:40-18:10)
    Chair: CHOI, Choon Sik

    KANG, Jihoon (HK Research Professor, Institute for Mediterranean Studies)
    "Construction of Digital Humanities System for Academic Researches: Focused on 'MECA' of Institute for Mediterranian Studies"

    HARA Shoichiro (Director, Center for Integrated Area Studies, Kyoto University)
    "Information Infrastructure to accumulate, link and use "Knowledge of Area""

    MOON, Sang Ho (Professor, Dept. of Computer Engineering, Busan University of Foreign Studies)
    "Case Study in Digital humanities"
    Closing Session (18:10-18:25)
    Chair: TONAGA Yasushi

    KOSUGI Yasushi "Closing Remarks"

    *準備の都合上、ご参加なさる方は事前にKIAS事務局(inq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jp)までご連絡いただけると幸いです。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 2月10日
    アーヤトッラー・エッテマーディー氏 講演会のご案内

    KIASでは、イランから来日中のアーヤトッラー・エッテマーディー師をお招きし、講演会を催しました。

    日時:2月10日(水)午後2~4時
    場所:総合研究2号館4階第1講義室(AA401)
    講師:アーヤトッラー・アミール・セイエド・ハサン・エッテマーディー師
    (カーシャーン・ダール・アル・エルメ・イスラーミー宗教学院 学院長)
    発表タイトル:「ゴム宗教学院法学上級課程における教授/学習方法:改善の動向と未来の展望」
    言語:ペルシア語(日本語通訳あり)

    ***
    講演者プロフィール
    1966年 イラン・カーシャーン生まれ。
      1989年 ダール・アル・エルメ・イスラーミー宗教学院修了
    1994年 イスラーム自由大学ゴム校卒。政治学士。
    1989年~1998年、ゴムのイスラーム宗教学院で学ぶ。
    フェイズィーイェ学院で、最上級課程を修める。
    全国神学校長協会会員、カーシャーン宗教学院教育責任者協会会員。
    2007年 私立の高等教育機関マフデ・エルメ・カーシャン設立。
    2007年 NIHUイスラーム地域研究で来日。早稲田大学で講演。
    http://www.afpbb.com/articles/modepress/2262897
    ***
  • 2月6日
    京都大学拠点(KIAS)講演会「知の先達たちに聞く―宮治美江子先生をお迎えして」のご案内

    KIASでは、「知の先達たちに聞く」と題して、これまで外国人研究者へのインタビュー、日本人の先生方の講演会を催してきました。
    11回目を迎える今回は、宮治美江子先生をお招きして、「マグリブ研究と文化人類学―女性たちとの出会いを重ねて」と題するご講演によって、これまでの研究生活を振り返っていただきました。

    人類学の立場から中東地域を研究する試みは、日本においては、1960年代後半から本格化したとされます。宮治先生はその草分けとして、北アフリカ社会・文化論をご専門とされ、アルジェリア、チュニジアといったマグリブ地域―さらにはフランスを含む西地中海地域の研究を進めてこられました。
    また『中東・北アフリカのディアスポラ』の編者であるとともに、アーネスト・ゲルナー『イスラム社会』やジェルメーヌ・ティヨン 『イトコたちの共和国 地中海社会の親族関係と女性の抑圧』などの翻訳もなされています。

    日時:2月6日(土)16:00-18:00
    場所:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館4階会議室(AA447)

    講演者:宮治美江子(東京国際大学名誉教授)
    タイトル:「マグリブ研究と文化人類学―女性たちとの出会いを重ねて」

    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

  • 2月5日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点 3班合同研究会「イスラーム世界の国際組織とグローバルネットワーク」のご案内

    「イスラーム地域研究」の第2期において、京都大学拠点は1グループ3班編成(第1班「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班、第2班「広域タリーカ」研究班、第3班「イスラーム経済とイスラーム法」研究班)で、それぞれ研究活動を行ってきました。
    3班合同研究会は、年に1回、上記3班が合同して研究会を開催し、各班の研究発表を行うものです。
    今年度の研究会は、下記の要領で開催されました。

    京都大学拠点の活動全体をカバーする研究会であるとともに、5年間行われてきた第2期「イスラーム地域研究」最後の合同研究会になります。
    皆様のご参加をお待ち申し上げております。

    日時:2月5日(金)15:30~18:50
    場所:京都大学吉田キャンパス総合2号館4階会議室(AA447)

    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

  • 2月1日
    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)と上智大学イスラーム研究セン ター(SIAS)は、京都大学アジア研究教育ユニットおよび科研費基盤(B)「南アジア諸語イス ラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」(研究代表者:東長靖)と共催で、Workshop Attached to the Third SIAS / KIAS - CNRS International Joint Seminar, "TRADITION AND TRANSFORMATION IN THE PAST AND PRESENT"を下記の通り開催しました。

    皆様のご参加をお待ち申し上げております。

    【日時】 2016年2月1日(月)10:00-15:40
    【場所】 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)
    ・地図: 以下のリンク先の地図をご参照ください。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    【言語】英語

    【プログラム】
    10:00-10:20 Opening Session

    10:20-10:50 ISHIKAWA Kido (Kyoto University)
    The Comparative Study on Parables of Birds between `Attar and Predecessors

    10:50-11:20 YAMAMOTO Naoki (Kyoto University)
    Duality without Conflict: A Multiplex Interpretation of Islam According to `Abd al-Ghani al-Nabulusi

    11:20-11:50 KONDO Fumiya (Sophia University)
    The Egyptian Mawlid Observed in 19th-Century British People: A Quantitative and Qualitative Analysis

    13:00-13:30 YAMAZAKI Satoru (Kyoto University)
    Social Organization of Arab Alevis in Contemporary Turkey: A Case Study of EHDAV in Antakya, Hatay

    13:30-14:00 SAITO Akiko (Sophia University)
    Tribal Policy and its Transformation in Libya under the Qadhafi Regime

    14:00-14:30 Antony SUSAIRAJ (Sophia University)
    Vivekananda’s Understanding of Islam: Its Implications on His Idea of Universal Religion

    14:30-15:00 FUTATSUYAMA Tatsuro (Kyoto University)
    Islamic Religious Practices Involving Trees: A Case Study of Olive Trees in Contemporary Tunisia

    15:10-15:30 General Comments

    15:30-15:40 Concluding Session

  • 1月31日
    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)と上智大学イスラーム研究セン ター(SIAS)は、京都大学アジア研究教育ユニットおよび科研費基盤(B)「南アジア諸語イス ラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」(研究代表者:東長靖)と共催で、第3回SIAS/KIAS-CNRS国際合同セミナー"Sufism, Saint Veneration and Tariqa Movements in the Islamic World"を下記の通り開催しました。

    皆様のご参加をお待ち申し上げております。

    【日時】 2016年1月31日(日)13:00-18:00
    【場所】 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)
    ・地図: 以下のリンク先の地図をご参照ください。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    【言語】英語

    【プログラム】
    13:00-13:20 Opening Remarks

    13:20-14:00 Quentin GIROUD (CNRS)
    Zikr and Sema Rituals of the Contemporary U??aki-Halveti Sufi Order of Turkey

    14:00-14:40 Kie INOUE (Tokyo University)
    Ruzbihan Baqli Shirazi's Theory of Love

    14:55-15:35 Rachida CHIH (CNRS)
    Sufism in the Early Modern Period: Ahmad al-Qushshashi (d. 1661) and the "Medinese School"

    15:35-16:15 Daisuke MARUYAMA (National Defense Academy of Japan)
    Meaning of Wasita (Intermediary): Different Interpretations between Sufis and Salafis in Contemporary Sudan

    16:30-17:10 Thierry ZARCONE (CNRS)
    Visual hagiography in Northern Africa: The case of Ahmad al-Tijani

    17:10-17:40 Discussion

    17:40-18:00 Closing Remarks

    →報告




  • 12月21日
    KIAS「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班研究会のお知らせ

    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)は、「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班の研究会を、大阪大学特別交流研究支援制度との共催で、下記の通り開催いたしました。

    【日時】 2015年12月21日(月)16:30-18:00
    【場所】 大阪大学箕面キャンパスA棟406教室

    【発表】
    Dr. Qazi Abid (Professor, Bahauddin Zakariya University, Multan, Pakistan) "The reflection of post 9/11 Pakistani Society in Urdu literature"

    Dr. Anwaar Ahmad, (professor, Bahauddin Zakariya University, Multan, Pakistan, Former Chairman National Language Authority, Pakistan,) " Mystic narrative of Islam in South Asia widely accepted by great poets of Persian,Urdu and major languages of Pakistan".

    【言語】 英語

  • 12月15日
    KIAS「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班研究会のお知らせ

    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)は、「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班の研究会を、大阪大学特別交流研究支援制度との共催で、下記の通り開催いたしました。

    【日時】 2015年12月15日(火)15:00-16:30
    【場所】 大阪大学箕面キャンパスA棟412教室

    【発表】
    Timsal Ahmad (The Alfalah Institute of Banking and Finance, Bahauddin zakariya University, Multan , Pakistan) "Islam and Modern Technology: An Exploratory Analysis of the South Asian Region"

    【言語】 英語

    【発表概要】
    One cannot deny the importance of Science and Technology in the modern era. Majority of the human beings (educated or uneducated) living on planet earth today use technology in form or the other. But, the question is how can we relate the modern concept of science and technology with centuries old concepts of religion? In Islam, the first word 'revealed' to the messenger of God was to "READ", which signifies that foundation of this religion is based on knowledge. Therefore, today we see the Islamic world getting transformed through science and technology. The South Asian region comprises of a large segment of world's Muslim population, therefore it is very interesting to witness how technology is changing the life a common Muslim person in this region.

  • 10月28日
    オスマン史研究会(第1回ボアチ・エルゲネ氏講演会)(2015/10/28)のご案内

    NIHUプログラム、イスラーム地域研究東洋文庫拠点では、科研費基盤(B)「17~19世紀オスマン帝国における近代社会の形成」(研究代表者:秋葉)及び京都大学拠点(KIAS)と共催で、オスマン史研究会(ボアチ・エルゲネ氏講演会)を下記の要領で開催しました。

    この度の研究会では、シャリーア法廷台帳を用いた多数の研究で知られるボアチ・エルゲネ氏を米国からお招きし、法廷台帳研究の方法論について語っていただくことになりました

    【日時】:2015 年10月28日(水) 18:00~20:00
    【場所】:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館4階第一講義室(AA401)(〒606-8501 京都市左京区吉田本町)
    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    【プログラム】
    司会 秋葉淳(千葉大学文学部)
    18:00- 19:00 Bo?a? A. Ergene(ヴァーモント大学准教授)
    Making the Case for Quantitative and Economic Approaches to Ottoman Legal History
    19:00~20:00 質疑応答・討論

    (使用言語:英語、通訳なし)
  • 8月4-5日
    中東とアジアにおける社会政治運動の変容と社会経済発展に関する国際ワークショップ開催のお知らせ

    京都大学臨地教育支援センター(COSER)は、京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、京都大学科学研究費基盤研究(A)「グローバル化時代に対応する21世紀型イスラーム学の構築」、トヨタ財団2014年度研究助成プログラム「相互扶助ファンドとイスラーム金融が創る新しい価値―ポスト資本主義をめざすコミュニティ経済哲学」、英国ダラム大学ビジネススクール附属イスラーム経済金融センターとの共催で、2015年8月4日(火)、5日(水)に下記要項で国際ワークショップ(International Workshop on Transformation of Socio-political Movements and Socio-economic Development in Middle East and Asia)を開催します。皆様の多数のご参加をお待ちしております。
     なお、本ワークショップは、一部プログラムを「第9回イスラーム経済国際ワークショップ」との共催にて実施いたします。

    日時:2015年8月4日(火)13時~18時20分、2015年8月5日(水)10時~18時50分
    場所:京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)
    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    [Program]

    Day 1 (4th August)

    13:00-13:20: Opening Remarks (co-hosted session with "the 9th Kyoto-Durham International Workshop in Islamic Economics and Finance: New Horizons in Islamic Economics")
    13:20-14:50: Keynote Speeches (co-hosted session) Prof. Dr. Mehmet Asutay (Durham University) "Islamic Banking and Finance: Negotiating through Postcolonial Perspectives"
    Prof. Dr. Yasushi Kosugi (Kyoto University) "A Vision of Islamic Revival and the Philosophy of a Halal Life: Framing Islamic Economics in a Global Perspective"

    15:00-16:30: Session 1 (hosted by parallel workshop)
    Dr. Hanimon Abdullah (Durham University) "An Exploratory Examination into the Relationship between Corporate Governance and Risk Management Practices in Islamic Banks"
    Dr. Noor Zahira Mohd Sidek (Durham University) "Does Political Regime, Governance and Political Risks Matter for Islamic Banking?"
    Hajar Raouf (Durham University) "What Do Risk Governance Frameworks Tell Us about Banks' Financial Performance? The Case with Islamic Banks"

    16:50-18:20: Session 2 (hosted by parallel workshop)
    Banjaran Indrastomo (Durham University) "Emergence of Islamic Economics Movement in Indonesia: A Political Economy Approach"
    Kentaro Kambara (Kyoto University) "How does Modern Islamic Finance Reconstruct Traditional Pawnbroking (Rahn)? A Case Study of Brunei Darussalam"
    Amirul Haqeem Bin Abd Ghani (Durham University) "Social Disclosure: A Comparison between Islamic and Conventional Banks in Malaysia"

    Day 2 (5th August)

    10:00-12:00: Session 3
    Dr. Iyas Salim (Doshisha University) "Filling in the Void? Post-Conflict Palestinian Society between Mitigation of International Official Aid and collaboration with Global Civil Society"
    Kensuke Yamamoto (Kyoto University) "Contestation over Jerusalem's Sacred Sites: Can Be Shared or Divided?"
    Shun Watanabe (Kyoto University) "Comparative Politics of the Monarchies: A Preliminary Discussion on Western and Arab Monarchies"
    Fukiko Ikehata (Kyoto University) "Religious Conflicts in the Modern Middle East: Understanding Jordan in a Sunni-Shiite Ternary Rivalry"

    13:15-14:30: Session 4
    Hiroyuki Shiomi (Kyoto University) "Does Iran seek Leadership at Islamic Ummah? A Preliminary Discussion on Iran's International Strategies"
    Chiaki Higa (Kyoto University) "Socio-economic Development of Abu Dhabi and Transformation of Women's Living"
    Midori Kirihara (Kyoto University) "Afghan Diaspora Community from Afghanistan: How Do They Make Culture and Identity"

    14:45-16:45: Session 5
    Dr. Shinsuke Nagaoka (Kyoto University) "Reconsidering the Role of Traditional Islamic Economic Institutions for Community Welfare: New Paradigm or Mimic Capitalist Model?"
    Mari Adachi (Kyoto University) "New Wave of Zakat Practice in Indonesia: Reconsidering Top-down and Bottom-up Dichotomy Framework"
    Isa Yilmaz (Durham University) "Constituting Islamic Social Welfare Function: An Exploration in Islamic Moral Economy"
    Marie Sato (Kyoto University) "Mapping the Socio-Ecological Changes in Refugee-Influx in the Middle East: Reflections on the Case of Jordan"

    17:00-18:30: Session 6 (hosted by parallel workshop)
    Khashan Ammar (Kyoto University) "The Quran's Prohibition of Khamer (Intoxicants): A Historical Analysis for Global Islamic Economics"
    Turgay Kart (Durham University) "Islamic Venture Capital Models for Financing SMEs in Turkey"
    Dr. Harun Sencal (Durham University) "Capitalism as Sovereign: Critical Reflections on the Practice of Islamic Finance"

    18:30-18:50: Closing Remarks (co-hosted session)

    *準備の都合上、ご参加なさる方は事前にKIAS事務局(inq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jp)までご連絡いただけると幸いです。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 8月4-5日
    第9回イスラーム経済国際ワークショップ開催のお知らせ

    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、京都大学科学研究費基盤研究(A)「グローバル化時代に対応する21世紀型イスラーム学の構築」、トヨタ財団2014年度研究助成プログラム「相互扶助ファンドとイスラーム金融が創る新しい価値―ポスト資本主義をめざすコミュニティ経済哲学」、英国ダラム大学ビジネススクール附属イスラーム経済金融センターは、2015年8月4日(火)、5日(水)に下記要項で国際ワークショップ(9th Kyoto-Durham International Workshop in Islamic Economics and Finance: New Horizons in Islamic Economics)を開催します。皆様の多数のご参加をお待ちしております。
     なお、本ワークショップは、一部プログラムを「中東とアジアにおける社会政治運動の変容と社会経済発展に関する国際ワークショップ」との共催にて実施いたします。

    日時:2015年8月4日(火)13時~18時20分、2015年8月5日(水)10時~18時50分
    場所:京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)
    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    [Program]

    Day 1 (4th August)

    13:00-13:20: Opening Remarks (co-hosted session with "the International Workshop on Transformation of Socio-political Movements and Socio-economic Development in Middle East and Asia")
    13:20-14:50: Keynote Speeches (co-hosted session) Prof. Dr. Mehmet Asutay (Durham University) "Islamic Banking and Finance: Negotiating through Postcolonial Perspectives"
    Prof. Dr. Yasushi Kosugi (Kyoto University) "A Vision of Islamic Revival and the Philosophy of a Halal Life: Framing Islamic Economics in a Global Perspective"

    15:00-16:30: Session 1
    Dr. Hanimon Abdullah (Durham University) "An Exploratory Examination into the Relationship between Corporate Governance and Risk Management Practices in Islamic Banks"
    Dr. Noor Zahira Mohd Sidek (Durham University) "Does Political Regime, Governance and Political Risks Matter for Islamic Banking?"
    Hajar Raouf (Durham University) "What Do Risk Governance Frameworks Tell Us about Banks' Financial Performance? The Case with Islamic Banks"

    16:50-18:20: Session 2
    Banjaran Indrastomo (Durham University) "Emergence of Islamic Economics Movement in Indonesia: A Political Economy Approach"
    Kentaro Kambara (Kyoto University) "How does Modern Islamic Finance Reconstruct Traditional Pawnbroking (Rahn)? A Case Study of Brunei Darussalam"
    Amirul Haqeem Bin Abd Ghani (Durham University) "Social Disclosure: A Comparison between Islamic and Conventional Banks in Malaysia"

    Day 2 (5th August)

    10:00-12:00: Session 3 (hosted by parallel workshop)
    Dr. Iyas Salim (Doshisha University) "Filling in the Void? Post-Conflict Palestinian Society between Mitigation of International Official Aid and collaboration with Global Civil Society"
    Kensuke Yamamoto (Kyoto University) "Contestation over Jerusalem's Sacred Sites: Can Be Shared or Divided?"
    Shun Watanabe (Kyoto University) "Comparative Politics of the Monarchies: A Preliminary Discussion on Western and Arab Monarchies"
    Fukiko Ikehata (Kyoto University) "Religious Conflicts in the Modern Middle East: Understanding Jordan in a Sunni-Shiite Ternary Rivalry"

    13:15-14:30: Session 4 (hosted by parallel workshop)
    Hiroyuki Shiomi (Kyoto University) "Does Iran seek Leadership at Islamic Ummah? A Preliminary Discussion on Iran's International Strategies"
    Chiaki Higa (Kyoto University) "Socio-economic Development of Abu Dhabi and Transformation of Women's Living"
    Midori Kirihara (Kyoto University) "Afghan Diaspora Community from Afghanistan: How Do They Make Culture and Identity"

    14:45-16:45: Session 5 (hosted by parallel workshop)
    Dr. Shinsuke Nagaoka (Kyoto University) "Reconsidering the Role of Traditional Islamic Economic Institutions for Community Welfare: New Paradigm or Mimic Capitalist Model?"
    Mari Adachi (Kyoto University) "New Wave of Zakat Practice in Indonesia: Reconsidering Top-down and Bottom-up Dichotomy Framework"
    Isa Yilmaz (Durham University) "Constituting Islamic Social Welfare Function: An Exploration in Islamic Moral Economy"
    Marie Sato (Kyoto University) "Mapping the Socio-Ecological Changes in Refugee-Influx in the Middle East: Reflections on the Case of Jordan"

    17:00-18:30: Session 6
    Khashan Ammar (Kyoto University) "The Quran's Prohibition of Khamer (Intoxicants): A Historical Analysis for Global Islamic Economics"
    Turgay Kart (Durham University) "Islamic Venture Capital Models for Financing SMEs in Turkey"
    Dr. Harun Sencal (Durham University) "Capitalism as Sovereign: Critical Reflections on the Practice of Islamic Finance"

    18:30-18:50: Closing Remarks (co-hosted session)

    *準備の都合上、ご参加なさる方は事前にKIAS事務局(inq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jp)までご連絡いただけると幸いです。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 7月19日
    スーフィズム・聖者信仰研究会第1回研究会のご案内

    スーフィズム・聖者信仰研究会では7月19日(日)に今年度第1回目の研究会を開催いたします。
    今回は京都大学大学院の山本直輝氏と二ツ山達朗氏に発表いただきます。
    皆様のご参加をお待ち申し上げております。

    日時: 2015年7月19日(日) 13:30~18:00
    場所: 上智大学四谷キャンパス第2号館6階2-615a教室
    (JR中央線、東京メトロ丸の内線・南北線/四ッ谷駅)
    *第2号館: 正門を入って左手にあるビルです。
    *会場の位置・経路の詳細については、以下をご参照ください。
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya

    プログラム

    13:30-13:45:開会の挨拶

    13:45-15:45 山本直輝(京都大学大学院・一貫制博士課程)
    「前近代オスマン朝における神学のイブン・アラビー的展開―アブドゥルガニー・ナーブルスィーの自由意志理解」
    コメント:鎌田繁(東京大学・教授)、竹下政孝(東京大学・名誉教授)

    16:00-18:00 二ツ山達朗(京都大学大学院・一貫制博士課程)
    「イスラームの信仰実践に物質はどのように関わるか-チュニジアにおけるオリーブと室内装飾具の事例から―」
    コメント:大川真由子(神奈川大学・助教)

    *研究会終了後に懇親会を予定しております。
    *会場準備の都合上、ご参加いただける方は、高橋<ke-takah@sophia.ac.jp>までご連絡頂けると幸いです。

  • 7月6日
    京都大学拠点(KIAS)講演会「知の先達たちに聞く―清水学先生をお迎えして」のご案内

    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)では、「知の先達たちに聞く」と題して、これまで外国人研究者へのインタビュー、日本人の先生方の講演会を催してきました。
    10回目を迎える今回は、清水学先生をお招きして、これまでの研究生活を振り返っていただきました。

    清水先生は、途上国経済発展論、比較経済体制論をご専門とし、アジア経済研究所、宇都宮大学、一橋大学、帝京大学で研究をされてきました。現在にいたるまで、中東・南アジア・中央アジアにおける広範かつ綿密な現地調査にもとづいた各国・各地域の経済・社会の動態の解明に取り組まれています。今回のご講演では、70か国以上での調査のご経験を持ち、現場主義を貫く清水先生に、その研究の極意と激動のアジアと正面から格闘されてきたご経験をうかがいたいと思います。

    日時:7月6日(月)16:30-18:30
    場所:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館4階総合研究2号館4階会議室(AA447)

    講演タイトル:「時代との格闘と地域研究―歴史・時論・政策―」
    講演者:清水学(有限会社ユーラシア・コンサルタント代表取締役)

    司会:長岡慎介(京都大学准教授)
    以下のリンク先の地図をご参照下さい。
    上のリンク先にある地図では「34」の建物が総合研究2号館になります。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    *準備の都合上、ご参加なさる方は事前にKIAS事務局(inq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jp)までご連絡いただけると幸いです。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 3月9日
     京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、京都大学科学研究費基盤研究(A)「グローバル化時代に対応する21世紀型イスラーム学の構築」は、 2015年3月9日(月)に下記要項にてKIASグローバル研究セミナー(Malaysia-JapanInternational Seminar on Islamic Civilization and Society)を開催します。
     皆様のご参加をお待ちしております。 ・日時:2015年3月9日(月)14時~18時10分
    ・場所:京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)

    ・地図: 以下のリンク先の地図をご参照ください。 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf
    ・使用言語:英語

    【プログラム】
    14:00-14:05: Opening Remarks

    14:05-15:05: Keynote Lecture
    Prof. Dr. Abdul Latif Samian (Universiti Kebangsaan Malaysia)
    "Al-Biruni's Paradigm of Mathematical Research"

    15:15-16:45: Session 1
    Ayaka KURODA (Kyoto University)
    "Religion, Law, and Foundational Commonality in Contemporary Egypt: Tariq al-Bishri's Views on a Political Community"

    Fukiko IKEHATA (Kyoto University)
    "Position and Strategy of Jordan: Islamic Diplomacy in the Middle of Confrontation"

    Kensuke YAMAMOTO (Kyoto University)
    "A Solution to the Jerusalem Problem?: Preliminary Discussions based on the Case of Al-Khalil/Hebron"

    17:00-18:00: Session 2
    Marie SATO (Kyoto University)
    "Jordan in Syrian Crises: Politics of Refugees and Mitigating the Burden of Neighbors"

    Mari ADACHI (Kyoto University)
    "Diversity of Zakat Practice in Indonesia: Toward an Analytic Framework"

    18:00-18:10: Closing Remarks
    *研究会準備の都合上、出席を希望される方は、はinq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jpにご連絡ください。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 3月2日
    SIAS-KIAS 合同ワークショップのお知らせ

    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点と上智大学拠点は、科学研究費補助金基盤研究(B)「近現代スーフィズム・聖者信仰複合の動態研究」、同「南アジア諸語イスラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」と共催で、Mark Sedgwick氏 (Aarhus University)をコメンテータに迎え、SIAS-KIAS Joint Workshop "Piety, Politics and People in the Modern Islamic World"を開催いたしました。

    【日時:2015年3月2日(月)13:30-18:10
    【場所】:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館4階会議室(AA447)

    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf
    使用言語:英語

    【プログラム】
    13:30-13:50 Opening Session

    13:50-14:20 FUTATSUYAMA Tatsuro (Kyoto Univ.)
    "How Tunisian Muslims Treat Religious Materials: Focusing on Qur'anic Ornaments and Calendars"

    14:20-14:50 KIM Shinwoo (Sophia Univ.)
    "Political Elites and Social Mobility in Bourguiba's Tunisia (1956-1987)"

    15:00-15:30 MATSUDA Kazunori (Kyoto Univ.)
    "The Development of the Criticism of Saint Cult in North India: The Case of Shah Muhammad Isma`il" (tentative)

    15:30-16:00 OGURA Satoshi (Kyoto Univ.)
    "Translating Wahda al-Wujud into Saiva Theology: A Reading of the First Chapter of Srivara's Kathakautuka, a Sanskrit Translation of Jami's Yusuf u Zulaykha."

    16:10-16:40 KONDO Fumiya (Sophia Univ.)
    "Mawlid and British People in Egypt"

    16:40-17:10 SAITO Akiko (Sophia Univ.)
    "Tribalism in the Political Context in Libya: Qadhafi's Discourse and its Influence"

    17:10-17:40 SHIRATANI Nozomi (Sophia Univ.)
    "New Strategy for the Maintenance of the Authoritarian Regime in Morocco: 2011 Parliamentary Elections and the Nominal Change of Government"

    17:40-17:55 General Comments by Mark Sedgwick

    17:55-18:10 Concluding Session

    *研究会準備の都合上、出席を希望される方は、はinq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jpにご連絡ください。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 2月17日
    KIAS「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班研究会のお知らせ

    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点は、「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班の研究会を下記の通り開催いたします。
    皆様のご参加をお待ち申し上げております。

    【日時】:2015年2月17日(火)14:00-17:20
    【場所】:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館4階第1講義室(AA401)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    【発表】:
    保坂修司(日本エネルギー経済研究所)
    「イスラーム国の「なぜ」―カリフ・奴隷・捕虜」

    山根聡(大阪大学)
    「テロとイスラームの決別―パキスタンの新たな動き」

    *研究会準備の都合上、出席を希望される方は、はinq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jpにご連絡ください。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。




  • 12月09日
    KIASグローバル研究セミナー「ファルーク・アーミル駐日パキスタン大使 講演会」のお知らせ

    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)は、ファルーク・アーミル駐日パキスタン大使をお迎えし、パキスタンと日本の外交や貿易、経済関係など二国間の友好関係について講 演会を開催しました。パキスタンの古代史から近代までの概要、現在の人々の暮らしや豊かな自然、歴史文化、産業や経済、平和維持活動への貢献など多岐に渡り解説をいただきました。

    【日時】2014年12月9日(火)10時~11時20分
    【場所】京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(A447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    【プログラム】
    講演者:ファルーク・アーミル(駐日パキスタン大使)
    講演タイトル:JAPAN PAKISTAN RELATIONS
    (日本-パキスタン二国間関係について)

    【使用言語】英語(通訳なし)

    共催:科研費基盤(B)「南アジア諸語イスラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」

    ファルーク・アーミル駐日パキスタン大使略歴



    H.E. Mr. Farukh Amil Ambassador of Pakistan to Japan

    Joined Foreign Service of Pakistan in 1984.
    He holds BSc Honours degree in Physical Geography from University of Manchester; MSc. in Transportation Planning and Management from PLC/University of Westminster, London and Masters Degree in Law & Diplomacy (MALD) from the Fletcher School, USA where he also completed the PhD Comprehensive Examinations. He has also undertaken the National Security War Course at the National Defence University, Islamabad.
    He had various diplomatic assignments in Pakistan Missions abroad -Cairo (Second Secretary, 1992-1995), Ankara, (First Secretary, 1995-1999), Washington (Political Counsellor, 2002-2006) and Pakistan Mission to the United Nations in New York (Ambassador/Deputy Permanent Representative, 2006-2009).
    He served at Headquarters at Desk Officer, India/UN (1986-1991), Director, UN/Africa (1999-2002) and Additional Secretary, Foreign Affairs at the Presidency (2010-2011).
    Before being appointed as Ambassador to Japan he served at the Foreign Ministry as Director General (CWC National Authority/Disarmament) since February 2012.

    準備の都合上ご参加いただける場合はinq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jpにご連絡ください。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 11月27日
    代表的な国際NGOのひとつであるオクスファム・ジャパンの事務局長・米良彰子さんが来学されることになり、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属現代インド研究センター(KINDAS)、同附属イスラーム地域研究センター(KIAS)、同キャリア・デベロップメント室の共催で、次の談話会を開催しました。

    KINDASセミナー/KIASグローバル研究セミナー/ASAFASキャリア・ディベロップメント懇談会

    テーマ:「地域研究とNGO活動の接点はどこにあるか―オクスファムの支援活動とアジア・アフリカ地域研究」

    発題者:米良彰子氏(オクスファム・ジャパン事務局長)
    日時:2014年11月27日木曜日:午前11時から12時まで
    場所:総合研究2号館会議室(AA447)
    米良氏には、1)シリア難民支援やヒマラヤ洪水被災者支援などのオクスファムの活動をご紹介いただき、2)ご自身のキャリアについていかに現在のNGOに職を得たのか(就職活動のやり方やNGOからの評価のされ方を含む)をお話しいただき、そして、3)NGO活動と地域研究の接点についてお話いただく予定です。
    NGO活動に興味がある方は積極的にご参加ください。

  • 10月18日
    2014年度NIHU合同集会公開講演会のお知らせ

    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)は、イスラーム地域研究2014年度合同集会「グローバル・イスラームの最前線―変貌の時代を読む―」を下記要領にて開催いたします。

    皆様のご参加をお待ち申し上げております。

    日時:2014年10月18日(土)14:30-17:30
    場所:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室
    (アクセスは案内文下のアクセス・交通機関をご参照ください)

    *一般公開・入場無料

    プログラム
    14:00 開場

    14:30 開会の辞
    桜井啓子(早稲田大学)

    14:35 主催者挨拶
    東長靖(京都大学)

    14:40 「現代イスラーム思想の拡散とマウドゥーディー著作の翻訳」
    山根聡(大阪大学)

    15:10 「現代イスラーム主義組織のグローバル性:レバノン・ヒズブッラーの革命闘争」
    末近浩太(立命館大学)

    15:40 休憩

    15:55 「イスラーム神秘主義の現代的意義」
    東長靖(京都大学)

    16:25 「不安定化するグローバル資本主義とイスラーム経済の可能性」
    長岡慎介(京都大学)

    16:55 質疑応答

    17:25 閉会の辞
    三浦徹(お茶の水大学)

    *準備の都合上、参加をご希望の方はinq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jp あてにご連絡いただければ幸いです。

    <アクセス・交通機関>
    地図URL
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/pdf/campus.pdf

    最寄り駅:京阪電鉄『神宮丸太町駅』下車。川端通を北へ徒歩約5分。

    JR京都駅から
    ・タクシー:『荒神橋東詰(こうじんばしひがしづめ)の稲盛財団記念館へ』とご指定ください(約30分)。
    ・JRと京阪電鉄:JR奈良線 各停 城陽行『東福寺』駅下車。京阪本線に乗り換え各停 出町柳行『神宮丸太町』駅下車。所要時間約18分。川端通を北へ徒歩約5分。
    ・市バス:205系統か4系統か17系統『荒神口(こうじんぐち)』下車。所要時間約30分。バス停より徒歩約5分。
    ・京都バス:17系統『荒神橋(こうじんばし)』下車。所要時間約30分。バス停から道路を渡ってすぐ。

    阪急河原町駅から
    ・市バス :59系統か37系統か17系統で「荒神口」下車、バス停より徒歩約5分。



  • 9月22日
    アジュマルディ・アズラ氏講演会のお知らせ

     京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、京都大学科学研究費基盤研究(A)「グローバル化時代に対応する21世紀型イスラーム学の構築」は、本年度福岡アジア文化賞(学術研究賞)受賞アジュマルディ・アズラ氏(インドネシア・歴史学)をお迎えし、2014年9月22日(月)下記要項にて講演会を開催します。

       皆様の多数のご参加をお待ち申し上げます。

    ・日時:2014年9月22日(月)16時30分~18時
    ・場所:京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    ・使用言語:英語(通訳なし)

    ・プログラム:
    講演者:Prof.Azyumardi Azra
    (Professor of History and Director of the Graduate School, Syarif Hidayatullah State Islamic University, Jakarta)

    講演タイトル:"The Significance of Southeast Asia ('the Jawah World') in the Global Study of Islam: In Historical as well as Contemporary Perspectives"

    なお準備の都合上ご参加いただける場合にはinq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jpにご連絡ください。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 7月28日
     「スーフィズム・聖者信仰研究会(SIAS/KIAS連携)」では7月28日(月)に今年度第1回目の研究会を開催いたしました。
     今回は京都大学大学院の山本直輝氏に、オスマン朝期のスーフィズムに関する研究発表をお願いしました。

    日時: 2014年7月28日(月) 16:30~17:30
    場所: 上智大学四谷キャンパス第2号館10階2-1015a教室
    (JR中央線、東京メトロ丸の内線・南北線/四ッ谷駅)
    *第2号館: 正門を入って左手にあるビルです。
    *会場の位置・経路の詳細については、以下をご参照ください。
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya

    研究発表 16:30-17:30
    山本直輝(京都大学大学院)「オスマン朝期のイスラーム改革―ビルギヴィーのシャリーア絶対主義的タサウウフ」

  • 7月9日
     Claudia Baumgart-Ochse氏講演会のお知らせ

     京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、EUインスティテュート関西、京都大学科学研究費基盤研究(C)「中東現代文学における「祖国(ワタン)」表象とその分析」は、2014年7月9日(水)に下記要項にてClaudia Baumgart-Ochse氏講演会を開催しました。

    ・日時:2014年7月9日(水)16時30分~18時
    ・場所:京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    ・使用言語:英語(通訳なし)

    ・プログラム:
    講演者:Dr. Claudia Baumgart-Ochse (Researcher and member of the Executive Board, Peace Research Institute Frankfurt)
    講演タイトル:"Palestine and the International Statebuilding Agenda: A Way Forward to Peace?"

    講演者プロフィール:
    http://www.hsfk.de/Staff.10.0.html?&no_cache=1&L=1&detail=171&cHash=7240350ed2

    →報告

  • 7月5日
     京都大学拠点(KIAS)講演会「知の先達たちに聞く― 後藤明先生をお迎えして」のご案内

     KIASでは、「知の先達たちに聞く」と題して、これまで外国人研究者へのインタビュー、日本人の先生方の講演会を催してきました。
    9回目を迎える今回は、後藤明先生をお招きして、これまでの研究生活を振り返っていただきました。

     後藤先生は初期イスラーム史を研究されてきました。
     その成果は『メッカーイスラームの都市社会』(中公新書)、『ムハンマド時代のアラブ社会』(山川出版社)などの著書で一般にも還元されています。
     またイブン・イスハーク著、イブン・ヒシャーム編注『預言者ムハンマド伝』全4巻(岩波書店)を共訳の形で刊行されてました。
       皆様のご参加をお待ち申し上げております。

    日時:7月5日(土)16:00-18:00
    場所:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館3階南側カンファレンスルーム
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    講演者:後藤明(東京大学名誉教授)
    司会:清水和裕(九州大学教授)

  • 6月21日
     京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、京都大学科学研究費基盤研究(A)「グローバル化時代に対応する21世紀型イスラーム学の構築」は、2014年6月21日(土)に下記要項にてワークショップ"Japan-Indonesia Forum on Islamic Ethics, Economics and Governance"を開催しました。

    ・日時:2014年6月21日(土)13時~19時
    ・場所:京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    【Program】
    13:00-13:15: Opening Remarks

    13:15-14:15: Keynote Lecture
    Dr. Nur Indah Riwajanti (Visiting Associate Professor, Kyoto University) "Islamic Microfinance in Indonesia: Development, Challenges and Contribution"

    14:30-16:30: Session 1
    Hassan Shakeel Shah (Universiti Brunei Darussalam)
    "The Role of the Shari'ah Department in the Bank Islam Brunei Darussalam"

    Kentaro KAMBARA (Kyoto University)
    "Theory and Practice of Rahn (Pawnbroking) in Islamic Finance: Its Characteristics of Brunei Products"

    Mari ADACHI (Kyoto University)
    "Zakat Practice in Indonesia: Its History and Contemporary Issues"

    Khashan Ammar (Kyoto University)
    "Riba and Bay'a: Reflections on the Qur'anic Verses, Prophetic Traditions and their Interpretations"

    16:45-18:45: Session 2
    Shun WATANABE (Kyoto University)
    "Historical Turbulence and the Regime Stability of the Hashemite Kingdom of Jordan: A Study on its Internal and External Political Process from the 1967 War to the Black September"

    Minako MURANAKA (Kyoto University)
    "Arab Uprising and the Unfolding Civil War in Syria"

    Fukiko IKEHATA (Kyoto University)
    "Amman Message from Jordan: Sunni-Shiite Conflicts and Path to Reconciliation in the Middle East"

    Kensuke YAMAMOTO (Kyoto University)
    "Judaization Policy and Palestinian Resistance in the Old City of Hebron / al-Khalil"

    18:45-19:00: Closing Remarks

    →報告

  • 5月30日~6月1日
    第5回イスラーム・文明・科学国際シンポジウム開催のお知らせ

    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、京都大学科学研究費基盤研究(A)「グローバル化時代に対応する21世紀型イスラーム学の構築」、京都大学学際融合教育研究推進センター・アジア研究教育ユニット(KUASU)、マレーシア国民大学イスラーム文明研究所は、2014年5月30日(金)、31日(土)、6月1日(日)に下記要項にて国際ワークショップ(5th International Symposium on Islam, Civilization, and Science: Islam as a Basis for Civilizational Thought and Development)を開催しました。

    日時:2014年5月30日(金)16時~18時、31日(土)13~19時、6月1日(日)9時20分~19時30分
    場所:京都大学稲盛財団記念館3階大会議室
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_m.htm
    言語:英語

    【Program】
    30th May
    OFFICIAL CEREMONY
    16:00 - 16:15: Welcome Speech by Prof. Dr. Yasushi Kosugi, Dean of ASAFAS,Kyoto University (KU)
    16:15 - 16:45: Speech by Prof. Datuk Dr. Noor Azlan Ghazali, Vice Chancellor of Universiti Kebangsaan Malaysia (UKM)
    16:45 - 17:30: Keynote Speech and Officiating ISICAS 2014 by YABhg Tun Abdullah Hj Ahmad Badawi, Fifth Prime Minister of Malaysia
    17:30 - 18:00: Launching of 'Hadhari Center for Islamic Civilizational Studies' at Kyoto University

    31st May
    13:00 - 13:15: Opening Remarks

    13.15 - 14:00: Keynote Speech 1: Prof. Dato' Dr. Mohd Yusof Hj Othman, FASc (UKM)
    Wasatiyyah: The Way Forward for Islam Hadhari

    14:00 - 14:45: Keynote Speech 2: Prof. Dr. Yasushi Kosugi (ASAFAS, KU)
    Islamic Civilization and its Prospective Contributions to the Global Society

    15:00 - 16:40: Session 1
    Prof. Dato' Dr. Ismail bin Haji Ibrahim (Universiti Islam Malaysia)
    Impacts of Globalisation: The Islamic Response

    Prof. Dr. Mohd Nasran Mohamad (UKM)
    Islamophobia in Western Societies with Special Reference to OIC Observatory Reports

    Ms Ayaka Kuroda (ASAFAS, KU)
    Islam, Post-Nationalism, Post-Secularism: Theoretical Issues in the Study of Islamic Politics

    Dr. Muhammad Hilmi Jalil (UKM)
    Human Identity: Between Islam and the West

    17:00 - 19:00: Session 2
    Dr. Muhammad Hakimi Mohd Shafiai (UKM)
    The Role of State-Created Agencies in Promoting the Islamic Microfinance Institutions to Fight Rural Poverty

    Dr. Nur Indah Riwajanti (ASAFAS, KU)
    Exploring the Prospect and Economic Development Role of Islamic Microfinance Institutions in Developing Microenterprises: Empirical Analysis on Clients and Suppliers Perspective in Indonesia

    Dr. Mohd Adib Ismail (UKM)
    Roles of Information in Capital Market: The Case of Government Interventions

    Dr. Shinsuke Nagaoka (ASAFAS, KU)
    Waqf and Reinventing the Islamic Economic System in the Modern World: Pioneering Practice in Singapore

    Dr. Mohd Ali Mohd Noor (UKM)
    The Axiomatic Approach of Tawhid in Solving Issues in Halal Economy

    1st June
    9:20 - 11:00: Session 3
    Mr. Kensuke Yamamoto (ASAFAS, KU)
    Politics of Demography and Urban Space in "the Land of Prophets": Israeli Palestinian Conflict and Occupation Policy

    Assoc. Prof. Dr. Mohamad Sabri Haron (UKM)
    Wealth Preservation in the Context of Maqasid al-Syari'ah (Objectivesof Shariah): Malaysia's Role in Realizing the Concept of Economic Jihad

    Mr. Kentaro Kambara (ASAFAS, KU)
    Economics of Rahn (Islamic Pawnbroking): Issues and Cases in Brunei Darussalam

    Dr. Ai Kawamura (ASAFAS, KU)
    Developing Stage of Dispute Resolution System for Islamic Finance: Malaysia Model and Dubai Approach

    11:15 - 13:15: Session 4
    Assoc. Prof. Dr. Latifah Amin (UKM)
    Islamic Perspectives on the Permissibility Status of Plant Biotechnology

    Mr. Mohamad Firdaus Pozi (UKM)
    Muslim Responses to Quantum Theory and the Nature of Reality

    Prof. Dr. Siti Rugayah Hj. Tibek (UKM)
    Language Style of 'Matal' al-Quran as A Media of Preaching

    Assoc. Prof. Dr. Mazlan Ibrahim (UKM)
    Uslub Al-Quran in Explaining Human Behaviour

    Prof. Dato' Paduka Zakaria Stapa (UKM)
    Sufism as A Pivotal Point of Islamic Strength

    13:15 - 14:00: Poster Session
    Prof. Datin Paduka Dr. Jawiah Dakir (UKM)
    Comparative Study of Islamic and Western Pespectives on Well-Being Indicators

    Dr. Ermy Azziaty Rozali (UKM)
    The Response of the Malay Society towards the Abolition of the Ottoman Caliphate

    Assoc. Prof. Dr. Roziah Sidek @ Mat Sidek (UKM)
    The Concept of Interaction between Islamic and Other Civilizations

    Ms Amira Ajeerah binti Mohd Samsi (UKM)
    The Applicability of Ar-Rahn for Micro Enterprise Survival: An Analysis from Tawhidi Economics Perspectives

    Dr. Toshiyuki Takeda (ASAFAS, KU)
    Modern Developments of Arabic as a Language of Islamic Civilization

    Mr. Khashan Ammar (ASAFAS, KU)
    Mapping the Revival of Hadith Science in the 20th Century Mashriq

    Ms Mari Adachi (ASAFAS, KU)
    Renovation of Contemporary Zakat in Indonesia: Toward Islamic Economics of Philanthropy and Community Welfare

    Ms Fukiko Ikehata (ASAFAS, KU)
    Resurgence or New Making of Sectarianism? Sunni=Shi'i Ideological Conflict in the Contemporary Middle East

    Ms Minako Muranaka (ASAFAS, KU)
    Civil War in Syria as Violent Manifestation of Ungovernability: Reflections on Its Structural Causes

    Mr. Kazunori Matsuda (ASAFAS, KU)
    Revival of Sufism and Tariqa in the 19th Century South Asia: The Case of Mujahidin Movement

    15:00 - 17:00: Session 5
    Prof. Dr. Khairul Anwar Mastor (UKM)
    Role of Religiosity in the Development of Personality and as Protective Mechanism against Disobedience

    Dr. Bayu Taufiq Possumah (UKM)
    Economic Distribution in Islam: Virtues and Philosophical in Nature

    Prof. Dr. Azami Zaharim (UKM)
    Enhancing Engineers: Engineering Ethics to Care for the Society

    Assoc. Prof. Dr. Fariza Md Sham (UKM)
    Islamic Psychotherapy Approaches to Overcome Teenager's Hysterical Experience in Malaysia

    Mr. Naoki Yamamoto (ASAFAS, KU)
    Sufism of the "Anti-Sufi"? Imam Birgivi on Islamic Revivalism in the Ottoman Empire

    17:15 - 19:15: Session 6
    Assoc. Prof. Dr. Jaffary Awang (UKM)
    The Role and Contributions of Non-Malay Muslims in Promoting Inter-Religious Dialogue in Malaysia

    Ms. Ammalina Dalillah Mohd Isa (UKM)
    Ship Building Industry In The Era Of Sultan Muhammad Al-Fatih

    Ms. Nurliyana Mohd Talib (UKM)
    Orientalist Methodology in the Study of Islamic History and Civilization

    Mr. Shun Watanabe (ASAFAS, KU)
    Regime Stability and Vulnerability of the Arab Monarchical States: The Case of Hashemite Kingdom of Jordan

    Assoc. Prof. Dr. Mashitoh Yaacob (UKM)
    Ethics of Consumption

    19:15 - 19:30: Closing Ceremony by Prof. Dato' Dr. Mohd Yusof Hj Othman FASc, and Prof. Dr. Yasushi Kosugi

    なお準備とセキュリティーの都合上ご参加いただける場合には必ずinq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jpにご連絡ください。
    なお、上記のメールアドレスの「アット・マーク」は、スパムメール防止のため、画像を使っております。あしからず、ご了承ください。

  • 4月13日
    フレデリック・ボダン教授来日セミナー

     このたび、早稲田大学イスラーム地域研究機構と京都大学イスラーム地域研究センターは、アラビア語写本研究で知られるベルギー・リエージュ大のフレデリック・ボダン教授をお招きし、下記の要領にて、研究セミナーを共催で開きました。
     マムルーク朝時代の歴史家マクリーズィーが伝えるモンゴルの慣習法「ヤサ」を巡る議論を扱いつつ、マクリーズィーによる歴史叙述のあり方を考察する、大変興味深いご研究を発表して頂きました。

    講師:Frederic Bauden氏(リエージュ大学教授、パリ第4大学客員教授)

    場所:京都大学本部構内総合2号館4階第1講義室(AA401)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    日時:2014年4月13日(日)15:00~17:00

    共催:京都大学イスラーム地域研究センター、早稲田大学イスラーム地域研究機構

    演題:Deception and the value of truth: a case study from the fifteenth century

    言語:英語(通訳なし)
  • 3月11日
    Aurangzeb Haneef 氏来日講演会(3/11, 3/15)のご案内

     この度、人間文化研究機構(NIHU)プログラム・イスラーム地域研究と現代インド地域研究の連携事業(地域研究間連携研究の推進事業)では、下記の要領により講演会を開催しました。

    講演者のアウラングゼーブ・ハニーフAurangzeb Haneef 氏は、パキスタン・ラホールのLahore University ofManagement Sciences (LUMS)のTeaching Fellowで、国際的な平和構築や紛争調停をご専門とする新進気鋭の若手研究者です。以下が著作の一例です。

    ・"Education in Muslim Societies: Learning from the Past" in Basit, Abdul (ed.) (2012): Global Muslim Communities at a Crossroads: Understanding Religious Beliefs, Practices, and Infighting to End the Conflict, Praeger: Santa Barbara.

    ・"Islam: A system of Salaam/Peace" in Dietrich, Wolfgang et al (eds.) (2011): International Handbook on Peace, Palgrave McMillan: London/New York.

    今回は教育に関するご講演をいただきます。
    日時: 2014年3月11日(火) 16:00~18:00
    会場: 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    講演者:Aurangzeb Haneef (Lahore University of Management Sciences)
    演題: Education in Muslim societies: Past and Present
    言語: 英語(通訳なし)

    お問い合わせ:
    京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属イスラーム地域研究センター事務局
    inq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jp

  • 3月5日
    オスマン帝国末期の農地改革と抵抗運動に関する講演会(3/5)のお知らせ

    早稲田大学拠点は、トルコ共和国の中東工科大学(Middle East Technical University) から、E.アッティラ・アイテキン(Dr. E. Attila Aytekin)氏をお招きして、講演会 を開催しました。
    アイテキン氏は、近代オスマン帝国経済史を牽引してきた故ドナルド・カータルト教授のもとで博士論文を完成させ、その後も多数の論考を発表している新進気鋭の研究者です。

    日時:2014年3月5日(水) 16:00-18:00
    会場:京都大学 本部構内 総合2号館 4階第1講義室(AA401)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    題目:"Agrarian Relations, Reform, and Peasant Protest in the 19th-century Ottoman Empire"
    講演者:E. Attila Aytekin (Assistant Professor, Middle East Technical University )

    →報告

  • 2月23日
    このたびNIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班は、オイルショック40周年、日章丸事件60周年にあたり公開シンポジウム「日本と中東 日本と石油」を開催いたしました。
    中東地域研究、アメリカ現代史研究、日本経済史研究の専門家が、様々な角度から、日本、石油、中東をめぐる様々な問題について議論しました。

    <趣旨>
    2013年は日本と石油、日本と中東との関わりにとってきわめて象徴的な年であった。1953年のいわゆる日章丸事件から60年、さらに1973年のオイルショックから40年。いずれも日本と中東・石油の関係を大きく変化させただけではなく、日本の経済やエネルギーの方向性をも変容させる大事件であった。そして現在、東日本大震災と福島第一原発事故を経て、迷走をつづけた日本の新しいエネルギー政策がようやく姿を現しはじめている。安倍政権は成立直後から積極的に中東外交を展開しており、「福島後」の新たなエネルギーの枠組のなかで中東は新しい役割を割り振られるようとしている。本シンポジウムは、日本と中東・石油の関係を回顧しながら、日本の中東外交やエネルギー政策のありかたを探っていこうとするものである。

    【日時】:2014年2月23日(日)13:30-17:30
    【場所】:京都大学川端キャンパス稲盛財団記念館3階大会議室
    (アクセスは案内文下のアクセス・交通機関をご参照ください)

    プログラム:
    13:30-14:00
    保坂修司(日本エネルギー経済研究所研究理事)
    「日本と石油と中東をめぐる40年と60年と400年」

    14:00-14:30
    坂梨祥(日本エネルギー経済研究所研究主幹)
    「イランから見た日章丸事件」

    14:30-15:00
    小野沢透(京都大学大学院文学研究科准教授)
    「アラビア石油と国際石油秩序の変質」

    15:10-15:40
    小堀聡(名古屋大学大学院経済学研究科准教授)
    「日本の高度成長とエネルギー問題」

    15:40-16:10
    堀拔功二(日本エネルギー経済研究所研究員)
    「日本のエネルギー資源外交と中東」

    16:20-17:20
    パネルディスカッション・質疑応答

    17:20-17:30
    小杉泰(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授)
    総括・クロージングリマークス

    *会場準備の都合上、参加をご希望の方は、事前にKIAS事務局
    inq-kias@asafas.kyoto-u.ac.jp までご連絡いただけると幸いです。

    <アクセス・交通機関>
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/pdf/campus.pdf

    最寄り駅:京阪電鉄『神宮丸太町駅』下車。川端通を北へ徒歩約5分。

    JR京都駅から
    ・タクシー:『荒神橋東詰(こうじんばしひがしづめ)の稲盛財団記念館へ』とご指定ください(約30分)。

    ・JRと京阪電鉄:JR奈良線 各停 城陽行(140円)『東福寺』駅下車。
    京阪本線に乗り換え 各停 出町柳行(260円)『神宮丸太町』駅下車。
    所要時間約18分。川端通を北へ徒歩約5分。

    ・市バス:205系統か4系統か17系統『荒神口(こうじんぐち)』下車。所要時間約30分。バス停より徒歩約5分。

    ・京都バス:17系統『荒神橋(こうじんばし)』下車。所要時間約30分。バス停から道路を渡ってすぐ。

    ・阪急河原町駅から
    市バス :59系統か37系統か17系統で「荒神口」下車、バス停より徒歩約5分。

    →報告

  • 2月7日
    KIASグローバル研究セミナー ハーレド・ファフミー教授研究講演会のお知らせ

    このたびNIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点は、2013年度第2回KIASグローバル研究セミナーとして、カイロ・アメリカン大学のハーレド・ファフミー教授の研究講演会を、 科研費基盤研究(B)「「アラブの春」の社会史的研究―エジプト「1月25日革命」を中心に―」と共催で、下記要領にて開催いたしました。

    【日時】:2014年2月7日(金)16:00-18:00
    【場所】:京都大学稲盛財団記念館3階小会議室

    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/about/access
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/pdf/campus.pdf

    最寄り駅:京阪電鉄『神宮丸太町駅』下車。
    川端通を北へ徒歩約5分。

    講演者:ハーレド・ファフミー(カイロ・アメリカン大学・歴史学科長、元ニューヨーク大学)

    タイトル:"Islamists, the Military and the 25th January Revolution"

    使用言語:英語

    主催:
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究・京都大学拠点
    科研費・基盤研究(B)「「アラブの春」の社会史的研究―エジプト「1月25日革命」を中心に―」(代表:大稔哲也)

    →報告

  • 2月6日
    講演会「現代インドにおけるムスリムの諸相」(2/6)のご案内

    この度、「人間文化研究機構(NIHU)プログラムイスラーム地域研究」では、下記の要領により講演会を開催いたしました。講演者のA.F.マシュー氏(Dr.Aratukulangara Francis Mathew)は、インド・カリカットのIndian Institute of Management(IIM)の准教授で、現代インドにおける人権やマイノリティの問題について幅広い見地からご研究されています。
    多数の著作をお持ちで、以下がその一例です。

    ・A.F.Mathew (ed.), Some Essays on Postmodernism, Globalisation and the Media, Ahmedabad: MICA Publications, 2008.
    ・A.F.Mathew, "Some Narratives on Kashmir and the Indian Media", Journal of the Indian Anthropological Society, Vol. 41, No 3, 2007.

    今回は現代インドのムスリムに関するご講演をいただきます。
    【日時】: 2014年2月6日(木) 15:00~17:00
    【会場】: 京都大学本部構内総合2号館4階第1講義室(AA401)
    百万遍交差点(今出川通り)の京都大学北門(百万遍門)から入りすぐ左手の建物が総合研究2号館です。
    北側入り口付近のエレベーターにて4階にお越しください。

    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

    【演題】: Nationality Movements in India: A Case of Subsumed History

    【言語】: 英語(通訳なし)

    お問い合わせ:
    京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属イスラーム地域研究センター事務局
    inq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jp
    TEL:075-753-9640

  • 2月4日
    KIAS-IMS JOINT SEMINAR "Society and Culture of the Mediterranean World"開催のご案内

    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)は、釜山外国語大学地中海研究所(IMS)と共催で、第3回国際合同セミナー"Society and Culture of the Mediterranean World"を下記要領にて開催しました。

    【日時】:2014年2月4日(火)13:00-17:20
    【場所】:京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)

    *以下のリンク先の地図をご参照ください。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    【使用言語】:英語
    Program

    Opening Session (13:00-13:20) Chair: IMAMATSU Yasushi (Researcher of NIHU[1] and Visiting Associate Professor of ASAFAS[2])

    TONAGA Yasushi (Deputy Director of KIAS[3] and Professor of ASAFAS)
    "Welcome Speech"

    Yoon, Yong-Soo (Director of IMS[4] and Professor in Arabic Dept)
    "Greeting Speech"

    Session 1: Religion and Society in the Mediterranean World (13:20-14:20)

    Chair: Choi, Chun-Sik (Previous Director of IMS and Professor in French Dept)

    Woo, Duck-Chan (Professor in Turkish and Central Asian Dept)
    "The Possible Solution of the Alevi Issue in Turkey"

    MARUYAMA Daisuke (Postdoctoral Research Fellow of Japan Society for the Promotion of Science, Kyoto University)
    "Ethics and Education: Comparison between al-Tariqa al-Qaridiya and al-Tariqa al-Rukayniya in Sudan"

    Session 2: Politics and Society in the Mediterranean World (14:40-15:40)

    Chair: Yoon, Yong-Soo

    KURODA Ayaka (Graduate Student, ASAFAS)
    "Islamic State and Religious Coexistence: Visions of Islamic Intellectuals in Egypt"

    KOSUGI Yasushi (Director of KIAS and Professor of ASAFAS)
    "Nationalism, Confessionalism and Democratization: Reflections on Civil War in Syria"

    Session 3: Culture and Society in the Mediterranean World (16:00-17:00)

    Chair: NAGAOKA Shinsuke (Associate Professor of ASAFAS)

    Kang, Ji-Hoon (HK Researcher in IMS)
    "A Study on Electronic Culture Atlas for Mediterranean Region Research"

    Park, Eun-Jee (HK Research Professor in IMS)
    "Maghrebi stardom in contemporary French cinema: the case of Sami Bouajila"

    Closing Session (17:00-17:20)

    Chair: IMAMATSU Yasushi

    KOSUGI Yasushi
    "Closing Remarks"

    [1] NIHU=National Institutes for the Humanities of Japan
    [2] ASAFAS= Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University
    [3] KIAS= Center for Islamic Area Studies, Kyoto University
    [4] IMS= Institute of Mediterranean Studies, Pusan University of Foreign Studies

    →報告

  • 1月17日
    IAS-INDAS 連携事業
    「南アジア現代社会の政治と思想」研究会のお知らせ

    このたびNIHU「地域研究間連携研究の推進事業」(イスラーム地域研究(IAS)と現代インド地域研究(INDAS)の連携事業)は、下記要領にて研究会を開催いたしました。

    本研究会では、2013年パキスタン総選挙の分析を中心に、ムスリム諸派の動向などの報告が行われます。

    【日時】 2014年1月17日(金)15:00-18:00
    【場所】 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階第1講義室(AA401)

    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    【プログラム】
    15:00-15:10
    挨拶

    15:10-16:00
    黒崎卓(一橋大学)
    「2013年パキスタン総選挙での投票行動に関する定量分析」(仮題)

    16:00-16:50
    山根聡(大阪大学)
    「2013年総選挙をめぐるパキスタン情勢とムスリム諸派の動向」

    17:10-17:30
    中溝和弥(京都大学):コメント

    17:30-18:00
    質疑応答

    会場準備の都合上、参加をご希望の方は、inq-kias@asafas.kyoto-u.ac.jpまでご一報いただけますようお願い申し上げます。

    共催:
    イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班
    科研費基盤研究B「9.11後のパキスタンにおける権力構造の変化に関する複合的研究」
    科研費基盤研究B「南アジア諸語イスラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」




  • 12月6日
    IAS-INDAS 連携事業「パキスタンにおけるイスラーム思想のスペクトラム:モイヌッディーン・アキール先生講演会」のお知らせ

    このたびNIHU「地域研究間連携研究の推進事業」(イスラーム地域研究(IAS)と現代インド地域研究(INDAS)の連携事業)は、下記要領にて「パキスタンにおけるイスラーム思想のスペクトラム:モイヌッディーン・アキール先生講演会」を開催いたします。

    皆様のご参加をお待ち申し上げております。

    「パキスタンにおけるイスラーム思想のスペクトラム:モイヌッディーン・アキール先生講演会」

    【日時】 2013年12月6日(金)16:00-17:30
    【場所】 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階第1講義室(AA401)

    会場は以下のリンク先地図をご参照ください。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    【プログラム】
    講演者:モイヌッディーン・アキール(元カラチ大学教授)
    タイトル:Islam and Pakistan: An Overview of Affinity and Challenges

    発表は英語で行われます。
    会場準備の都合上、参加をご希望の方は、inq-kiasasafas.kyoto-u.ac.jpまでご一報いただけますようお願い申し上げます。

    共催:
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班
    科研費基盤研究A「グローバル化時代に対応する21世紀型イスラーム学の構築」
    同基盤研究B「南アジア諸語イスラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」

  • 11月25日
    SOASCIS-ASAFAS Second Joint International Seminar, Islamic Studies in the Age of Globalisation: The New Horizons

    KIAS, ASAFASはブルネイ・ダルサラーム大学スルターン・オマル・アリー・サイフッディーン・イスラーム研究センターと共催で国際セミナー"SOASCIS-ASAFAS Second Joint International Seminar, Islamic Studies in the Age of Globalisation: The New Horizons"を開催しました。

    日時:2013年11月25日(月)、26日(火)
    場所:Discussion Room, The Core, Universiti Brunei Darussalam

    主催:
    Sultan Omar 'Ali Saifuddien Centre for Islamic Studies (SOASCIS), Universiti Brunei Darussalam (UBD)
    Center for Islamic Area Studies at Kyoto University (KIAS)
    Grant-in-Aid for Scientific Research (A) "Constructing the Study of Islam Appropriate for the Global Era of the 21st Century" (JSPS, Kyoto University)

    【プログラム】
    Day 1:
    08:30 - 09:30 Opening Ceremony [Moderator - Dr Hassan S. Gubara]
    08:30 - 08:35 Recital of Surat al-Fatihah [Jannatul H. Bin A. Nuar]
    08:35 - 08:50 Welcoming Remarks by SOASCIS Chair Professor and Director, Professor Datuk Osman Bakar
    08:50 - 09:00 Guest of Honour (from UBD Senior Management Team) 09:00 - 09:15 Remarks by Professor Yasushi Kosugi, Head of Kyoto Islamic Area Studies (KIAS), Kyoto University & Head of Kyoto University Delegation
    09:15 - 09:30 Knowing Each Other: Ta'aruf

    Session 1: Special Presentations [Moderator - Aikol Bolotbekova]
    10:00 - 10.30 Professor Osman Bakar (SOASCIS)
    Global Islamic Studies in the Post-Islamic Revival Era: New Transformations and their Implications for Asia
    10:30 - 11:00 Professor Yasushi Kosugi (ASAFAS)
    Forming a New Stage of Islamic Studies in the Global Age: Asian Initiatives
    11:00 - 11:30 Discussion

    Session 2 [Moderator - Fareed A. Malik]
    11:30 - 11:50 Meinhaj Hussain (SOASCIS)
    The Task of Islamization of Knowledge and Malek Bennabi
    11:50 - 12:10 Ayaka Kuroda (ASAFAS)
    Islamic Civilization and Religious Tolerance: Contemporary Egyptian Debates
    12:10 - 12:30 Discussion

    Session 3 [Moderator - Jibra'il bin Yusuf]
    13:45 - 14:15 Associate Professor Shinsuke Nagaoka (ASAFAS)
    Creating a Sustainable Economic System: Lessons from the Islamic Economics and Finance
    14:15 - 14:35 Hassan S. Shah (SOASCIS)
    Influence of Shari'ah Governance in Islamic Financial Institutions
    14:35 - 14:55 Ai Kawamura (ASAFAS)
    Islamizing Financial Disputes: A New Trend in Dispute Resolution for Islamic Finance
    14:55 - 15.15 Discussion

    Session 4 [Moderator - Christoph A. Bracks]
    15:45 - 16:15 Dr. Emiko Sunaga (ASAFAS)
    Publishing of Quranic Interpretations in South Asia and Maulana Maududi's Contributions
    16:15 - 16:35 Hilmy Baihaqy Yussof (SOASCIS)
    The Role of the Qur'an in Science Education with Specific Reference to Bruneian Secondary Schools
    16:35 - 16:55 Rahmat Hidayat
    Metonymy Expression in the Qur'an and Its Translation into Malay-Indonesian Language
    16:55 - 17:25 Discussion

    Day 2:
    Session 5 [Moderator - Hassan S. Shah]
    08:00 - 08:20 A. A. Hubur (SOASCIS)
    Waqf : Its Administration and Development in Brunei Darussalam
    08:20 - 08:40 Marie Sato (ASAFAS)
    Islamic Charity and Refugee Relief in Jordan
    08:40 - 09:00 Hj. Sham Hj Amin (SOASCIS)
    The Role of the Mosque Affairs Department in Brunei Darussalam
    09:00 - 09:30 Discussion

    Session 6 [ Moderator - Meinhaj Hussain]
    10:00 - 10:20 Fareed A. Malik (SOASCIS)
    Globalisation and Its Impact on Socio-Religious Muslim Traditions in the Post-Colonial Period: A Comparative Case Study of Brunei Darussalam and Kashmir
    10:20 - 10:40 Kensuke Yamamoto (ASAFAS)
    Social Life and Historical Heritage in an Islamic City, al-Khalil in Palestine
    10:40 - 11:00 Muhammad Kalim Ullah Khan (SOASCIS)
    Internationalization: The regional and International Ramifications of Conflict[s] in Pakistan
    11:00 - 11:30 Discussion

    Session 7 [ Moderator - Hilmy Baihaqy Yussof]
    11:30 - 11:50 Shun Watanabe (ASAFAS)
    Jordan as a Modern Arab-Islamic Kingdom
    11:50 - 12.10 Jibra'il Bin Yusuf (SOASCIS)
    Muslim Leadership in Ghana and Brunei Darussalam: A Critical Comparative Study
    12:10 - 12:30 Discussion

    Session 8 [Moderator - AA Hubur]
    13:45 - 14:15 Pg Dr Norhazlin Pg Haji Muhammad (SOASCIS)
    The Coming of Islam to Brunei Darussalam and Its Impact on the Development of Islamic Studies in the Sultanate
    14:15 - 14:35 Kentaro Kambara (ASAFAS)
    Economic Development and the Malay Muslim World: A Japanese View
    14:35 - 15:00 Discussion

    Session 9 [Moderator - Hj Sham Hj Amin]
    15:30 - 15:50 Jannatul H. Bin A. Nuar (SOASCIS)
    Sheikh Fadani as a Hadith Scholar
    15:50 - 16:10 Christoph A. Bracks (SOASCIS)
    The Sultanate of Sulu, Sabah, : The Decline of Power in the 19th Century with a Special Focus on Border Demarcation and Present-day Claimants of Sultan of Sulu
    16:10 - 16:40 Discussion

    16:40 - 17:10
    Roundtable Discussion [Moderator - Associate Professor Jabal M. Buaben]

    17:10 - 17:30
    Closing Remarks by Professor Datuk Osman Bakar and Professor Yasushi Kosugi

    →報告

  • 11月22日
    スーフィズム・聖者信仰研究会(KIAS/ SIAS連携研究会)と、CNRS(フランス国立科学研究センター)は第2回French Japanese seminar, “Saint Cults, Mausoleums, and Sufi Linages”を開催しました。

    会場:CNRS (Le Centre National de la Recherche Scientifique)
    時間:2013年11月22日(金)10:00~18:30

    【プログラム】
    10:00 Opening:
    AKAHORI Masayuki; Pierre-Jean LUIZARD ; TONAGA Yasushi; Thierry ZARCONE

    Session 1: Sacred Sufi Objects in Saint Veneration
    Chair: TONAGA Yasushi (Kyoto University)

    10:15 KOMAKI Sachiyo (Takasaki City University of Economics)
    “The Barelwi Movement and Its Influence on the Cult of Islamic Relics in Contemporary India”
    11:00 Discussant: Pierre-Jean LUIZARD (GSRL - CNRS / EPHE)
    11:15 Questions

    11:30 Thierry ZARCONE (GSRL - CNRS / EPHE):
    “Symbols and Rituals: Sacred Flags and Banners in Sufi Brotherhoods and at Saints Tombs”
    12:15 Discussant: AKAHORI Masayuki (Sophia University)
    12:30 Questions

    Session 2: The saint and the Sufi
    Chair: AKAHORI Masayuki (Sophia University)

    15:00 NAKANISHI Tatsuya (Kyoto University)
    “Sainthood and Numinous Texts: Why Did Chinese Qadiri Sufis Preferably Use Taoist Words?”
    15:45 Discussant: Alexandre PAPAS (CNRS - CETOBAC / EHESS)
    16:00 Questions

    16 :15 Pierre-Jean LUIZARD (GSRL - CNRS / EPHE)
    “The Kasnazaniyya Sufi Tar?qa in Iraqi Kurdistan (19th-20th Centuries): A Family Legitimacy through Sacred Lineage Rather Than through Tomb Cult”
    17:00 Discussant: TAKAHASHI Kei (Sophia University)
    17:15 Questions

    18:00-18:30 General Discussion

    →報告

  • 11月12日
    KIAS グローバル研究セミナー「イスラームの聖典クルアーン朗誦に関する講話と実演」のお知らせ

    ハッジャ・マリア・ウルファ先生(インドネシア・クルアーン朗誦研究院院長)
    「イスラームの聖典クルアーンとその朗誦」(講話と実演)

    東南アジアには、たくさんの女性のクルアーン朗誦家がいます。ウルファ先生はその中でも、国際的に最も著名な実力派として知られています。
    今回は、ウルファ先生ご来日の機会に、ASAFASでも講話と朗誦の実演をおこなっていただけることになりました。

    会場:総合研究2号館4階 第1講義室
    時間:2013年11月12日(火)午後4時半~5時半

    会場は、以下のリンク先の地図をご確認ください。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    共催:
    科学研究費補助金基盤研究(A)「グローバル化時代に対応する21世紀型イスラーム学の構築」

    →報告

  • 10月2日
    International Workshop on Civil Society Organizations in the Middle East and Asia開催のお知らせ

    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)は、京都大学臨地教育支援センター(COSER)、英国ダラム大学イスラーム金融教育センター、京都大学科学研究費基盤研究(A)「グローバル化時代に対応する21世紀型イスラーム学の構築」、英国ダラム大学イスラーム金融教育センターとの共催で、国際ワークショップ(International Workshop on Civil Society Organizations in the Middle East and Asia)を開催しました。本ワークショップは、COSERが実施する院生主体の国際研究集会助成プログラム(国際研究発信力強化プログラム・リサーチC&Mコース)の一環として開催されるものです。

    日時:2013年10月2日(水)11:00-18:15
    場所:京都大学本部構内総合研究2号館(旧工学部4号館)4階会議室(AA447号室)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    [Program]

    11:00-11:15: Opening Remarks
    by Marie SATO (Head of the Organizing Committee, ASAFAS, Kyoto University)

    11:15-12:15: Session 1: Civil Society Organizations in the Middle East I
    Marie SATO (ASAFAS, Kyoto University)
    "Islamic NGOs in the Contemporary Middle East: A Case of Jordan"
    Iyas SALIM (Doshisha University)
    "People 2 People Empowerment Muslim Civil Society in Turkey and its Transnational Development Role in Palestine"

    13:30-15:00: Session 2: Civil Society Organizations in the Middle East II
    Ayaka KURODA (ASAFAS, Kyoto University)
    "Islam and Religious Coexistence in Egypt: Preliminary Discussion"
    Shun WATANABE (ASAFAS, Kyoto University)
    "Authoritarianism, Representation, and Political Participation: An Egyptian Dilemma"
    Kensuke YAMAMOTO (ASAFAS, Kyoto University)
    "Politics of Demography and Palestine Question: A View from al-Khalil / Hebron"

    15:15-16:15: Session 3: Civil Society Organizations: Comparative Perspectives I
    Tomoyuki WATANABE (ASAFAS, Kyoto University)
    "The Role of Intermediate Group and the Social Relationships of Childcare: A Case Study of Integrated Child Development Services in Delhi, India"
    Dr. Maszlee Malik (International Islamic University Malaysia)
    "Islamists' Perspective on Good Governance and Human Rights: Pertubuhan Jamaah Islah Malaysia (JIM)'s involvement in Abolish Internal Security Act (ISA) Movement (Gerakan Mansuhkan ISA), 2000-2012"

    16:30-18:00: Session 4: Civil Society Organizations: Comparative Perspectives II
    Dr. Tawat NOIPOM (Prince of Songkla University)
    "Can Islamic Micro-financing Improve the Lives of the Clients: Evidence from a Non-Muslim Country"
    Dr. Nur Indah RIWAJANTI (State Polytechnic Malang)
    "Exploring the Role of Islamic Microfinance Institution in Poverty Alleviation Through Microenterprises Development, A Case Study of Indonesia"
    Kentaro KAMBARA (ASAFAS, Kyoto University)
    "Islamic Retail Financial Products in Malaysia: Japanese Reflections"

    18:00-18:15 Closing Remarks
    by Dr. Mehmet ASUTAY (Durham University)

    →報告

  • 10月1-2日
    第7回イスラーム経済国際ワークショップ開催のお知らせ

    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、京都大学科学研究費基盤研究(A)「グローバル化時代に対応する21世紀型イスラーム学の構築」、英国ダラム大学イスラーム金融教育センターは国際ワークショップ(7th Kyoto-Durham International Workshop in Islamic Economics and Finance: New Horizons in Islamic Economics, "Socio-Economic Role of Islamic Finance and its Potential at the Post-Capitalist Era")を開催しました。

    日時:2013年10月1日(火)13:00-18:15、2日(水)9:00-10:45
    場所:京都大学本部構内総合研究2号館(旧工学部4号館)4階会議室(AA447号室)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    [Program]:

    DAY1
    13:00-13:15: Opening Remarks

    13:15-14:45: Keynote Session
    Dr. Mehmet Asutay (Durham University)
    "Locating Islamic Moral Economy within Emergence Economics: A Search in Post-Capitalist Era"
    Prof. Yasushi Kosugi (Kyoto University)
    "Principal and Strategic Tasks of Islamic Economics in the Current and Coming Decades"

    15:15-17:15 Session 1: New Waves of Islamic Economics
    Dr. Shinsuke Nagaoka (Kyoto University)
    "Revivals of the Traditional Islamic Economic Institutions with Novel Devices in the Second Decade of the 21st Century"
    Alija Avdukic (Durham University)
    "Social Welfare Functions and Public Choice from the Islamic Political Economy Perspective: Correcting the Failure of Islamic Banking and Finance"
    Dr. Maszlee Malik (International Islamic University Malaysia)
    "Islahi Social Capital: a Conceptual Approach Towards Faith-Based Development and Poverty Alleviation"
    Frauke Demuth (Durham University)
    "Parallel Universes - What Islamic Finance can learn from Socially Responsible Investment"

    17:30-18:15 Session 2: Case Studies of GCC in Islamic Finance
    Elena Platonova (Durham University)
    "The Relationship between Corporate Social Responsibility Disclosure and Financial Performance: Empirical Evidence from GCC Islamic Banks"
    Tareq Hesham Moqbel (Durham University)
    "Examining the Sharia compliancy and the Realisation of Maqasid Al Sharia at the Contractual and Socio-Ethical Levels: The Case for Islamic Project Finance"
    Ai Kawamura (Kyoto University)
    "Islamic Finance's Exit from Dubai Shock: An Assessment of Dubai Approach from Financial Dispute"

    Day 2
    9:00-10:30 Session 3: Case Studies of Southeast Asia in Islamic Finance
    Dr. Azila Abdul Razak (Sultan Idris Education University)
    "Economic Significance of Mosque Institution in Malaysia"
    Dr. Dian Masyita (University of Padjadjaran)
    "Islamic Microfinance in Indonesia: An Empirical Research"

    10:30-10:45: Closing Remarks

    →報告

  • 9月29日
    スーフィズム・聖者信仰研究会(SIAS-KIAS連携研究会)
    2013年度第1回研究会のご案内

    「スーフィズム・聖者信仰研究会(SIAS-KIAS連携研究会)」は、科学研究費補助金基盤研究(B)「近現代スーフィズム・聖者信仰複合の動態研究」、同「南アジア諸語イスラーム文献の 出版・伝播に関する総合的研究」と共催で、 2013年度第1回研究会を開催しました。

    日時:2013年9月29日(日)13:00-17:00
    場所:京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階第1講義室(AA401) http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    プログラム

    13:00-13:10: 開会の挨拶

    13:10-14:55: 小牧幸代(高崎経済大学)
    "Islamic Reformist Movements and the Cult of Holy Relics"

    15:15-17:00: 中西竜也(京都大学)
    "Sainthood and Numinous Texts"

    発表は英語で、質疑応答は英語および日本語でも行われます。

    主催:スーフィズム・聖者信仰研究会(SIAS-KIAS連携研究会)

    共催:
    科学研究費補助金基盤研究(B)「近現代スーフィズム・聖者信仰複合の動態研究」
    科学研究費補助金基盤研究(B)「南アジア諸語イスラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」

  • 7月23-24日
    スーフィズム・聖者信仰研究会2013 年度合宿のお知らせ

     「スーフィー・聖者研究会*」は2013年度合宿研究会を開催しました。
    *KIAS/SIAS/科学研究費基盤研究(B)「近現代スーフィズム・聖者信仰複合の動態研究」(代表:赤堀雅幸)/科学研究費基盤研究(B)「南アジア諸語イスラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」(代表:東長靖)連携研究会

    2013 年7 月23 日(火)
    13:00-13:15 開会の挨拶・趣旨説明・自己紹介等

    13:15-15:15 研究発表1
    所(栃堀)木綿子(東京外国語大学)「アブドゥルカーディル・ジャザーイリーによるキリスト教・西欧理解」

    15:30-16:20 文献発表1
    山本直輝(京都大学) “Introduction,” Nile Green, Sufism: A Global History, Chichester: Wiley-Blackwell, 2012, 1-14

    16:30-18:30 研究発表2
    久志本裕子(上智大学)「マレーシア・インドネシアにおける「新しいマウリド」の展開とスーフィズム」

    2013 年7 月24 日(水)
    8:40-9:30 文献発表2
    高尾賢一郎(同志社大学)“Chapter 1: Origins, Foundations and Rivalries (850-1100),” Nile Green, Sufism: A Global History, Chichester: Wiley-Blackwell, 2012, 15-70.

    9:40-11:40 研究発表3
    澤井真(東北大学)「クシャイリーの神秘論における生と死」

    11:40-12:00 閉会の挨拶、解散

    →報告

  • 7月12日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)「イスラーム経済とイスラーム法」研究会のお知らせ

    イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)は、「イスラーム経済とイスラーム法」研究会を下記の要領で開催いたしました。

    日時: 2013年7月12日(金)、14時~17時
    場所: 京都大学本部構内総合研究2号館4階第2講義室(AA415)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    報告:
    報告者1
    「イスラーム金融商品の発展系譜と展望:非ハラーム制約かMaqasid al Shariahか」
    吉田悦章(国際協力銀行参事役、早稲田大学ファイナンス研究センター客員主任研究員)

    報告者2
    「イスラーム金融に係る民事紛争処理制度のフロンティア:ドバイ・アプローチの実効性と可能性」
    川村藍(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程、日本学術振興会特別研究員)

  • 6月2日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)上智大学イスラーム研究センター(SIAS)共催で、国際ワークショップ"Conflicts and Coexistence in the Contemporary Muslim World"を開催いたしました。

    日程:2013年6月2日(日)10:30-17:15
    場所:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館4階会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    使用言語:英語

    【Program】

    Opening Session

    First Session
    11:00-11:30 YASUDA Shin (Teikyo University)
    "Sadaqa in Religious Tourism: The Gift Economy in Syrian Shi'ite Visits"
    11:30-12:00 FUJII Chiaki (Osaka University)
    "We Don't Want Union! We Want Our Country!: The Independence Movement in Zanzibar"
    12:00-12:30 TOCHIBORI Yuko (Tokyo University of Foreign Studies)
    "Between the Understanding about Christianity and French Occupation of Algeria: According to al-Amir 'Abd al-Qadir al-Jaza'iri"

    Second Session
    14:10-14:40 KUSHIMOTO Hiroko (Sophia University)
    "Reformation of the Image of Saints through Maulid Cerebrations in Contemporary Malaysia"
    14:40-15:10 SHIOZAKI Yuki (Doshisha University)
    "The Controversy between Sayyid Alawi Tahir al-Haddad and Ahmad Hassan:The traditional Shafi'i School and the Salafi movement in Southeast Asia in the 1930s"

    Third Session
    15:25-15:55 TOBINAI Yuko (Sophia University)
    "How Had People become 'True' Christians?: Kuku's Migration and the Christian Revival Movement in Greater Sudan"
    15:55-16:25 MARUYAMA Daisuke (Kyoto University)
    "Clashes, Conflict and Contradiction: Sufi Power Struggle in Sudan"

    Concluding Session
    16:40-17:00 General Comment by Michael A. COOK(*)
    17:00-17:15 Concluding Remarks

    *Professor Cook's attendance at this workshop was made possible by the generous support of the Japan Society for the Promotion of Science (Invitation Fellowship Program for Research in Japan [Short Term]).

    →報告

  • 3月22日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)は早稲田大学拠点(WIAS)、NIHU「地域間連携研究の推進事業「南アジアとイスラーム」」、および科学研究費基盤研究(B)「9.11後のパキスタンにおける権力構造の変化に関する複合的研究」(研究代表者:山根聡)、科学研究費基盤研究(B)「南アジア諸語イスラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」(研究代表者:東長靖)と共催で、講演会「パキスタンにおけるイスラーム・エスニシティ・政治戦略(Islam, Ethnicity and PoliticalStrategyin Pakistan)」を開催しました。

    日時:3月22日(金)15時‐18時
    場所:京都大学本部構内総合2号館4階会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    講演者および演題:
    カスミー氏Dr. Qasmi, Ali Usman(ラホール経営大学Assistant Professor)
    演題: Who is a Muslim? The "Ahmadi Question" and an Islamic Citizenry in Pakistan

    ハーン氏Dr. Khan, Furrukh Abbas(ラホール経営大学Associate Professor)
    演題: Apocalyptic Love Letter: Punjabi Culture, Self-Articulation and Subverting the Dominant Discourse in Maula Jatt

  • 3月19日
    KIASは、ブルネイ大学イスラーム研究センターと共催で、Joint International Seminar "Islam in Asia: Engaging the Community"を開催しました。

    日時:3月19日(火)14時‐17時30分
    場所:京都大学本部構内総合2号館4階会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    【プログラム】
    14:00 Welcome Speech
    Professor Yasushi Kosugi, Director of KIAS

    14:15-15:45 Session I

    "Brunei Darussalam as a Traditional-Modern Malay-Islamic State"
    Emeritus Professor Datok Dr. Osman Bakar, Chair Professor and Director, SOASCIS, UBD

    "Environmental Issues among the Muslim Community in Brunei Darussalam"
    Associate Professor Dr. Azman bin Ahmad, Deputy Vice Chancellor (Academic), UBD

    16:00-17:15 Session II

    "Islam and Japan: Historical Backgrounds and Current Issues"
    Professor Dr. Yasushi Kosugi, ASAFAS, KU

    "Islamic Finance and Japan: Recent Developments"
    Associate Professor Dr. Shinsuke Nagaoka, ASAFAS, KU

    17:15-17:30 Closing Speeches

    →報告

  • 3月15日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)「イスラーム経済とイスラーム法」研究会のお知らせ

    イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)は、「イスラーム経済とイスラーム法」研究会を下記の要領で開催いたしました。
    今回の研究会では、日本におけるイスラーム金融実務の第一人者である吉田悦章氏をお招きし、イスラーム金融の実践の国際比較分析についてお話を伺うことにいたしました。

    日時: 2013年3月15日(金) 15時~17時
    場所: 京都大学本部構内総合研究2号館4階第一講義室(AA401)

    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    報告者:
    「イスラーム金融の国別発展形態と環境要因」
    吉田悦章(国際協力銀行参事役、早稲田大学ファイナンス研究センター客員主任研究員)

    →報告

  • 3月8日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)講演会「知の先達たちに聞く―堀内勝先生をお迎えして」のご案内

    KIASでは、「知の先達に聞く」と題して、外国人研究者へのインタビュー、日本人の先生方の講演会を催してきました。
    8回目を数える今回は、堀内勝先生をお招きして、これまでの研究生活を振り返っていただきます。

    堀内先生は西アジア言語文化をご専門とされ、とくにアラブ遊牧民文化のご研究で素晴らしい実績を挙げておられます。
    『沙漠の文化 アラブ遊牧民の世界』(教育社)、『ラクダの文化誌 アラブ家畜文化考』(リブロ)などの著書やアル・ハリーリー『マカーマート 中世アラブの語り物』(全3巻 平凡社東洋文庫)などの訳書を出版された先生は、フィールドワークに基づく精確な観察とアラビア語文献に対する該博な知識を兼ね備えて学問を進めて来られました。

    先生のご講演は地域研究を専攻する者はいうに及ばず、文化を考察したいと考える人、教養とは何かを知りたい人にとって大変有益であると思います。

    「知の先達に聞く―堀内勝先生をお迎えして」

    日時:3月8日(金)16時‐18時
    場所:京都大学本部構内総合2号館4階会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html
    講演者:堀内勝(中部大学国際関係学部教授)

  • 1月17日
    IAS京都大学拠点「ヤコブ・ラブキン教授講演会」のお知らせ

    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)は、モントリオール 大学のヤコブ・ラブキン教授をお迎えして、東京大学拠点(TIAS)および科学研究費基盤研究(A)「アラブ革命と中東政治 の構造変動に関する基礎研究」(代表:長澤榮治)との共催により、下記要領で講演会を開催しました。

    ラブキン教授はモントリオール大学歴史学部の教授であり、科学史、現代ユダヤ の歴史をご専門・関心領域とされています。
    大学では、宗教と政治の接触領域、ソヴィエトの歴史、現代ユダヤの歴史などを 講じておられます。
    「どのようにしてイスラエルは右翼のお気に入りになったのか」と題された今回 のご講演は、ラブキン教授の真骨頂に触れることができる刺激的なものになると思われます。

    ラブキン教授の著書には以下の邦訳があります。
    とくに『トーラーの名において』は10か国語以上に翻訳された代表作の一つです。
     ・『トーラーの名において―シオニズムに対するユダヤ教の抵抗の歴史』(平凡社)
     ・『イスラエルとは何か』(平凡社新書)

    日時:2013年1月17日(木)16:00-18:00
    場所:京都大学本部構内総合2号館4階会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html
    使用言語:英語(通訳なし)

    プログラム:
    講演者: ヤコブ・ラブキン (モントリオール大学)
    講演タイトル: "How Has Israel Become the Darling of the Right-Wingers?"

    司会: 岡真理 (京都大学)




  • 12月14日
    日本・パキスタン国交樹立60周年記念講演会
    「日本・パキスタン文化交流とウルドゥー語出版研究の発展と眺望」のお知らせ

    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)は、日本・パキスタン国交樹立60周年を記念し、在大阪パキスタン領事館総領事のムハンマド・イクバール・タヒーム氏、および元カラチ大学教授モイヌッディーン・アキール氏をお迎えして、講演会「日本・パキスタン文化交流とウルドゥー語出版研究の発展と眺望」を下記要領で開催しました。

    なお本講演会は、科学研究費基盤研究(B)「9.11後のパキスタンにおける権力構造の変化に関する複合的研究」(研究代表者:山根聡)、科学研究費基盤研究(B)「南アジア諸語イスラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」(研究代表者:東長靖)と共催で行われます。

    日時:2012年12月14日(金)16:00-18:00
    場所:京都大学本部構内総合研究2号館会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html
    言語:英語、日本語

    <プログラム>
    ・開会の辞
    小杉泰 (京都大学教授)

    ・日本・パキスタン国交樹立60周年記念スピーチ
    ムハンマド・イクバール・タヒーム (在大阪パキスタン・イスラム共和国領事館総領事)

    ・講演
    "New Horizon of South Asian and Pakistan Studies in Japan"
    モイヌッディーン・アキール(元カラチ大学教授)

    「わが国におけるウルドゥー語・文学研究の歴史」
    山根聡 (大阪大学教授)

    ・閉会の辞
    東長靖 (京都大学教授)

  • 12月8日
    合同シンポジウム 「エジプト7月革命(1952年)をめぐって:新たな変革期における『革命』再論」のお知らせ

    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)、東京大学拠点(TIAS)、科学研究費基盤研究(A)「アラブ革命と中東政治の構造変動に関する基礎研究」(代表:長澤榮治)は、下記要領で、共催の合同シンポジウムを開催しました。

    【日時】 2012年12月8日(土)12:45-18:40
    【場所】 京都大学本部構内総合研究2号館4階 大会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    【プログラム】
    司会:平野淳一

    12:45 -13:00 開会の辞:小杉泰

    13:00 - 15:00 第1部:エジプト7月革命再論:歴史的奥行きと地域的広がりの中で
    長澤榮治 「エジプト7月革命の歴史的位置づけ」
    栗田禎子「中東における革命と反革命の系譜を考える」
    ディスカッサント:臼杵陽

    15:15 - 17:45 第2部:エジプト政治の変容 をめぐって
    池田美佐子 「立憲王制期の政治的社会的変容と自由将校団」
    鈴木恵美 「共和制下におけるエリートの変容」
    横田貴之 「革命後のエジプト政治とムスリム同胞団」
    ディスカッサント:松本弘

    18:00 - 18:30 総合討論

    18:30 - 18:40 閉会の辞:長沢栄治

    →報告

  • 11月9日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点3班合同研究会「イスラーム世界の国際組織とグローバルネットワーク II」のご案内

    イスラーム地域研究第2期において、京都大学拠点は1グループ3班編成で組織されています。第1班は「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班、第2班は「広域タリーカ」研究班、第3班は「イスラーム経済とイスラーム法」研究班として、それぞれ研究活動を行っています。このたびの研究会は、年に1回、上記3班が合同して研究会を開催し、各班の発表を行うものです。
    今年度の研究会は、下記の要領で開催されました。

    日時:2011年11月9日(金)14:00~18:30
    場所:京都大学本部構内総合研究2号館(旧工学部4号館)4階会議室(AA447号室)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    [Program]
    14:00-14:10 開会挨拶
    小杉泰 (京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授)

    14:10-15:10 第1班 「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班発表
    発表者: 保坂修司 (日本エネルギー経済研究所中東研究センター副センター長・研究理事)
    「共鳴する暴力――預言者冒とく映画事件にみるサラフィー主義とメディア」
    コメント: 山根聡 (大阪大学言語文化研究科教授)

    15:20-16:20 第2班 「広域タリーカ」研究班発表
    発表者: 久志本裕子 (日本学術振興会特別研究員 (上智大学))
     「東南アジアにおける伝統的タサウウフ学習の構造-『ヒダーヤトゥ・サーリキーン』を中心とするマッピングの試み」
    コメント: 東長靖 (京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授)

    16:30-17:30 第3班 「イスラーム経済とイスラーム法」研究班発表
    発表者: 長岡慎介 (京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科准教授)
    「イスラーム金融の実践を支える知的インフラ:その系譜とグローバル化時代における新展開」
    コメント :吉田悦章 (国際協力銀行参事役、早稲田大学ファイナンス研究センター客員主任研究員)

    17:30-18:20 総合討論

    18:20-18:30 閉会挨拶
    東長靖 (京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授)

    →報告

  • 11月3日
    SIAS/KIASの連携研究会である「スーフィズム・聖者信仰」研究会は、CNRS(フランス国立科学研究センター)との合同セミナーSIAS/KIAS - CNRS Joint Seminar, "Narrating the Narratives of Sufis."を、科学研究費基盤研究(B)「近現代スーフィズム・聖者信仰複合の動態研究」、 同基盤研究(B)「南アジア諸語イスラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」との共催で、下記要領で開催しました。

    日時:2012年11月3日(土)14:00-18:45
    場所:京都大学本部構内総合研究2号館(旧工学部4号館)4階会議室(AA447号室)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    [Program]
    14:00-14:15 Opening Session

    14:15-15:15 SAITO Tsuyoshi (Kobe University)
    "Narrating the Life of a Man Known as Shaykh: Narratives on al-Hajj'Ali al-Darqawi by Mukhtar al-Susi and Others"
    Discussant: KISAICHI Masatoshi (SIAS)

    15:15-16:15 Thierry ZARCONE (CNRS)
    "Western VisualRepresentations of Sufism and Dervishes from the 14th century to early 20th Century"
    Discussant: IMAMATSU Yasushi (KIAS)

    16:30-17:30 TOGAWA Masahiko (Hiroshima University)
    "Local Society and Participant Observation: The Mausoleum of Fakir Lalon Shah in contemporary Bangladesh"
    Discussant: NINOMIYA Ayako (KIAS)

    17:30-18:30 Pierre-Jean LUIZARD (CNRS)
    "A Secularized Hagiography of a Muslim Saint: (Batal al-Islam), Hero of Islam, or How Political Commitment Leads to Sainthood for an Iraqi Shia Religious Leader"
    Discussant: YASUDA Shin (KIAS)

    18:30-18:45 Closing Session

  • 10月27-28日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点は、千葉大学/東京外国語大学と共催で、国際ワークショッKIAS/TUFS/Chiba Univ. Joint International Workshop, "The Society, Economy, and Politics of Eurasia and the Middle East: Global and Regional Dimensions."を開催いたしました。

    日時:2012年10月27日(土)14:00-18:5, 28日(日)11:00-17:40
    場所:京都大学総合2号館4階会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html
    使用言語:英語

    プログラム:
    27 Oct (Sat)

    14:00-14:10 Opening remarks
    KOSUGI Yasushi (Kyoto University)

    14:10-15:40 Session 1
    ・Ascana Luisa Gurusinga(Tokyo University of Foreign Studies)
    "Democratization and Separatist Conflict Settlement in Aceh, Indonesia"

    ・Edi Kahayanto(Tokyo University of Foreign Studies)
    "The Influence of Military Reform on Indonesian Foreign Policy: A Case Study of the Participation of Indonesian Military in United Nations Peace Keeping Operations"

    15:50-18:05 Session 2
    ・Daniel F. da Costa(Tokyo University of Foreign Studies)
    "The 2011 Arab Uprising and the Prospects for Democracy in the Middle East and North Africa: The Case of the Arab Republic of Egypt"

    ・SATO Marie(Kyoto University)
    "Historical Circumstances and Sustainability of Life in Greater Amman: Its Development into a Modern Metropolis with Refugee"

    ・NAMBU Makiko(Tokyo University of Foreign Studies)
    "Relational Approach to Palestinian Intifadas: "Violence" and "Nonviolence" in Contentious Actions"

    28 Oct (Sun)

    11:00-12:30 Keynote lecture
    Shahida Shahimi (Universiti Kebangsaan Malaysia, Kyoto Unversity)
    "Research on a Changing World of the Middle East: The Way Forward"

    13:30-15:45 Session 3
    ・KAWAMURA Ai(Kyoto University)
    "Dubai Approach as a Frontier of Dispute Resolution for Islamic Finance"

    ・Ahmed Amir Ismail(Tokyo University of Foreign Studies)
    "The Iraqi Press and Opinion Freedom during the Economic Sanctions"

    ・OHMICHI Shun(Kyoto University)
    "Contemporary Role of the Merchant Class in the Kuwaiti Economy"

    16:00 - 17:30 Session 4
    ・KURODA Ayaka(Kyoto University)
    "The Politics of Religious Diversity in Egypt: Discourses on Religious Minorities in the Colonial and Post-Revolutionary Periods"

    ・Mohamed Abdin(Tokyo University of Foreign Studies)
    "Who Lost the Game?: The Democratic Transformation: a Battlefield of Internal Political Actors in Post-Conflict Sudan"

    17:30 - 17:40 Closing Remarks
    SAKAI Keiko (Chiba University)

  • 10月26日
    Kyoto International Dialogue on Democratization, Law and Women in the Arab Countriesのお知らせ

    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、公益財団法人世界人権問題研究センター、日本女性法律家協会大阪支部(共催者)は下記要項でアラブ諸国で活躍する女性法律家(司法官及び弁護士)を囲んでの意見交換会を開催しました。

    日時:2012年10月26日(金)10~12時
    場所:京都大学本部構内総合研究2号館(旧工学部4号館)4階会議室(AA447号室)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    [Program]
    10:00-10:20 Opening Remarks
    Yasushi Kosugi (Professor, Graduate School of Asian and African Area Studies, ASAFAS, Kyoto University and Director, Center for Islamic Area Studies at Kyoto University, KIAS)

    10:20-10:50 Short Talks
    1) Nour Mouhamed Shaher Abdallah Al Emam (Lawyer, Council member of the Jordanian Bar Association(JBA), and Chair person of the Woman committee at JBA)
    2) Neffertiti Ahmed Tosson Hussien (Councilor Technical Office member at the National Center for Judicial Studies-Ministry of Justice, Egypt and Vice President of the Administrative Prosecution and Coordinator of the Training Programs)
    3) Lamia Debbabi Kouka (Lawyer, President of Tunisian Association of Women Jurist)

    10:50-11:50 Discussion

    11:50-12:00 Closing Remarks
    Nisuke Ando (Director, Kyoto Human Rights Research Institute)

  • 9月28日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)講演会
    「知の先達たちに聞く―松本耿郎先生をお迎えして」のご案内

    KIASでは、「知の先達たちに聞く」と題して、外国人研究者へのインタビュー、日本人の先生方の講演会を催してきました。
    第7回目を迎える今回の「知の先達たちに聞く」では、松本耿郎先生をお招きして、これまでの研究生活を振り返っていただきます。

    松本先生はイスラーム思想をご専門にされ、イランに留学されました。
    とくにイブン・アラビー系のスーフィズムの神秘哲学を研究され、近年は、「回儒」と称される中国ムスリムの思想を、イブン・アラビー系の神秘哲学との関連で精力的に研究されています。

    イランと中国、東西のイスラームを架橋してこられた先生のご講演は、大変に興味深いものになると思われます。

    日時:9月28日(金)16時30分‐18時30分
    場所:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館4階第会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    講演タイトル: 「50年イスラーム思想を研究して・・・・・・」
    講演者: 松本耿郎(聖トマス大学教授)

    司会: 東長靖(京都大学教授)

  • 9月25日
    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、京都大学科学研究費基盤(A)「環インド洋地域における宗教復興・テクノロジー・生命倫理」、マレーシア国民大学イスラーム経済金融研究センター(UKM-EKONIS)は、2012年9月25日(火)に下記要項で国際ワークショップ(The 1st KIAS-EKONIS International Workshop in Islamic Economics and Finance: Revitalization and Organic Integration of Islamic Economic Institutions)を開催しました。

    ・日時:2012年9月25日(火)10:00-18:00
    ・場所:京都大学本部構内総合研究2号館(旧工学部4号館)4階会議室(AA447号室)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/tariqa_ws/access_map.pdf

    [Program]
    10:00-10:15: Opening Remarks

    10:15-11:00: Keynote Session
    Keynote Speech 1
    Prof. Yasushi Kosugi (Kyoto University)
    "The Scope and Tasks of Islamic Economics: An Civilizational Approach"

    11:15-12:45: Session I Frontier of Studies in Islamic Economics and Finance
    Dr. Shahida Shahimi (Universiti Kebangsaan Malaysia, Kyoto Unverisity)
    "Are Sukuk Debt or Equity? Revisiting Theory in Islamic Economics and Finance"
    Mohd Badrul Hakimi Daud (Universiti Kebangsaan Malaysia)
    "Sukuk Fundemantals"
    Dr. Mohd Adib Ismail (Universiti Kebangsaan Malaysia)
    "Agency Problem in Islamic Partnership Contracts"

    14:00-15:30: Session II Theory and Practice of the Revitalization and Organic Integration of Islamic Economic Institutions
    Dr. Shinsuke Nagaoka (Kyoto University)
    "Dynamics of Islamic Economics after the Boom of Islamic Finance: A Vision for Neo-Capitalism or New Universal System?"
    Dr. Suhaili Alma'amun (Universiti Kebangsaan Malaysia)
    "The Application of Hibah in Takaful and Insurance Policy: A Comparison Study between Malaysia and Singapore"
    Dr. Muhammad Hakimi Mohd Shafiai (Universiti Kebangsaan Malaysia)
    "The Applicability of Waqf Instruments in Activating Idle Agricultural Land in Malaysia"

    16:00-17:30: Session III Emergence and Challenges of the New Fields in Islamic Economics
    Ai Kawamura (Kyoto University)
    "Innovation of Dispute Resolution for Islamic Finance in Dubai: Ad hoc Approach or Products-Oriented Approach?"
    Dr. Salmy Edawati Mohd Yaakob (Universiti Kebangsaan Malaysia)
    "The Prospect of Gold Dinar as a Currency: Physical or Gold Backed?"
    Hafizi Ab Majid (Universiti Kebangsaan Malaysia)
    "Prospect, Challenges and Shariah Issues of Gold Investment in Malaysia"

    17:30-18:00: Closing Remarks & Photo Session

    →報告

  • 7月28日
    KIAS「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」
    研究班研究会(Masooda Bano氏来日講演会)開催(7月28日)のご案内

    この度、NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班は、NIHUプログラム・地域間連携研究の推進事業「南アジアとイスラーム」および科研費新学術領域研究「国家の輪郭と越境」プロジェクト(「ユーラシア地域大国の比較研究」第5班)(研究代表者:山根聡)、科研費基盤研究B「中東・アジアのイスラーム系宗教大学の留学生獲得戦略:知のグローバル化とローカル化」(研究代表者:桜井啓子)と共催で、下記の要領により研究会(講演会)を開催いたしました。

    講演者のマスーダ・バノMasooda Bano氏(Oxford大学)は、イスラーム地域におけるNGO、宗教と開発、マドラサ、イスラーム運動などのテーマで精力的に執筆活動をされている新進気鋭のパキスタン人研究者です。2012年に入ってすでに下記の3冊の本を出版されています。

    ・ Bano, Masooda (2012) The Rational Believer: Choices and Decisions in the Madrasas of Pakistan, Ithaca, NY: Cornell University Press (Monograph)

    ・ Bano, Masooda (2012) Breakdown in Pakistan: How Aid is Eroding Institutions for Collective Action in Pakistan, Palo Alto, CA: Stanford University Press (Monograph)

    ・ Bano, Masooda, H Kalmbach (eds) (2012) Women, Leadership and Mosques: Changes in Contemporary Islamic Authority, Leiden: Brill

    今回はパキスタンにおける、ジハードへのリクルートとマドラサの関係についてお話しいただく予定です。

    日時: 2012年7月28日(土) 15:00~17:00
    会場: 千里朝日阪急ビル14階3号会議室
    地図: http://www.sah-bld.com/contents/access/index.html

    講演者:マスーダ・バノ Masooda Bano(Oxford大学国際開発学部・ESRC研究員)
    演題: "Madrasas and Militancy?: Understanding recruitment for Jihad in Pakistan"
       言語: 英語(通訳なし)

  • 7月20日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)講演会
    「知の先達に聞く―永田雄三先生をお迎えして」

    KIASでは、「知の先達に聞く」と題して、外国人研究者へのインタビュー、日本人の先生方の講演会を催してきました。
    6回目を数える今回は、永田雄三先生をお招きして、これまでの研究生活を振り返っていただきました。

    永田先生は、日本人研究者として初めて、古文書等のトルコ現地史料を用いて研究をすすめられました。
    また日本語のみならずトルコ語でも研究成果を発表され、欧米・トルコ国内においても高い評価を受けるなど、まさにオスマン朝史研究の先達としてご活躍されました。

    おそらく日本人として初めてトルコに留学された先生は、現地に飛び込んて研究を行った草分け的存在であり、そのご講演は、大変に興味深いものになること必定です。

    日時:7月20日(金)15時‐17時
    場所:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館4階第会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html

    講演者:永田雄三(元明治大学文学部教授)
    司会: 江川ひかり(明治大学文学部教授)

  • 7月17-18日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点「イスラーム経済とイスラーム法」研究班は、ダーラム大学Durham Islamic Finance Doctoral Training Centre (SGIA&DBS)と共催で国際ワークショップ6th Kyoto-Durham International Workshop in Islamic Economics and Finance (New Horizons in Islamic Economics) Islamic Finance & Economy and Finance in the Muslim World: Theories and Realitiesを開催いたしました。

    日時:2012年7月17日(火)18日(水)
    場所:Durham Islamic Finance Doctoral Training Centre, Van Mildert College, Durham University, UK
    使用言語:英語

    プログラム:
    [17th July 2012]

    09:30 - 09:45 Opening Remarks
    Dr Mehmet Asutay
    Dr Shinsuke Nagaoka

    09:45 - 10:45 Session I
    1.1. What is 'Islamic' in Islamic Economics?: The Technology of Social Management and its Reinstitution
    Yasushi Kosugi
    1.2. Models of Islamic Finance Industry Formation and Their Impact on Social and Developmentalist Outcomes
    Mehmet Asutay

    11:00 - 12:30 Session II
    2.1. Outreach and Sustainability of Islamic Microfinance Institutions in Thailand: An Exploratory Study
    Tawat Noipom
    2.2. Understanding the Demand and Supply Conditions of Sharia Banking in the Case of Indonesia
    Muhammad Arham
    2.3. Assessing the Demand for Islamic Finance in Libya
    Abdulwahab AlHajam

    14:00 - 15:30 Session III
    3.1. An Emerging Mode of Dispute Resolution in Islamic Finance: A Case Study in the United Arab Emirates
    Ai Kawamura
    3.2. Islamic Microfinance: Exploring Customer Behaviours and Perceptions Indonesia
    Nur Indah Riwajanti
    3.3. A Meta-Frontier Form for Measuring the Technical Efficiency and Technology Gaps of Islamic and Conventional Banks in the GCC Countries and What Factors Determine the Banks' Efficiency
    Maha Alandejani

    16:00 - 17:30 Session IV
    4.1. Exploring the Application of Total Quality Management in the Libyan Oil and Gas Companies: Potential, Obstacles and Solutions
    Musbah Saleh
    4.2. Political Economy of Syrian Economic Reforms: An Examination of Legal Reforms in the Pre-Revolution of 2011
    Muhammad Alsaghir
    4.3. Addressing the Potential Negative Social Effects of the Privatization Programme in Libya
    Hesham Shernana

    17:45 - 19:15 Session V
    5.1. Comparing CSR Models and Rationalising CSR in Islamic Finance
    Elena Platonova
    5.2. An Analysis on the Behavior of Corporate Social Responsibility towards Profitability of Islamic Banks: Comparative Analysis between Turkey and Indonesia
    Akhmad Affandi Mahfudz
    5.3. From Joseph's Shattered Dream to the Nightmares of the Future: Reflecting on the Financial Crisis
    Anisa Maljee

    [18th July 2012]

    09:00 - 10:00 Session VI
    6.1. Islamic Mutual Funds in the UK
    Habib Ahmad
    6.2. The Future of Islamic Development Theory: Endogenising the Political and the Social in Policy Making
    Nazim Zaman and Hylmun Izhar

    10:30 - 11:30 Session VII
    7.1. Causation of Shari'ah Governance: The Discourse on the Institution of Hisbah vs. the Discourse on Islamic Finance Industry
    Fawad Khaleli
    7.2. Locating the Islamic Moral Economy within the Heterodox Economics: Convergence of the Economics Thinking
    Alija Avdukic
    7.3. Financing and Economic Development through Islamic Banking: Rhetoric vs Reality
    Shafiullah Jan
    12:00 - 13.30 Session VIII
    8.1. Reconsidering the Economic Implication of Gharar in Islamic Derivatives
    Shinsuke NAGAOKA
    8.2. Consequentialism at the Core of the Islamic Law of Financial Transactions: Illustrating the Centric Role of Maqasid Al Shariah through the Mudarabah Contract
    Tareq Hesham
    8.3. Investigating the Element of Uncertainty in Contract Settlement: A Case Study of the Malaysian Crude Palm Oil Futures Contract Regulatory Framework
    Noor Kasri
    14:30 - 16:00 Session IX
    9.1. Islamic Values and the Modern Territorial State: Refugees and Trans-border Mobility
    Marie Sato
    9.2. Giving Behaviours in Indonesia: Motives and Marketing Implications for Islamic Charities
    Rahmatina A. Kasri
    9.3. Comparison between Conventional and Islamic MFIs' Management Performance Using Balanced Scorecard Approach in Indonesia
    Dian Masyita

    16:15 - 18:15 Session X
    10.1. A Study on Customer Satisfaction and Bank Selection in Interest-Free Banking Sector: Evidence from Turkey
    Saduman Okumus
    10.2. A Exploring the Concept of an Inclusive Islamic Financial Planning Framework, and Its Challenges in Brunei Darussalam
    Hasnol Salleh
    10.3. Comparative Study of Islamic and Conventional Banking in Malaysia Based on Customers' Awareness and Service Quality
    Ros Aniza Mohd Shariff
    10.4. Searching for the Determinants of Financing Gap in the GCC Islamic Banking
    Sabri Muhammad

    18.15 Closing Remarks & End of the Programme

    →報告

  • 7月7-8日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点「広域タリーカ」研究班は、上智大学拠点と共催で、国際ワークショップSIAS-KIAS JOINT WORKSHOP "TRADITION IN MODERNISM: REFORMATION AND REVIVAL" を開催いたしました。

    日時:2012年7月7日(土)13:00-18:30, 8日(日)9:00-12:15
    場所:京都大学総合2号館4階会議室(AA447)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html
    使用言語:英語

    プログラム:
    7 July, Sat.
    13:00-13:30 Opening Session

    13:30-14:30 Keynote Speech
    Pierre-Jean LUIZARD
    "Saints Veneration and Holy Portraits in Shia-Sunni Contexts"

    14:45-16:15 First Session
    MARUYAMA Daisuke (Kyoto Univ.)
    "Tolerance or Intolerance?: From the Confrontation between Sufi and Salafi in Mawlid al-Nabi"
    ISHIDA Yuri (Kyoto Univ.)
    "The Social Development Theory of Shah Wali Allah"
    ENDO Haruka (Kyoto Univ.)
    "Perfect Man according to 'Abd al-Wahhab al-Sha'rani: From the Ontological Point of View"

    16:30-17:20 Second Session
    MIYOKAWA Hiroko (Sophia Univ.)
    "The Revival of Nayruz Festival in Modern Egypt"

    17:30-18:30 Third Session
    YU Weixing (Sophia Univ.)
    "The Role of ?Ulama in the Modernization of Education in Egypt Late in the 19th Century: Focusing on Rifa'a al-Tahtawi and Muhammad `Abduh"
    Reem Ahmad (Sophia Univ.)
    "The Role of Media in the Formation of the Image of Middle East and Muslims in Japan, and the Formation of Japan Image in the Middle East"

    8 July, Sun.
    9:00-10:30 Fourth Session
    UCHIYAMA Akiko (Kyoto Univ.)
    "Reviews of Former Studies on Sexuality of Iranian Women: From the Perspective of 'Strategy' in Everyday Life"
    Ousmanou ADAMA (Nagoya Univ.)
    "Maitatsine, Islamic Brotherhood or Political Party in Northern Cameroon and Nigeria."
    SEKI Kanako (Sophia Univ.)
    "A Consideration of "The Rif Nationalism": in Relation with the Rebellion of `Abd al-Karim"

    10:45-11:45 Fifth Session
    Francisco ANTO (Sophia Univ.)
    "Indonesian NU and Khittah 1926: Questioning the Role of NU in the "Reformasi" Era"
    KUSHIMOTO Hiroko (Sophia Univ.)
    "Culture of Islamic Learning in Contemporary Malaysia: the Role of Traditional Elements"

    11:45-12:05 General Comments by Pierre-Jean LUIZARD & Larisa USMANOVA

    12:05-12:15 Concluding Session

  • 6月9日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班は、ナポリ東洋大学のアルマンド・サルヴァトーレ氏をお迎えして、「アラブの春」とソーシャルメディアに関する研究会を下記の通り開催いたしました。

    サルヴァトーレ氏には、社会理論の視点より、「アラブの春」以前に遡り、中東の地域コミュニティや人間関係を形成する上でのソーシャルメディアの役割を歴史化するための試みに関する発表をしていただきました。

    サルヴァトーレ氏の略歴:
    Armando Salvatore is a sociologist of culture and communication who investigates various dimensions of religious traditions and secular formations in historical and comparative perspective and works on public sphere theory. He teaches at the University of Naples 'L'Orientale', Dept. of Social Sciences, and is a project director at the Humboldt Center for Social and Political Research, Berlin. His latest book is The Public Sphere: Liberal Modernity, Catholicism, Islam (Palgrave 2007, pb 2010).

    以下のサイトもごご参照ください。
    http://unior.academia.edu/ArmandoSalvatore

    日時:2012年6月9日(土)14:00-17:00
    場所:京都大学総合2号館4階第1講義室(AA401)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/access.html
    使用言語:英語

    プログラム:
    発表者: アルマンド・サルヴァトーレ(ナポリ東洋大学)
    "Rereading the Role of New Media in the 'Arab Spring'"

    コメンテーター: 保坂修司(日本エネルギー経済研究所)

  • 6月2日
    「スーフィズム・聖者信仰研究会(KIAS/SIAS連携研究会)」では、科学研究費補助金基盤研究(B)「近現代スーフィズム・聖者信仰複合の動態研究」、同「南アジア諸語イスラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」と共催で、2012年度第1回研究会を開催いたします。

    日時:2012年6月2日(土)12:00~18:00
    場所:上智大学四谷キャンパス2号館6階630a会議室
    (JR中央線、東京メトロ丸の内線・南北線/四ッ谷駅)
    *会場の位置・経路の詳細については、以下をご参照ください。
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya

    プログラム:
    12:00-12:15:開会の挨拶
    12:15-14:00 遠藤春香(京都大学大学院)
    「シャアラーニーにおける完全な聖者―シャリーアの源に着目して」(仮)
    コメンテーター:鎌田繁(東京大学)

    14:15-16:00 二ツ山達朗(京都大学大学院)
    「イスラームにおける「樹木信仰」の解釈をめぐって―北アフリカ乾燥地帯の事例から」(仮)
    コメンテーター:斉藤剛(神戸大学)

    16:15-18:00 内山明子(京都大学大学院)
    「現代イランにおける宗教的多様性―エマームザーデ参詣女性の語りから」
    コメンテーター:森本一夫(東京大学)

    主催:スーフィズム・聖者信仰研究会(KIAS/SIAS連携研究会)
    共催:科学研究費補助金基盤研究(B)「近現代スーフィズム・聖者信仰複合の動態研究」
    科学研究費補助金基盤研究(B)「南アジア諸語イスラーム文献の出版・伝播に関する総合的研究」

  • 5月18日
    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)は、バイト・ル・ヒクマ(イラク)、(独)国際交流基金、ITP: 地域研究のためのフィールド活用型現地語教育、科学研究費補助金 基盤研究(A)「現代中東・アジア諸国の体制維持における軍の役割」(代表者:酒井啓子)と共催で、国際ワークショップThe Iraqi - Japanese International Workshop at Kyoto University "Japanese and Iraqi Studies in two Perspectives"を開催しました。

    国際ワークショップ The Iraqi - Japanese International Workshop at Kyoto University "Japanese and Iraqi Studies in two Perspectives"

    日時:2012年5月18日(金)10:30~18:00
    場所:京都大学本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447号室)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf
    言語:アラビア語・英語

    [Programme]
    10:30-10:40 Opening Remarks

    10:40-11:10 Ceremony for the Souvenir Presentation

    11:10-12:00 Presentations (Session 1, Arabic Part 1)
    Chair: Prof. KOSUGI Yasushi (Kyoto University)

    ・Dr.In'am Mahdi Ali al-Salman (Baghdad University): Sabiha al-Shikh Dawood - The Women Movement Pioneer in Iraq

    ・Dr. TAKEDA Toshiyuki (Kyoto University): Arabic Language and Cultural Movements in the Modern Arab World: A Survey of Linguistic and Social Aspects of Lexical Development

    13:00-15:00 Presentations (Session 2, Arabic Part 2)
    Chair: Prof. Mahmoud Abdulwahid MAHMOUD al-QAYSI (Baghdad University)

    ・Dr.Nadheer J.HUSSEIN (Baghdad University): Japanese Studies in Iraq Historical Survey

    ・Dr.Kadum Hilan MUHSIN (Basra University): United States, Japan and Iraq: Historical Survey of Two Periods

    ・Mr.Ala' Fadhil AHMED (PhD Student, Baghdad University)): Liberal Democratic Party and rebuilding of Japan Iraqi Historical Perspective

    ・Dr.Laith Shaker MAHMOUD (Baghdad University): Reading of Japanese Translated Contributions into Arabic

    15:20-16:40 Presentations (Session 3, English Part)
    Chair: Prof. NAGAOKA Shinsuke (Kyoto University)

    ・Dr. YASUDA Shin (Kyoto University): The Development of Global Islamic Tourism: Its Perspective and Prospect

    ・IMAI Shizuka (PhD. Student, Kyoto University): Jordan's Trade with Iraq: Historical Development and Future Prospects

    ・SUNAGA Emiko (PhD. Student, Kyoto University): The Arabic or Vernacular?: Interpreting Islamic Bible in Indian Subcontinent

    ・CHIBA Yushi (PhD. Student, Kyoto University): Competition or Complementation?: An Overview of Contemporary Arab Broadcasting Market

    16:50-17:50 Comments and Discussion ・ Prof. SAKAI Keiko (Tokyo University of Foreign Studies)
    ・ Prof. YAMAO Dai (Kyushu University)

    17:50-18:00 Closing Remarks

    →報告

  • 3月9日
    イスラーム地域研究京都大学拠点(KIAS)「イスラーム経済とイスラーム法」研究会は、下記の要領で、第2回研究会を開催しました。
    今回の研究会では、イスラーム法の法源にかかわる問題を取り上げました。

    第2回「イスラーム経済とイスラーム法」研究会

    日時:2012年3月9日(金)14時~18時
    場所:京都大学本部構内総合研究2号館4階第一講義室(AA401)

    発表:
    「イスラーム法におけるイジュマーの正当性」
    森 伸生(拓殖大学イスラーム研究所)

    「法規定発見の営為におけるキヤース(類推)」
    小杉 泰(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)

    会場は、以下のリンク先の地図をご確認ください。
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/access_map08.pdf

  • 2月26日、28日
    イスラーム地域研究京都大学拠点と早稲田大学拠点は共催で、下記の講演会を開催しました。

    講演者のマリー・ジュール氏は欧米を拠点として国境を超えた活動を行うイスラーム系/ムスリムNGOを中心に研究を行っております。
    今回は最近のイスラーム系/ムスリムNGOの活動としてイギリスに拠点を置くMuslim Aid、Islamic ReliefなどのNGO団体の具体的活動と、それらNGO団体の9.11前後の活動の変化に関して2つの講演を早稲田大学と京都大学にて開催いたしました。

    ≪講演会1≫
    日時: 2月26日(日)14:00-17:00
    場所: 早稲田大学早稲田キャンパス26号館(大隈記念タワー)地下1階
    (http://www.shirase100.jp/event/waseda_map.pdf)
    言語: 英語(同時通訳なし)
    プログラム
    14:00-14:05 あいさつ (桜井啓子(早稲田大学))
    14:05-14:30 Introductory Lecture on Muslim NGOs (子島進(東洋大学))
    14:30-16:00 講演 For humanity or for the umma? Ideologies of aid in international Muslim NGOs
    16:00-16:20 休憩
    16:20-17:00 質疑応答 (司会 子島進)

    ≪講演会2≫
    日時: 2月28日(火)14:00-17:00
    場所: 京都大学本部構内総合研究2号館4階会議室
    (http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm)
    言語: 英語(同時通訳なし)
    プログラム
    14:00-14:05 あいさつ (小杉泰(京都大学))
    14:05-14:30 Introductory Lecture on Muslim NGOs (子島進(東洋大学))
    14:30-16:00 講演 Islamizing aid? International Muslim NGOs after 9.11
    16:00-16:20 休憩
    16:20-17:00 質疑応答 (司会 子島進)

    →報告

  • 2月22-23日
    KIASは、京都大学G-COE「生存基盤持続型の発展を目指す地域研究拠点」イニシアティブ1、東京外国語大学科学研究費基盤(A)「現代中東・アジア地域における紛争・国家破綻と社会運動」と共催で、 国際ワークショップ"Transcending borders: networks, values and identities In the Middle East and Muslim societies"を開催しました。

    Date: 22 and 23 February, 2012
    Venue: Kenkyu-kougi-tou (Research and Lecture Building) Rm. 406, Tokyo University of Foreign Studies (3-11-1, Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo)

    Organized and Sponsored by:
    "Conflict, Collapsed State and Social Movements in the Contemporary Asia and Middle East"
    Grants-in-Aid for Scientific Research, Japan Society for Promotion of Science (Coordinator: Keiko SAKAI)
    "Global COE Program: "In Search of Sustainable Humanosphere in Asia and Africa"Center for Islamic Area Studies at Kyoto University (KIAS)
    (Coordinator: Yasushi KOSUGI)

    Program:
    Day 1 (22 Feb[Wed])


    11:00-11:10 Opening remarks: Prof. Keiko SAKAI (TUFS )

    11:10-12:30 Keynote lecture: Historical development of Middle East International Relations (Yukiko MIYAGI: Lecturer, School of Government and International Affairs, University of Durham, UK)

    12:30-13:30 Lunch

    13:30-15:45
    Shizuka IMAI (Kyoto University): The Political Economy of Trade Development: The Jordanian Experience in the 1990s
    Yushi CHIBA (Kyoto University): Jordan Media City in Contemporary Arab Broadcasting Scene: Achievements and Prospects
    Khalil DAHBI (TUFS): Usage of the Internet by Social Movements in Authoritarian settings: The Case of the emergence of the "20th February Movement" in Morocco

    16:00-18:15
    Makiko NAMBU (TUFS): Contentious Politics in Palestinian Resistance Movement:the Case of al-Aqsa Intifada 2000 - 2006
    Patrick MASON (TUFS): Fighting in the Network - Social networks, insurgency and development in Afghanistan
    Ladislav LESNIKOVSKI (TUFS): A Survey Design on the Identity Issues among the Slavic Muslim Minorities in Macedonia

    Day 2 (23 Feb[Thu])

    10:00-12:15
    Nicolas BALLESTEROS (TUFS): International Organizations: Power and Pathologies. The case of Human Rights in Kosovo
    Marie SATO (Kyoto University):What produce Refugees in the Contemporary Middle East? : A review of the Case of Jordan as a Major Host Country
    Ahmed Amir ISMAIL (TUFS): Why the popular uprising in Iraq has failed in achieving its goals?

    12:15-13:15 Lunch

    13:20-15:20
    Film "Open Shutters" (by Maysoon Pachachi, on Iraqi refugees)

    15:30-17:00
    Ai KAWAMURA (Kyoto University): Mixed Legal Systems for Islamic Banking: Comparing the Banking Regulations of the United Arab Emirates and Malaysia
    Maja VODOPIVEC (TUFS): On Possibility of the Japanese Postwar Thought - Takeuchi Yoshimi's View of Islam - Its Continuities and Discontinuities

    17:00-17:10 Closing Remarks (Prof. Yasushi KOSUGI )

    →報告

  • 2月22日
     KIAS/SIAS/科学研究費補助金基盤研究(B)「近現代スーフィズム・聖者信仰複合の動態研究」は共催で、国際ワークショップ"Struggling Muslims in the Modern and Present-day Eras: Political, Social and Religious Aspects of Their Endeavors"を開催しました。

    KIAS/SIAS Joint International Workshop
    "Struggling Muslims in the Modern and Present-day Eras: Political, Social and Religious Aspects of Their Endeavors"

    Cosponsors:
    ・Center for Islamic Area Studies at Kyoto University (KIAS)
    ・Center for Islamic Studies at Sophia University (SIAS)
    ・Studies on the Dynamics of the Religious Complex of Sufism and Saint Veneration in the Modern Era (Grant-in-Aid for Scientific Research (B), JSPS: AKAHORI Masayuki, Sophia University)

    [Date and Venue]
    Date: 22 February 2012, 10:00-18:40
    Venue: Room 508, 5th Floor, Bldg. No.2, Yotsuya Campus, Sophia University
    * Access Guide to Yotsuya Campus, Sophia University:
    http://www.sophia.ac.jp/eng/info/access/directions/access_yotsuya
    http://www.sophia.ac.jp/eng/info/access/map/map_yotsuya

    [Organizers]
    AKAHORI Masayuki (SIAS)
    TONAGA Yasushi (KIAS)
    IMAMATSU Yasushi (KIAS)
    TAKAHASHI Kei (SIAS)
    [Secretary-general]
    TOCHIBORI Yuko (Kyoto University)
    [Commentator] Omar Farouk (Hiroshima City University)

    [Program]
    10:00-10:10 Opening
    10:10-10:20 Opening Remarks: AKAHORI Masayuki

    10:20-11:50 Part One: Struggles with Colonialism
    Chair: AKAHORI Masayuki
    ・10:20-10:50 TORIYA Masato (Sophia University)
    The Patterns of the Legitimacy of Rule in Modern Afghanistan and Neighbouring Area
    ・10:50-11:20 SEKI Kanako (Sophia University)
    The Reconsideration of the Rif War in Spanish Morocco: Referring to the Discourse of Abd al-Karim al-Khattabi
    ・11:20-11:50 TOCHIBORI Yuko (Kyoto University)
    The Contracts with Non-Muslims: The Peace Agreements and the Surrender of 'Abd al-Qadir al-Jaza'iri

    11:50-12:50 Lunch

    12:50-15:50 Part Two: Society and Religion in the Age of Globalization
    Chair: TAKAHASHI Kei
    ・12:50-13:40 OKADO Masaki (Sophia University)
    Reproduction of the Locality through the Village Associations in Egyptian City: The Meaning of their Symbolic Hometown in Upper Egypt
    ・13:40-14:10 Ousmanou Adama (Nagoya University)
    The Changing Patterns of Muslim Cities: Case Study, Maroua the Fulani City (Northern Cameroon)
    14:10-14:20 Break
    Chair: IMAMATSU Yasushi
    ・14:20-14:50 Reem Ahmad (Sophia University)
    Muslims in Japan and the Problems They Are Facing
    ・14:50-15:20 UCHIYAMA Akiko (Kyoto University)
    Religious Strategy of Women in Contemporary Iran: Through Their Visit to Emamzade
    ・15:20-15:50 FUJII Chiaki (Kyoto University)
    Efficacy of Mass Healing of the Prophetic Medicine in Zanzibar 15:50-16:00 Break 16:00-18:00 Part Three: Tradition and Innovation in Modern Sufism
    Chair: TONAGA Yasushi
    ・16:00-16:30 ISHIDA Yuri (Kyoto University)
    Shah Wali Allah's Concept of the Spirit (Ruh)
    ・16:30-17:00 NISHIYAMA Manami (Kyoto University)
    The Discourse of The Naqshbandi Order in the Developing Period: A Case of the Altinoluk (Altinoluk) Group
    ・17:00-17:30 Idiris Danismaz (Turkey Japan Cultural Dialog Society)
    Sufism as a Tool of Intercultural Dialog: Case of "Sufi for a Month"
    Program Held in Turkey
    ・17:30-18:00 KUSHIMOTO Hiroko (Sophia University)
    Ajaran Sesat (Deviated Teachings): The Official Views on Sufism in Malaysia
    18:00-18:10 Break

    18:10-18:30 Comment: Omar Farouk
    18:30-18:40 Concluding Remarks: TONAGA Yasushi

    *If you can join us, please send us an e-mail.(ias-iacsophia.ac.jp)

  • 2月11-12日
    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、京都大学G-COE「生存基盤持続型の発展を目指す地域研究拠点」イニシアティブ1、京都大学科学研究費基盤(A)「環インド洋地域における宗教復興・テクノロジー・生命倫理」、英国ダラム大学イスラーム経済金融センターは、2012年2月11日(土)、 12日(日)に下記要項で国際ワークショップ(5th Kyoto-Durham International Workshop in Islamic Economics and Finance: New Horizons in Islamic Economics, "Critical Perspectives on the Financial and Social Performance of Islamic Finance")を開催しました。

    ・日時:2012年2月11日(土)13:00-17:40、12日(日)9:45-17:00
    ・場所:京都大学本部構内総合研究2号館(旧工学部4号館)4階会議室(AA447号室)

    【プログラム】
    DAY1
    13:00-13:15: Opening Remarks

    13:15-14:45: Keynote Session I
    Keynote Speech 1
    Mehmet Asutay (Durham University)
    "Does Islamic Finance Make the World Safer? Assessing Financial and Social Performance"
    Keynote Speech 2
    Etsuaki Yoshida (Japan Bank for International Cooperation)
    "Classifying Islamic Financial Markets: Dimensions and Japan's Positioning"

    15:00-16:10: Session I: Performance and Prospect of Islamic Finance in Southeast Asia
    Jaizah Othman (Durham University)
    "Predicting Banking Distress Using Emerging Market Z"-Score Model: A Comparative Study on Islamic and Conventional Banks in Malaysia"
    Hanira Hanafi (Durham University)
    "Challenges of Having Genuinely Debt Based Financing of Islamic Mortgage: A Case of Musharakah Mutanaqisah Home Financing in Malaysia"

    16:30-17:40: Session II: Performance and Prospect of Islamic Finance in Southeast Asia-2
    Ros Aniza Mohd Shariff (Durham University)
    "Service Quality, Customers Satisfaction and Awareness of Islamic and Conventional Banking in Malaysia"
    Shifa Mohd Nor (Durham University)
    "An Exploration of Social and Financial Performance of Islamic Banks in Malaysia"

    DAY2
    09:45-10:30: Keynote Session II
    Yasushi Kosugi (Kyoto University)
    "From Shari'a-Compliance to Shari'a-Based Islamic Economic System: A Proposal"

    10:45-12:30: Session III: Economic Development and Islamic Finance in the Middle East
    Maha Alandejani (Durham University)
    "Examining the Performance and Productive Efficiency of Islamic and Conventional Banks in Saudi Arabia"
    Jun Hagihara (Kyoto University)
    "Domestic Energy Policy in Saudi Arabia: Focusing Power Sector"
    Ai Kawamura (Kyoto University)
    "Evaluating the Current Banking System and Dispute Resolution: The Case of Islamic Finance in the United Arab Emirates and Malaysia"

    14:00-15:10: Session IV: New Horizons in Islamic Economics and Finance
    Shinsuke Nagaoka (Kyoto University)
    "Islamic Economics in the Second Decade of the 21st Century: Revival of Mudaraba Consensus or New Horizons?"
    Rahmatina A. Kasri (Durham University)
    "Can Financial and Social Performance of Zakah Institution be Assessed Using the Maqasid al-Shariah Approach?"

    15:30-16:40: Session V: New Horizons in Islamic Economics and Finance-2
    Muhammad Hakimi(Kyoto University)
    "Agricultural Product and Loss Sharing (aPLS) as A New Formulation in Islamic Finance for Agriculture"
    16:40-17:00: Closing Remarks

    →報告

  • 2月4日
    NIHUプログラム・イスラーム地域研究京都大学拠点は、イスラーム世界研究懇話会と共催で、「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班の研究会を下記の通り開催しました。
    「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班は、イスラーム世界の国際組織、中道派、急進派、メディア、仮想空間を対象に、グローバル・ネットワークを見据えつつ各地域の実情を明らかにし、イスラーム世界全体を統一的に把握することを目標に活動しています。
    今回は「中道派」の問題を軸に据え研究会を開催しました。

    日時:2012年2月4日(土)13:30~17:00
    場所:京都大学総合2号館4階第2講義室(AA415)

    【プログラム】
    発表者: 石黒 大岳 (神戸大学大学院国際文化学研究科異文化研究交流センター・学術推進研究員)
    「クウェートにおけるイスラーム主義の展開とイスラーム憲政運動(クウェート同胞団)の活動」(仮題)

    発表者: 安田 慎 (京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科・博士課程)
    「イスラミック・ツーリズムにおける価値と市場-ITC (Islamic TourismCentre) トレーニング・プログラムを事例に-」(仮題)

  • 1月31日
     イスラーム地域研究センターでは、1月31日に韓国地中海研究所と合同セミナーを催しました。
     詳細につきましては、プログラムをください。

    Joint Seminar of Institute for Mediterranean Studies, Pusan University of Foreign Studies and Center for Islamic Area Studies and Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University

    "Unity and Diversity of Mediterranean World"

    Date: 31 January, 2012
    Venue: Meeting Room, 4th Floor, Research Bldg. No. 2, Main Campus, Kyoto University

    Opening Session (13:00-13:20)
    TONAGA Yasushi (Deputy Director, KIAS[1] and Professor, ASAFAS[2])
    Welcome Speech
    CHOI, Choon Sik (Director, IMS[3])
    Greeting Speech

    Session 1: Finance and Economics in Mediterranean World (13:20-14:50)
    NAGAOKA Shinsuke (Associate Professor, ASAFAS)
    Mediterranean Perspectives of Islamic Finance: Historical and Practical Inquiries
    YASUDA Shin (Research Fellow, KIAS and Ph. D. Candidate, ASAFAS)
    Religious Activity or Economic Activity?: Tourism Industry in Syrian Shi'ite Religious Tourism
    IMAI Shizuka (Research Fellow, KIAS and Ph. D. Candidate, ASAFAS)
    Jordan's FTA (Free Trade Agreement) Policy in the 2000s
    Session 2: Communication and Media in Mediterranean World (15:00-16:00)
    CHIBA Yushi (Research Fellow, KIAS and Ph. D. Candidate, ASAFAS)
    Expansion of Contemporary Arab Satellite TV: From Local to International
    Lim, Ju In (HK Research Professor, IMS)
    A Writing of Communication
    Session 3: Culture and Society in Mediterranean World (16:10-17:40)
    LIM, Ji Young (HK Research Professor, IMS)
    Mediterranean Studies and Cultural Identity
    LIM, Byung Pil (HK[4] Research Professor, IMS)
    Sindbad's Adventure and the Modern Interpretation and application of Arabic Poetry
    KIM, Hee Jung (HK Research Professor, IMS)
    Jewry and Italian Posture in the Twentieth Century
    Closing Session (17:40-17:50)
    TANAKA Koji (Special-assignment Professor and Program Manager for Young Researcher Development Center, and Professor Emeritus, Kyoto University)
    Closing Remarks

    [1] KIAS= Center for Islamic Area Studies, Kyoto University, [2] ASAFAS= Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University, [3] IMS= Institute Mediterranean Studies, Pusan University of Foreign Studies, [4] HK= Humanities Korea

    →報告

  • 1月21日
     「スーフィズム・聖者信仰研究会(KIAS/SIAS連携研究会)」は、科学研究費補助金基盤研究(B)「近現代スーフィズム・聖者信仰複合の動態研究」、同「オスマン朝期イスラーム思想研究―中世イスラーム思想の全体的解明を目指して」と共催で、2011年度第2回研究会を開催いたしました。
     今回の研究会では、現代のスーフィズムについて、イギリスとトルコを事例に発表を行いました。

    日時:2012年1月21日(土)13:00~18:00
    場所:上智大学四谷キャンパス2号館6階630a会議室
    (JR中央線、東京メトロ丸の内線・南北線/四ッ谷駅)
    *会場の位置・経路の詳細については、以下をご参照ください。
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya

    発表:
    河西瑛里子(国立民族学博物館)
    「白人スーフィーの暮らし-イギリスの田舎町を事例として」
    コメンテーター:赤堀雅幸(上智大学)
    西山愛実(京都大学大学院)
    「現代トルコにおけるナクシュバンディー教団の発展に関する一考察―アルトゥノルク・グループの機関誌『金の樋(*Altinoluk*)』の分析を通して」
    コメンテーター:今松泰(京都大学)

    主催:スーフィズム・聖者信仰研究会(KIAS/SIAS連携研究会)
    共催:
    科学研究費補助金基盤研究(B)「近現代スーフィズム・聖者信仰複合の動態研究
    」 科学研究費補助金基盤研究(B)「オスマン朝期イスラーム思想研究―中世イスラーム思想の全体的解明を目指して」




  • 12月13日
    京都大学イスラーム地域研究センター(KIAS)、京都大学科学研究費基盤(A)「環インド洋地域における宗教復興・テクノロジー・生命倫理」、マレーシア国民大学イスラーム文明研究所は、2011年12月13日(火)に下記要項で国際ワークショップを開催しました。

    日時:12月13日(火)10:00-18:30
    場所:京都大学本部構内総合研究2号館(旧工学部4号館)4階会議室(AA447号室)

    [Program]

    10:00-10:30: Opening Remarks

    10:30-12:00: Morning Session
    Keynote Speech 1
    Prof. Dato' Dr. Mohd Yusof Hj. Othman (Universiti Kebangsaan Malaysia) "Tauhidic Science: Why and What?"

    Keynote Speech 2
    Prof. KOSUGI Yasushi (Kyoto University)
    "Asian Models of Modern Life in the Age of Globalization: From Japanese and Malaysian Perspectives"

    13:00-18:00: Afternoon Session
    Keynote Speech 3
    Prof. Dr. Abdul Latif Samian (Universiti Kebangsaan Malaysia) "Tauhidic Mathematic"

    Muhammad Hakimi bin Mohd. Shafiai (Kyoto University) "The Potential of Islamic Agricultural Finance in Malaysia"
    KAWAMURA Ai (Kyoto University)"The Modification of the UAE Legal System for Islamic Finance"
    HAGIHARA Jun (Kyoto University)"Economical Development of Saudi Arabia's Private Sector"
    SUNAGA Emiko (Kyoto University)"Translation, Adaptation and Indigenisation of Knowledge: An Introduction to Exegesis of the Qur'an in South Asian Languages"
    CHIBA Yushi (Kyoto University)"The Arab Media and New International Information and Communication Order(NIICO): A Historical Review"

    18:15-18:30: Closing Remarks

    →報告

  • 11月25日
    KIASは、イスラーム世界研究懇話会と共催で、京都大学拠点3班合同研究会を下記の通り開催いたしました。

    イスラーム地域研究第2期において、京都大学拠点は1グループ3班編成で組織されています。

    第1班は「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班、第2班は「広域タリーカ」研究班、第3班は「イスラーム経済とイスラーム法」研究班として、それぞれ研究活動を行っていますが、このたびの研究会は、上記3班が合同して研究会を開催し、各班の発表を行うものです。
    京都大学拠点の活動全体をカバーする研究会となります。

    皆様のご参加をお待ち申し上げております。

    日時:2011年11月25日(金)13:30~18:00
    場所:京都大学総合2号館4階会議室(AA447)

    【プログラム】
    第1班 「国際関係(国際組織・情報ネットワークを含む)」研究班
    発表者: 野中葉 (慶應義塾大学SFC研究所)
    「インドネシアの大学ダアワ運動:他のイスラーム世界との接触及び思想的影響の考察」

    発表者: 保坂修司(日本エネルギー経済研究所)
    「ジャスミン革命をめぐる言説空間分析」

    コメント: 山根聡 (大阪大学世界言語センター)

    第2班 「広域タリーカ」研究班
    発表者: 二宮文子 (日本学術振興会)
    「現代北インドのスーフィー教団とその施設」

    コメント: 今松泰 (人間文化研究機構/京都大学)
    第3班 「イスラーム経済とイスラーム法」研究班
    発表者: 小杉泰 (京都大学)
    「イスラーム法学派の生成・競合と一般信徒の選好性」

    コメント :森伸生 (拓殖大学イスラーム研究所)



  • 10月14日
    KIASは、大阪大学世界言語研究センターと共催でパキスタンの元北西辺境州主席大臣(州首相)、内務大臣を歴任されたアーフターブ・シェールパーオ氏の講演会"Current Situation in Pakistan"を開催いたしました。
    アフガニスタンとの国境を接する北西辺境州(現パフトゥーンハー州)主席大臣、ベーナズィール・ブットー政権下での内務大臣など、対アフガニスタン政策や対テロ対策に深く関わってこられた方です。

    ・日時:10月14日(金) 午後4時から5時半頃まで
    ・場所:箕面キャンパス総合研究棟6階プレゼンテーションルーム
    http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/minoh.html
    ・講演者:アーフターブ・シェールパーオ・パキスタン前内務大臣
    ・演題:Current Situation in Pakistan
    ・使用言語:英語
    ・共催:京都大学イスラーム地域研究センター、大阪大学世界言語研究センター

  • 10月8-9日
    KIASは、京都大学G-COE「生存基盤持続型の発展を目指す地域研究拠点」イニシアティブ1、東京外国語大学科学研究費基盤(A)「現代中東・アジア地域における紛争・国家破綻と社会運動」と共催で、 国際ワークショップ"Transformation of Politics, Society and Culture in Eurasia"を開催しました。

    ・日時:10月8日(土)10:00-18:00、9日(日)10:00-16:45
    ・場所:京都大学本部構内総合研究2号館(旧工学部4号館)4階会議室(AA447号室)
    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/tariqa_ws/access_map.pdf

    【プログラム】

    [8 October]
    10:00-10:30 Opening Remarks

    10:30-12:00 Special Lecture
    Dr. Ranjit Singh (Associate Professor, University of Mary Washington) "Some Reflections on the Arab Spring"

    13:00-15:15 Panel 1
    1. IMAI Shizuka (Kyoto University) "Transformation of Jordan's External Trade in the 2000s: An Analysis of Economic Policies Dealing with the Challenge of Globalization"

    2. Nutan Sharma (Tokyo University of Foreign Studies) "Grass to Guns: Women in the Maoists Insurgency in Nepal"

    3. KAWABATA Aruma (Kyoto University) "Halal Meat Market in the Islamic World"

    16:45-18:00 Panel 2
    1. KAWAMURA Ai (Kyoto University) "Dispute Resolution in Islamic Finance: A Case Study of the United Arab Emirates"

    2. HAGIHARA Jun (Kyoto University) "Saudi Arabia as a Petrodollar Driven Consumer Society: Review of Preceding Works and Proposal of a New Perspective"

    3. Patrick Mason (Tokyo University of Foreign Studies) "Webs of Contention: A Network-based Analysis of the Insurgency in Afghanistan"

    [9 October]
    10:00-12:15 Panel 3
       1. SUNAGA Emiko (Kyoto University) "Tafseer Literature in Print Media: A Survey of the Quranic Interpretation in South Asia"

    2. ZOU Yi (TOKYO UNIVERSITY OF FOREIGN STUDIES) "Students Anti-Japanese Sentiment and Policy Implementation toward Anti-Foreign Policies in Contemporary China: A Case Study in Yunnan Province"

    3. OHASHI Kazuhiro (Kyoto University) "Islamic Revival in Early Modernity: A Preliminary Study on Al-Shawkani in Yemen"

    13:15-14:45 Panel 4
    1. Ladislav Lesnikovski (Tokyo University of Foreign Studies) "Identity politics in the Balkans: The slavic muslim minority in Kosovo"

    2. Nicolas Ballesteros Lopez (Tokyo University of Foreign Studies) "Roma - Ashkali and Egyptian Communities in Kosovo and the Impact of the International Community (1999-2008)"

    15:00-16:30 Panel 5
    1. Muhammad A. Ahmad Duhoki (Tokyo University of Foreign Studies) "Turkey's Kurdish Question: Demands and Sensitivity"

    2. SATO Marie (Kyoto University) "Life of the Iraqi Refugees in Jordan: A Field Research Report"

    16:30-16:45 Closing Remarks

    →報告

  • 9月11日
     人間文化研究機構(NIHU)プログラム・イスラーム地域研究の早稲田大学拠点・東京大学拠点・京都大学拠点では、来る9月11日(日)、各拠点共催シンポジウム「10年目の9.11―国際社会とイスラーム世界はどう変わったか」を開催いたします。
     世界中を震撼させた1991年9月11日から10年。世界はアフガニスタン空爆、イラク戦争をはじめとして、各地で「反テロ」を旗印にする陣営が絡む戦争・紛争を経験し、多くの国や地域は未だに不安定な状況下に置かれています。「9.11」は国際社会とイスラーム世界に何をもたらし変えたのか、あるいは変えなかったのでしょうか。チュニジア、エジプトでの「民主化革命」が再び世界に衝撃をあたえている今、9.11事件以降の10年が何だったのかを改めて検証するにふさわしい時期を迎えたと言って過言ではありません。
     当シンポジウムでは、各地域を専門とする研究者の講演とともに、パネルディスカッションでの討論によって、国際社会とイスラーム世界の10年間、そして現在を考える場を提供いたします。
    みなさまのご参加をお待ちしております。
    なお事前連絡・登録の必要はなく、入場は無料です。

    早稲田大学拠点・東京大学拠点・京都大学拠点共催
    イスラーム地域研究公開シンポジウム
    「10年目の9.11―国際社会とイスラーム世界はどう変わったか」

    日時:2011年9月11日(日)14:00-17:35(開場13:30)
    場所:早稲田大学大隈記念講堂小講堂(定員300名)

    【プログラム】
    <基調講演>
    「危機と希望の新時代へ―イスラーム地域研究の立場から」
      小杉泰(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授)

    <講演>
    「変容するジハード主義」
    保坂修司(日本エネルギー経済研究所研究理事)

    「9.11がもたらしたもの―パキスタン社会における権力構造の変容」
    山根聡(大阪大学世界言語研究センター教授)

    「中央アジアの眺望」
    小松久男(東京大学大学院人文社会系研究科教授)

    <パネルディスカッション>
    司会:保坂修司(日本エネルギー経済研究所研究理事)

    パネリスト:私市正年(上智大学外国語学部教授)
    小松久男(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
    小杉泰(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科教授)
    山根聡(大阪大学世界言語研究センター教授)
    末近浩太(立命館大学国際関係学部准教授)

    →報告

  • 9月10-11日
     「スーフィー・聖者研究会*」は2011年度合宿研究会(2011年9月10日~11日上智軽井沢セミナーハウス)を開催しました。
    *KIAS/SIAS/科学研究費基盤研究(B)「近現代スーフィズム・聖者信仰複合の動態研究」(代表:赤堀雅幸)連携研究会

    [9月10日(土)]
    13:00-13:15 開会の挨拶・趣旨説明・自己紹介等
    13:15-15:15 研究発表1
    塩崎(久志本)裕子(上智大学)「現代マレーシアにおけるスーフィズム的知の学習―『自覚』と『感覚』を求めて」
    コメンテーター:東長靖(京都大学)
    15:30-16:20 文献発表1
    遠藤春香(京都大学)Carl W. Ernst, “What is Sufism?,” in Carl W. Ernst, The Shambhala Guide to Sufism, Boston & London: Shambhala, 1997, 1-31, 229-230.
    16:30-18:30 研究発表2
    丸山大介(京都大学)「スーダンにおける聖者・スーフィー概念にかんする一考察―『神の名を朗誦する者たちの辞典』に掲載された人々とその人物像を中心に」
    コメンテーター:新井和広(慶應義塾大学)
    19:30-20:30 研究打ち合わせ
    20:30-21:00 中国出張報告

    [9月11日(土)]
    8:40-9:30 文献発表2
    加藤瑞絵(国士舘大学)MORIMOTO Kazuo, “The Prophet’s Family as Source of Saintly Scholars: Al-Samhudi on ‘Ilm and Nasab.”
    9:40-11:40 研究発表3
    安田慎(京都大学)「シリア・シーア派参詣におけるイスラーム旅行会社―マーケティング・サービス・消費を巡って」
    コメンテーター:森本一夫(東京大学)
    11:40-12:00 閉会の挨拶、解散

    →報告

  • 7月28日
    KIASは、中部アフリカ研究会との共催で,名古屋大学からOusmanou Adama氏をお招きして下記研究会を行いました。
    ブラック・アフリカに浸透しつつあるイスラームについて,カメルーンの事例を報告していただきました。
    在来宗教とスーフィズム(イスラーム神秘主義)の関係など,アフリカ研究,イスラーム研究双方において大変興味深い内容になると思います。

    日時: 2011年7月28日 (木) 14:30-16:30
    場所: 稲盛財団記念館 3階 318号室

  • 7月24-25日
    KIASは、SIAS、科研基盤B「近現代スーフィズム・聖者信仰複合の動態的研究」(代表 上智大学 赤堀雅幸)と共催でJoint International Workshop on "From Elites to People: Cross-border Approach for Understanding Muslim Society"を開催しました。

    [Date and Venue]
    Date:24 and 25 July, 2011.
    Venue:Meeting Room (447) on 4th floor of Research Bldg. No.2, Yoshida Main Campus, Kyoto University

    [Language]
    English

    [Organizers]
    AKAHORI Masayuki (SIAS)
    TONAGA Yasushi (KIAS)
    TAKAHASHI Kei (SIAS)
    IMAMATSU Yasushi (KIAS)

    [Secretary-general]
    MARUYAMA Daisuke (Kyoto University)

    [Commentators]
    Hamit ER (Canakkale Onsekiz Mart University, Turkey) Michaela Pelican (University of Zurich, Switzerland) Nathan Badennoch (Kyoto University)

    [Program]
    First Day: 24 July

    13:00-13:10 Opening Remarks: Tonaga Yasushi (Kyoto University)

    First Session: Various Aspects of Islamic Thought
    13:10-13:40 Ishida Yuri (Kyoto University) The Concept of Soul (Nafs) in al-Hujwiri's Unveiling the Veiled (Kashfal-Mahjub)
    13:40-14:10 Endo Haruka (Kyoto University) The Theory of Sainthood according to 'Abd al-Wahhab ibn Ahmad al-Sha'rani
    14:10-14:40 Idiris Danismaz (Turkey Japan Cultural Dialog Society) Interpretation on Ibn Arabi's Thought in Contemporary Turkey: 'the Perfect Man' in Gulen's "Kalbin Zumrut Tepeleri (Emerald Hills of the Heart)"
    14:40-15:10 Futatsuyama Tatsuro (Kyoto University) The Livelihood and the Meaning of Olive in Southeast Tunisia

    Second Session: Travel, Visit and Pilgrimage in Muslim Society
    15:30-16:00 Yasuda Shin (Kyoto University) Islamic Travel Agencies and their Influences in Muslim Society: A Case of Syrian Shi'ite Religious Tourism
    16:00-16:30 Adam Acmed (Sophia University) Perceptions of the Pilgrimage to Mecca by Mindanaon Muslims: Oral History Accounts of the Hajj of Lanao del Sur Pilgrims from the 1960s-1980s
    16:30-17:00 Uchiyama Akiko (Kyoto University) New Aspects of Visit to Emamzadeh for Iranian Women of Nowadays

    Third Session: Beliefs and Activities of Tariqa 17:20-17:50 Maruyama Daisuke (Kyoto University) The Relationship between Sufism and Salafism in Contemporary Sudan: A Case Study of al-Tariqa al-Rukayniya
    17:50-18:20 Eloisa Concetti (Duhram University) The Early Background of the Mujaddidiyya in Xinjiang

    [Second Day: 25 July]
    Fourth Session: Narrating Nation and History
    9:00-9:50 Miyokawa Hiroko (Sophia University)“Egyptian Pharaonism and Its Impact on the National Integration of the Coptic Christians”
    9:50-10:20 Nakamura Haruka (Sophia University)“The narration of the colonial history in textbook: The Case of Algeria”

    Fifth Session: The Relationship between Islam and Other Religions
    10:30-11:00 Horiba Akiko (Sophia University)“Migration and Identity formation: The Muslim.Christian Conflict in Maluku, Indonesia”

    11:10-11:50 Comments and General Discussion
    11:50-12:00 Closing Remarks

    →報告

  • 7月23日
    KIASは、上智大学拠点文科省事業公募研究「イスラーム社会の世俗化と世俗主義」(SOIAS)共催で「SOIAS・KIAS共催ワークショップ―中道派概念の再考」を開催しました。
     本ワークショップでは、各国の事例の比較を通じて、「中道派」や「世俗派」、世俗主義」や「イスラーム主義」といった分析概念を再検討することをめざします。

    趣旨説明:粕谷元(日本大学)

    報告1:佐々木拓雄(久留米大学)
    「インドネシア政治における「イスラーム中道派」~ユドヨノ政権とアフマディヤ問題へのその対処~」(仮)
    報告2:横田貴之(日本大学)
    「ムスリム同胞団における中道概念の変遷」
    報告3:丸山大介(京都大学大学院)
    「現代スーダンにおけるスーフィズムとイスラーム主義-タリーカと政治との関わりを中心に-」

    コメンテーター: 山根聡(大阪大学)

    日時:2011年7月23日(土曜日)13:00-17:00
    会場:上智大学「市谷」キャンパス 入口右手 研究棟601会議室 *四谷ではございませんのでご注意ください。また、エレベーターは5階までとなっておりますので、その先6階へは階段をご利用ください。
    *JR中央線、東京メトロ有楽町線・南北線、都営地下鉄新宿線市ヶ谷駅 徒歩5分 または東京メトロ有楽町線麹町駅 徒歩5分)
    *会場の位置・経路の詳細につきましては、以下をご参照ください。
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_ichigaya

    →報告

  • 7月16日
    KIASは、イスラーム地域研究早稲田中心拠点研究グループ「イスラームの社会的実践とその理念」と共催で2011年度第1回連携研究会を開催しました。

    日時:2011年7月16日(土) 14:00~17:00
    場所:早稲田大学120-1号館2階201会議室

    発表:長岡慎介(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科准教授)
    「近代イスラーム経済学の展開とイスラーム法の現代的革新」

    コメンテーター:堀井聡江(桜美林大学准教授)

  • 7月8日
    KIASは、マレーシア・イスラーム科学大学のHajah Mustafa教授をお招きして、下記のとおり第1回「イスラーム経済とイスラーム法」研究会を開催しました。

    日時:7月8日(金)15:00~16:30
    会場:京都大学吉田キャンパス 総合研究2号館(旧工学部4号館)4階第1講義室(AA401)
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/tariqa_ws/access_map.pdf

    発表者:Hajah Mustafa(マレーシア・イスラーム科学大学教授、名古屋大学経済学部客員教授)
    発表タイトル:Harmonization of IFRS and AAOIFI Sandards for Sukuk

    →報告

  • 6月29日
    KIASはグローバル研究セミナーとして「中東政変の最前線の現場から」を開催しました。

    日時:6月29日(水)10:00~12:00
    会場:京都大学吉田キャンパス 総合研究2号館(旧工学部4号館)4階 談話室(AA437)
    http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/kias/contents/tariqa_ws/access_map.pdf

    講師:アントイン・アウン氏(MBCグループ・アルアラビーヤ衛星放送/報道部長兼編集委員)
    ナージー・アルハラーズィー氏(MBCグループ・アルアラビーヤ衛星放送/報道局シニア・レポーター)

    →報告

  • 6月5日
    「スーフィー・聖者研究会(KIAS/SIAS連携研究会)」は2011年度第1回研究会を開催しました。今回の研究会では、スーフィズムの優れた概説書の一つとして知られる Carl W. Ernst, Shambhala Guide to Sufism, Boston & London: Shambhala,1997 の中のから2章を取り上げて文献発表を行いました。

    日時:2011年6月5日(日)15:30~17:20
    場所:上智大学四谷キャンパス紀尾井ビル108号室
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya

    プログラム:
    15:30~16:20 文献発表1
    二ツ山達朗(京都大学)"Chapter 7: Sufi Music and Dance"

    16:30~15:20 文献発表2
    内山明子(京都大学)"Chapter 4: The Names of God, Meditation, and Mystical Experience"

    →報告

  • 3月1-2日
    「スーフィー・聖者研究会」(KIAS4/SIAS3連携研究会)は以下の研究会を開催しました。

    日時:2011年3月1日(火)13:00-, 3月2日(水)16:30-
    場所:京都大学 総合研究2号館4階東側 会議室(AA447号室)

    プログラム:

    2011年3月1日(火)
    13:15-13:30 開会の挨拶・趣旨説明・自己紹介等

    13:30-15:30 研究発表1
    苅谷康太(日本学術振興会(東京大学東洋文化研究所))
    「アラビア語著作から見る西アフリカ・イスラームの宗教的・知的連関網―アフマド・バンバに至る水脈を中心に」
    コメンテーター:赤堀雅幸(上智大学)

    16:00-18:00 研究発表2
    Marc Toutant(CETOBAC, CNRS-College de France-EHESS, Paris)
    “Materialist Ideology Facing a Great Sufi Poet: The Case of ‘Ali Shir Nawa’i in Soviet Uzbekistan”
    コメンテーター:矢島洋一(京都外国語大学)

    2011年3月2日(水)
    09:30-10:20 文献発表1
    茂木明石(上智大学)
    “Chapter 3: Saints and Sainthood.”
    (文献発表はCarl W. Ernst, Shambhala Guide to Sufism, Boston & London: Shambhala, 1997を使用)

    10:30-12:30 研究発表3
    澤井真(東北大学)
    「タバリーのタフスィールにおける生と死―クルアーン解釈の形成期における伝承(ハディース)の役割」
    コメンテーター:東長靖(京都大学)

    13:30-14:20 文献発表2
    栃堀木綿子(京都大学)
    “Chapter 8: Sufism in the Contemporary World.”

    14:30-15:20 文献発表3
    二宮文子(日本学術振興会(京都大学))
    “Chapter 5: The Sufi Orders: Mastery, Discipleship, and Initiation.”

    15:30-16:30 総合討論

  • 2月28日
    KIASは上智大学イスラーム研究センター(SIAS)と共催で国際ワークショップ"Aspects of Life and Beliefs ofPeople in the Islamic World"を行いました。

    日時:2月28日(月)9:30-19:00
    場所:上智大学四谷キャンパス2号館5階508号室
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya
    使用言語:英語

    [Program]
    09:30-09:50 Opening Remarks (AKAHORI Masayuki)

    09:50-11:40 Part 1 Sufism: Ideas and Practices (Chair: AKAHORI Masayuki)
    ・Idiris Danismaz (Kyoto Univ./Turkey Japan Cultural Dialog Society)
    "Sufism in Contemporary Turkey: Interpretation of Ibn Arabi's Thought in 'Kalbin Zumrut Tepeleri (Emerald Hills of the Heart)'"

    ・ISHIDA Yuri (Kyoto Univ.)
    "The Concept of Spirit (Ruh) in Hujwir's Unveilling the Veiled (Kashf al-Mahjub)"

    ・Eloisa Concetti (Durham Univ.)
    "Mujaddidi Branches among Hui People of Gansu, Qinghai and Ningxia: A Preliminary Account"

    12:40-13:40 Part 2 Saint Veneration: Past and Present (Chair: FUJII Chiaki)
    ・MOTEKI Akashi (Sophia Univ.)
    "The Genealogy (nasab) of Imam Shafi'i through the Analysis of Hagiographic Sources"

    ・UCHIYAMA Akiko (Kyoto Univ.)
    "The Actual Conditions of Women in Contemporary Iran: Through their Visit to 'Emamzadeh'"

    13:50-15:40 Part 3 Encounters with Different Faiths (Chair: TAKAHASHI Kei)
    ・TOBINAI Yuko (Sophia Univ.)

    "The Role of Christianity among Kuku in Khartoum: Function and Management of Communities"

    ・Reem Ahmad (Sophia Univ.)
    "The Problems That Muslims Face in Japan"

    ・TOCHIBORI Yuko (Kyoto Univ.)
    "The Discourses about al-Amir 'Abd al-Qadir al-Jaza'iri among French and English People"

    15:50-17:20 Part 4 Politics, Society, and People (Chair: ARAI Kazuhiro)
    ・SHIMIZU Masako (Sophia Univ.)
    "The Socio-Political Transformations of Contemporary Palestine and the Electoral Participation of Hamas: The Process of Change of Organizational Structure and Political Opportunities"

    ・OKADO Masaki (Sophia Univ.)
    "Mindful of their Origins while Residing in the City: The Experience of Migrants and their Descendants from Upper Egypt in Alexandria"

    ・AKIYAMA Fumika (Sophia Univ.)
    "Developing Tourism Industries for Formation of Tunisian National Image"

    17:40-18:00 Comment

    18:00-19:00 General Discussion

  • 2月26日
    「スーフィー・聖者研究会」(KIAS4/SIAS3連携研究会)は、上智大学アジア文化研究所との共催で以下の研究会を開催しました。

    日時:2011年2月26日(土)15:00~17:00
    場所:上智大学2号館6階 2-630a(アジア文化研究室・研究所会議室)
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya
    http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya

    発表者: Marc Toutant
    (Ph.D. candidate, CETOBAC, CNRS-College de France-EHESS, Paris)
    発表題目:
    Approaches to the Literary Imitation Process in Timurid Central Asia: 'Ali Shir Nawa'i's Khamsa and the Persian Tradition
    (ティムール朝期中央アジアにおける文学的模倣へのアプローチ―アリー・シール・ナヴァーイーのハムサとペルシア語文学伝統)

  • 2月12-13日
    KIASは京都大学G-COE「生存基盤持続型の発展を目指す地域研究拠点」イニシアティブ1、東京外国語大学文部科学省世界を対象としたニーズ対応型地域研究推進事業「中東とアジアを繋ぐ新たな地 域概念・共生関係の模索」と共催で国際ワークショップ"Science, Institutions and Identity in the Middle East and MuslimSocieties"を行いました。

    日時:2月12日(土)11:00-17:50、13日(日)10:00-18:00
    場所:東京外国語大学府中キャンパス研究講義棟4階401-3
    http://www.tufs.ac.jp/info/map-and-contact.html
    http://www.tufs.ac.jp/info/campusmap.html
    言語:英語

    February 12
    11:00 Opening Remarks: Prof Sakai (TUFS)

    11:10-12:40 Keynote Lecture
    Prof. Nabil al-Tikriti (University of Mary Washington)
    "The State of Middle East Studies in the American Academy"

    14:10-15:00
    INOUE Takatomo (Kyoto University)
    “Practical Activities for Islamization of Science: Cases of IIIT and Institute of Islam Hadhari”

    15:00-15:50
    KAWAMURA Ai (Kyoto University)
    “Civil Disputes in Islamic Finance: A Study on Double Legal Constraints between the Islamic and the Western”

    16:10-17:00
    Patrick Mason (TUFS)
    “Webs of Contention: A network-based analysis of the insurgency in Afghanistan"

    17:00-17:50
    HAGIHARA Jun (Kyoto University)
    “Development of Saudi political institutions and governmental structure”

    February 13
    10:00-10:50
    IMAI Shizuka (Kyoto University)
    "Jordanian Iraqi Trade in the 1980s: Reflection on Internal and ExternalFactors"

    10:50-11:40
    Muhammad Duhoki (TUFS)
    "The Kurdish ethno-nationalism and Identity in Turkey"

    11:40-12:30
    MASHINO, Ito (Keio University, Graduate School of Letters)
    “Nation-Building and the Development of Iraqi Identity under Monarchy”

    14:00-14:50
    KAWABATA Aruma (Kyoto University)
    "Islamic Law and Modern Methods of Slaughtering: A study of Halal Meat"

    14:50-15:40
    Muhammad HAKIMI (Kyoto University)
    "Farmers' Life in Malaysia and their Land Use Problems: Can Be an Islamic Solution?"

    16:00-16:50
    Ladislav Lesnikovski (TUFS)
    "The politics of Muslim identities in the Balkans"

    16:50-17:40
    Nicolas Ballesteros (TUFS)
    "The Roma minority:Analysis of the exclusion in the post-conflict Kosovo (1999 - 2009)"

    17:40-18:00 Closing Remarks (Prof. Yasushi Kosugi, Kyoto University)

  • 2月12日
    「スーフィー・聖者研究会」(KIAS4/SIAS3連携研究会)は、現代中東イスラーム世界・フィールド研究会との共催で以下の研究会を開催しました。

    日時:2月12日(土)13時30分~17時
    場所:京都大学吉田キャンパス総合研究2号館(旧工学部4号館)4階第一講義室(AA401号室)
    発表1:石田友梨(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
    「フジュウィーリー『隠されたるものの開示(Kashf al-Mahjub)』における実体(‘ayn)―人間の構成要素としての我欲(nafs)と精気(ruh)―」
    コメンテータ:二宮文子(日本学術振興会)

    発表2:高尾賢一郎(同志社大学大学院神学研究科)
    「西洋のスーフィズム認識に見る諸問題―宗教と近代を巡る言説の変遷を通して―」
    コメンテータ:仁子寿晴(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究科附属京都大学イスラーム地域研究センター)